Soliloquy in non-daily life

ただのひとりごとの、くりかえし

あれ、いつの間にやら秋に

 

ということでいつぶり、と思ったら超前すぎてびっくりしました*1
こ、こんな経過していたの…そりゃ秋にもなるわ…。
というわけでお久しぶりです、色々とありましたが生きてます!
近況何書こうと思ってたんですが、とりあえずまず箇条書きするとこんな感じですかね。

  1. 4年ぶりの神ことDJ KRUSH氏を見にアートアクアリウムに行った
  2. そしその翌週にTHE JETZEJOHNSONで情報量多すぎるライブを見て何も言えなくなる
  3. 仕事の内容変わった&やっとiPhone7とおまけにiPad mini4をゲットした
ってくらいですかね、意外と項目多かったですね。
一つずつゆるっとJさんの二日間以外記していこうかと。
これですが、職場の社員さんで声優現場の方がいまして「新しい刺激が欲しいから連れてって!」と言われ二人で行ってまいりました。
KRUSH氏の音楽性的においおいマジかよとなってたんですが、実際連れて行ったところすごい嬉しそうに見ていたのですごいな…と感心しかしませんでした。
そしてこの日は前半は新譜、後半はいつも通りのセットで分かってらっしゃるとしかならない見事なものでした。
終わった後正直何も言えないけど充実感に満ちてたっていう凄い嬉しい感じになり、アルコール入ってたから余計社員さんともやばかったねという感想しか言えない始末でした*2
そして終えた後金魚を1年ぶりに愛でてたんですが、相変わらず可愛いけどどこかエロいなぁとも思いつつきゃっきゃしてから日本橋から秋葉原まで歩いて帰宅。
  • そしその翌週にTHE JETZEJOHNSONで情報量多すぎるライブを見て何も言えなくなる

そしてその一週間後に恵比寿までTHE JETZEJOHNSONのワンマン、「MILKMIX NITE EXTRA」に行ってきました。
この日はメジャーデビューアルバムに当たる「Discoveries」の曲をメインにやると発表もあり個人的にこのアルバムが一番大好きな身としては最高に嬉しいものでした。
で、実際はどうだったのかと言いますと、背景が全てLEDだったものですからVJが全面的に映し出されてていつも以上に迫力のある且つ情報量が尋常じゃなく多いライブになっており、一番後ろで見ていた身的にとんでもないものを見せられたなっていう心境でした。
全面になるとああにもなるのかっていう意味ではものすごいものを超低価格で見せてくれたのは勿体なさすぎるとも思ってもいました*3
実際どうだったのかは公式サイトから見れるようになってるになってるので是非とも見ていただきたいです。これは本当に凄かった。

  • 仕事の内容変わった&やっとiPhone7とおまけにiPad mini4をゲットした

で、その直後から仕事がまるっと変わっててんやわんやしてたら天気も微妙だわ仕事変わってげっそりしてたのか日々疲れ切ってましてジムに行けなかったり諸々出来ずでヒーヒー言ってましたがようやく慣れてきました。
異動先の部署はお菓子をくれる営業さんが多くてメタボ活動まっしぐらでは、となるので歩く距離やらもっと増やさないとなぁと内心誓ってます。
いや、正直有難いんだけどせっかく60kg切ったからなんとか対策をとらねば…となってたらiPhone7の入荷の知らせが来てすぐにヨドバシダッシュ。
予約開始初日一時間以内に予約した人間が約1ヶ月ジェットブラック待ちだったのでわーいわーいと笑顔で行ったところすぐに手続きに入れてラッキーでした*4
更に対応してくれた店員さんがプランを全部見直して更に安くしてくれたので結果としてiPhone7のジェットブラックとiPad mini 4のセットをゲット出来ました。
というわけで着々とApple製品に囲まれつつある生活になってるのでこれは極めた方がいいのかなともほんのり。

で、そんな日々を経てJさんのライブ2daysも無事行けたのと(後ほどレポ記事あげます)、旅の準備を着々と進める日々です。
この期間コスメをアホみたいに見直しまくり、クレンジングと洗顔はIPSA、朝は朝用シートマスクことサボリーノのみ、夜はoltanaの化粧液、LuLuLunのシートマスク、THREEの乳液、NIVEA缶としたら安上がりな上にとんでもなく軽く済む仕様になったし、しかもシャンプーとかヘアケアも丁度テスターでいただいてたのがあるのでそれ持ってけば十分なので今回結構そのおかげでお金もちょっといつもよりすっ飛んでますが、見直して本当に正解だったように思えます。
iPhone7とiPad mini4の時にも思いましたが、初期投資は何事も金かかるし大事なんだなっていうのを先日のlynch.無料ライブ豊洲公演で玲央氏が言っていた言葉をこんな形で実感するというよく分からない流れにもなっていたり。

いやーしかし約半年ぶりの京都、今回は宇治をメインに市内は自転車で回るので楽しみすぎます。
宿も今回初めてちゃんとしたところに泊まるのでどうなることやら。
とりあえず秋の京都の混み具合を何としてでも避けねばとなる今日この頃です。

 

そしてまぁとうとうきたあの件についてはちょっと追記に。

 

 BOOM BOOM SATELLITESの川島氏の訃報、正直前もって早くこうなるのは分かってはいたので割と冷静に受け止めれています。
とはいて年内はもつのかなってどこか思ってもいたのでやっぱり気温差が堪えたんだなぁとなりました。
そして訃報と聞いてまず思ったのはバンドって本当に奇跡の塊なのだということと、あんな状態だったにもかかわらず最後まで楽しませてくれたっていうのは凄いことだったんだなと。
メンバーの訃報で解散っていうのを多く見てきたので、ちゃんとCDやライブといった形で終わらせてから迎えた方のが気持ち的にまだ楽なんだなっていう余り考えたくないことの結論が出てしまってるのも事実ですが、結局その辺は己のエゴでしかないんだなぁとも。
ただ絶対言えることは14〜5年こう楽しませてくれて本当に有難うという感謝ですし、そのお礼を直接言えるお別れ会があるのは有難いの一言です。
赤髪の某氏の時行けなかったのは未だ引きずっておりますが、Pay money To my PainのK氏の時みたいに白い花片手に行けた時は気持ちの整理も兼ねていけて良かったと未だに思えるので。

あ、あと中野さんの最後のコメントは最後の一文があの時のあれかー!となったのは内緒の話としときます。
あの場に直接いた人間だから分かる言葉を選んだのは彼らしいなぁと思いました。

*1:まさかの台風ライブ以来ですよ

*2:神よー神よーと久々に連呼した気がする

*3:正直4000〜5000円でも全然良いレベルだし、他のバンドもこれくらい凝ってくれともなりましたよね

*4:前回の6が3時間くらい待ったのでビビってました