Soliloquy in non-daily life

ただのひとりごとの、くりかえし

もう年末だったね2018

前回の反省が生かされることなくもう年末でした、お久しぶりです。
は、早すぎる…!となりつつこちらをバシバシやっております。
原因はいろいろあるんですが、てめぇの怠慢がもっともな理由なので年内最後の反省をさせてもらいます。
と、いいつつも今年の反省点として仕事を始めてから色々ブログ更新を怠ってしまったことや、体調管理が少し出来ず*1、そして人に限らず諸々の粗をすぐ見抜きすぎるという点だなぁと見えてきたのでよしとしましょう。

ということで年末のベスト発表いきましょう。
まずベストディスクはこちら、と言っても今年はそんな聞けていないのであれですが。

球体(CD+DVD)(スマプラ対応)

球体(CD+DVD)(スマプラ対応)

 

ということで、2018年度のベストディスクは三浦大知さんの球体でした。
もうどう考えても最初に聞いたインパクトはダントツでした。
主にゆっくりしたいときに聞いていたんですが、日本でもこういう風にできる人おるんや、となりつつ幼い頃から知ってる人がこうにもなるんだってなったという意味で今回選びました。
是非とも洋楽クラスタの人に聞いていただきたい、とてもR&Bです。
ちなみにご参考までにですが、次点はナンバガ以外のライブアルバム基本聞かない人がいいやん!となったライブアルバムをリリースしたPassCodeの「2016-2018 LIVE UNLIMITED」でした*2

そして他のベストなものですが、twitterにて#ふぁぼされた数だけ今年買ったり、使ってよかったものあげてくというハッシュタグにて貼らせてもらいます。

色々と挙げていきましたが、いずれもコストパフォーマンス通り、もしくはそれ以上というものを選んでみました。
個人的にどれも良かったので、来年も色々課金していきたいものです。
とりあえず来年確実に買うものとして、THREEの新作リップとオーダーメイド枕は確定かな。

そしてコンテンツ的な部門だったら返り咲いた案件ことダントツのゲームセンターCXです。
ふとしたきっかけで仕事をしているときに映像を流したら、過去シリーズ見直しまくっての今です。
スケジュールの関係で幕張いけなかったのは心残りですが、それでも日々の仕事BGM、もしくはスタンプラリーに行こうと思わせてくれたという意味ではすごい大きいコンテンツだったと思います。
今回ようやくスタンプラリーイベント参加できたんですが、あれは本当に楽しすぎでしたし、ファンの方やスタッフの方々との距離感も理想的だったし、続く限り応援したいなぁとなりました。久々に据え置きゲームやろうかしら。

ということでこの文章でもって、今年の仕事納めとします。
みなさま良いお年を〜!

*1:一週間前から10km歩くようにしたら改善されたのでわかりやすすぎて笑っています

*2:勧めるときはこれとZENITHでいいやとなりました