Soliloquy in non-daily life

ただのひとりごとの、くりかえし

最初で最後の夏がまさかの真夜中/20170819 HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER

てなわけで昨年全く行かなかった夏フェスに今年は行ってまいりましたしかも真夜中という全く夏を感じられない時間帯のやつ。
思えばHOSTESS関連今回が初めてじゃないの!と書いてて気づいたのですが、最初にオチを書いてしまうとこれが最初でむしろ良かった!となれるものでした今回のHOSTESS CLUB ALL-NIGHTER。
とりあえずフェス恒例のハイライトするようなネタが色々ありましたので前振りを経てからいつも通りのハイライト形式でお送りします。

まず当日ですが朝起きて夜飲む用のハイボールを作ってから二度寝、したけどこの日雨と雷凄すぎて結局思ってた時間より早く目が覚めてしまうといういきなり笑える事に。
当日雨が非常に酷かったのでそもそも行けるのかという懸念も生まれる始末だったのですが、無事に行ける天候になったのでそそくさと移動。
行きは時間が読みやすい京葉線にし*1、移動中にタイムテーブルの画像をiPadのロック画面に設定した瞬間テンション上がり相変わらず自分が単純な人間なのだと実感。
そして予定より一本早く乗れた関係でかなり早く幕張に到着、電車に向かう方の格好が明るいのに対して幕張に向かう方の服が全体的に黒いのが客層の違いを露骨に表していたような気がします*2
確か開場が22:30だったのでそれまで並んでいましたが、リストバンド先に交換していた組よりもリストバンド交換と入場同時組の方が早く入れました*3
まず会場入った第一印象は「わー人がいない!そのせいか涼しいどころか寒い!」だったので厚めの格好してきて正解だったなぁとなりつつ一杯目のアルコールを飲みつつ会場内をフラフラしつつ今回のチケット個別有料化したことでどれだけ人がいないかも確認。
ソニマニの時だと23:00段階で階段やテーブル・椅子に人結構いるんですが、それすらあまりいないのを見て、サマソニ恒例の移動時の混雑が一切発生せずトイレも並ぶことがないレベルの人の量と思っていた矢先にRIDEの単独があるという情報を得てタイムテーブル変更を検討しつつSONIC STAGEに移動。
というわけでここからはいつも通りハイライトでお送りいたします。

 

・まずはMATTHEW HERBERT(OP DJ)10分押しでスタート
・DJのスペースはサマソニで言うプレミアムチケットのあのエリアを使ってだったので有益なスペースの利用法!となりつつ柵に寄りかかってぽんやり見る
・良いビートの重ね方でなかなか響くなぁとなりつつふらっと後ろに移動
・さらにふらっと離脱してRAINBOW STAGEへ
・あれ、まだ開場してない、ってよく見たら列がフードエリアの半分くらいまで形成されてる
・おーこれはまだ入れないぞとなりSONIC STAGEに戻ったら更に良い感じの重いビートが
・聞きつつ刀剣乱舞をやるという暴挙をかます
・とか思ったら終わってしまったので再びRAINBOW STAGEへ
・列が動き始めたから入り、後ろで座りつつCIGARETTES AFTER SEX6分押しでスタート
・途中で小腹減ったのでRAINBOW STAGEの近くの屋台で海老ビーフンを購入
・名前通りの甘い感じのスローコアだなぁ
・あ、これこの時間にやっちゃいけないやつだ!周りを見たらやっぱり寝落ちてる人がいてそっと頷く*4
・そして後ろで座りながらフルセット聞いて聞き心地良くなったのでチェックせねば
・終わった後一気に人が出て行ってこんないないのサマソニで見たことなーいとなるくらいのガラガラに
・面倒臭いのでそのまま座りつつ持参したアルコールを飲む
・そしてトイレ行ったら予想通りのガラガラで超快適
・そうしてるうちにあっという間にRIDEの時間に
・新譜の一曲目が初っ端にきてブワッとなる
・え、フェス音響でこれって凄いな普通にと思ってたら音量あげてとサインしてるのを見て真顔
・これはやっぱりフェスではなくじっくり単独で見たいなぁ…!となり3曲目終わってすぐにSt. Vincentを見にSONIC STAGEへ移動
・SONIC STAGEへ向かったら思ってた以上にガラガラでわーとなりつつセットをチェック
・あれ、バックバンドのセットがないしお立ち台的なものの後ろにVJ用のでかいモニター…
・あれソロなの?となっていたら暗転。衣装がヒョウ柄のレオタードに黒タイツ、よく見たらベルトがCHANELだー
・MCで「コレハ、日本ノライブダケノ特別なショーデス」と言われその場にいた客大歓喜
・そしてライブが思ってたのと違うというか、エレクトロとか時々EDMとかそんな感じにアレンジされてて非常に新鮮
・アニー・クラークの造形が本当に整いすぎて真顔。あとあのスタイル見習いてぇ…私より年上とか嘘だろ…*5
・VJと曲が非常にリンクしてるけどCorneliusとは違うタイプだなぁとほんのり思いつつ見惚れる
・一旦終わってアンコール粘ったら新曲やってくれて*6有難い!
・見た後に「とんでもねぇもん見た…」とため息をつきまくる
・そしてMOGWAIどうかなぁと思ったらRAINBOW STAGEの側のフードコートの床が揺れている
・あ、これやばいと察しすぐに側にあったお店で鶏粥と酒を買ってSONIC STAGEへ避難
・そしてMATTHEW HERBERTを聞きつつ後ろでゆっくり鶏粥を食べてまったりゲームをする*7
・まったり聞けていいなぁと思ってたらいきなりHIPHOPかけてきた
・急いで混ざりたいーと思って焦って食べたら口の中火傷
・そしてそうしてるうちに終わってしまったのでそのままBEAK>を待つ
・あ、ジェフ・バーロウ出てきた日本にいらっしゃいませー!
・そう思っていたらめっちゃ笑顔で手を降っててジェフ・バーロウに可愛いという感想を抱く展開
・「あと5分くらい待ってて!」と言って引っ込んで10分くらい経ってから出てきたー
・この日二回目のあ、これこの時間にやっちゃいけないやつだ!周りを見たらやっぱり寝落ちてる人がいて察しつつもトリを見にRAINBOW STAGEへ。
・わ、わー皆屍だ…となりつつBlanck Massを待つ
・始まる直前に海外のお方が「人少ないよ!みんなもっと集まって!せっかくイギリスから来たんだから!」と言うのを前に行く人が増えてブワッ*8
・始まったらうわあぁぁぁとんでもねぇ音圧と思いつつイヤホンで耳をガード
・新譜の曲メインだったので早朝にインダストリアルな音で素晴らしい
・一人ゆらゆらと揺れているだけでも心地良い
・そしてあっという間に終了
・終わってしまった…と燃え尽きるかと思ったら爆睡したおかげでまだ元気だったけどするすると会場を後にする
・皆がフラフラと駅に向かう中一人ほいほいとポケモンGOをしつつ駅に向かい電車に乗る
・皆爆睡してる中一人まだまだ元気
・あっという間に家に帰宅、と思いきや鍵を持参してなかったので家族が起きるまでマクドナルド待機
・そして起きた一報入って帰宅してシャワーを浴びてさっさと就寝、お昼に起きて通常運行

という感じでした。
総括して言うと「HOSTESS CLUBさんまじ有料化にしてくれて有難う!」の一言に尽きます。
ガラガラすぎて心配になったけど、言い換えると有料化にしたことで例年より豪華になったし、本当に見たい人だけくる環境を作ったのは非常に良かったと思います。
おかげで快適でしたし、何よりも見たいアクトをこうゆっくり見れたのが夏のロックフェスとかで余りなかったので新鮮そのものでした。
また来年も有料化して豪華なアクトを呼んでいただきたいですし、今年の夏フェスこれだけでしたが十分すぎるレベルで満足です!
また来年も良かったら行きたいなーとなれた、そんな夏フェスでした。

*1:武蔵野線から行ける組ですが天候が天候だったのでこちらという都合

*2:黒いっていうか世捨て人が多いと書くべきか

*3:実際先に交換していた知り合いの方が後だったので参考までに記しておきました

*4:まだ始まったばかりなのにな…となりつつそうかMOGWAIに備えてるのか!と一人納得

*5:ある意味驚異の1982年生まれですわ

*6:やったのはこれでした

*7:刀剣乱舞のイベントとかぶってたから仕方なくです仕方なk

*8:ご本人がぼくです!と言っていたのでツイートがこちら