読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Soliloquy in non-daily life

ただのひとりごとの、くりかえし

大盤振る舞いという名の計算された宣伝/20160920 lynch. MAJOR DEBUT 5TH ANNIVERSARY「THE RECKLESS MANEUVER」 TOYOSU PIT

というわけで5月の#2ツアー以来のlynch.のライブは完全無料東名阪のファイナルである豊洲PITという割とスパンが、というか敢えて開けておいた一本でした。
というのも大体いつも春ツアー終わってからは他ジャンルのライブが多くなるのに加え、いつもなら夏フェスに行く身なので開ける癖がついてた故開けておくのですが、しかし今年の場合は夏フェスに行かなかった*1のと、ツアー後に活動終了だったり割と引きずるレベルの訃報からの素晴らしすぎるライブ*2があったりだったので、結果として開けて正解だったっていうくらいには色々と経て、いうくだりです。
なのでそういう諸々を経ての今回だったので、正直期待も何もせずただ行くかーっていう感じになっておりました。
でもこれが一番素直に楽しめる且つ聞ける状況なので結果として良かったんですけどね。
で、肝心なライブの概要ですがタイトルの通り、「メジャーデビューして5周年だし、東名阪最大キャパで無料ライブやりますよ!」っていう大盤振る舞いなものでして、リピーターはともかく興味ある新規の皆様が行けるようにっていうのを考えて開催されたものでして。
個人的に「リピーターのやることは、初見である他ジャンル(ここポイント)*3の友人を連れてくること」とすぐ答えが見えたので、他ジャンルの知り合いに皆声かけてからの優先チケットを得る、という流れでした。
アルバム2枚買ったうちの一枚は本来行く予定だったお姉さんにプレゼントしようと思ってたのですが、むしろ買うよ!といってくれたのが涙ものでした。

そして肝心な当日なのですが、見事なまでの台風が御来日されていたので荒天にテンションが上がる仕様の私*4にとっては実は嬉しいものでした。
なのでこの日はLUNA SEAの黒服限定GIGのタオル以外はほぼフジロック仕様の格好で出発。
そしてこの日は最初に誘った同行者の皆様が行けなかったので、急遽どの界隈にもライブ行っている某Mさんをお誘いし、余ったのはお譲りしようという流れになりました。
いつも一緒に行っている友人とそのお連れ様と合流して此方でご飯をもごもご。

mangotree.jp


いやーmango tree cafeはほぼほぼ間違いないです。
私はその前に食べたお昼がきてたのでお酒と軽いおつまみのみでしたが、それでも十分でした。
そして雨がいよいよひどくなってきたので、大人の財力ことタクシーで豊洲から会場まで移動、チケットをお譲りする(勿論無料ですよ)際に凄い奇跡的なことがありました。
一般列の方で待ち合わせていたところ、見知らぬお兄さんが「チケット探してる?良ければこれで入って!」と恐らくご自分の分のチケットを譲ってくださいまして…。
格好が格好だったので恐らく一般で並ぶ一般人と思われていたのかと申し訳ない気持ちになり、「今回のチケット持ってるんですよ」といったら「その番号早いから、先に入りな!」といって下さったのが本当に凄い気遣いを頂いてしまったなぁと思ってます。
この場で御礼申し上げます、というよりむしろちゃんと御礼を言わせていただきたいです(見てたら是非ともご一報ください)。
そして本来の自分のチケットは会場で買われて優先チケットを得た方とたまたま話してた時にその方へ差し上げました。
こんな雨の日ですし、少しでも早く入って欲しかったので。
そんなドラマを経てからの会場入りをしまして、会場内BGMをいつものように確認。
とりあえず確認できたのは此方、今回は少なめです。

www.shazam.com

会場大きいと確認出来ないなぁとなりつつもなんとか出来たのがよりにもよって見事なまでに私が最近聴いてたり買ったのと丸かぶりという爆笑するしかないです。
ちょうどそのくらいの時に友人たちと合流出来たので、その時に悠介氏には是非とも機会あればdownyのライブ見に行って欲しいなー*5と皆で話しつつも毎回リアルタイムで聴いている且つある程度テーマを設けつつ作っているのかなぁと改めて思えました。
しかし本当に幅が広い、良いことです本当に。
今回3柵目の下手側にいたのですが、待っている間に4柵目のところが解放されているのをこの時点で目撃したので「こんな天気にもかかわらず、思ってるより人が増えているんだな」となり、内心嬉しく思っていました。
そうしてるうちにニコ生の中継が入っている関係上、オンタイムで開始、暗転。

さて、本編なのですが1曲目はやはり「LAST NITE」がきました。
だいたい三日間あるライブの最終日はこれが最初というのが鉄板になりつつあるのかなぁとなりました*6
その後はライブ鉄板曲、新譜3曲、リピーター・三箇所全部行っている人向けへのレア曲といった感じの構成で見事に大阪、名古屋公演とは異なる構成。
ちなみにレア曲はまさかの「Stuck Pain」で、正直予想外でした。
こういう機会で絶対やらなそうな曲だろうと思っていただけに「マジ!?」って友人と言っちゃってました*7
この曲もだけど、この日は明徳氏のベースソロが映える曲が多かったように思えました。
「GREED」や「F.A.K.E.」のベースソロは見せ所でもあるし、こういう生中継が入ってる場だからこそ入れたのかなと。
ちなみに見事なまでにソロ部分はノーミスでした。
あと凄い久々に聴いたなぁと思ったのは個人的にホールツアー以来の「an illusion」で、これかなり久々にやったのでは?となるくらいここ最近では聞いてなかったように思えます。
やはりやると締まるなぁというのがよく分かりましたし、大きい会場だからこそ映える曲なのだなぁと。
あとああいうフレーズを弾いている時の悠介氏の手元を見るのが非常に楽しいです。
確実にかつて聞いていたり見ていたバンドのせいなのですが、ああいう見せ方と聴かせ方を出来るギタリストの手の動きってホントそれぞれ違うので面白いんですよね。
柔らかい人もいれば硬いのにどうしてああ弾けるの、となる人もいるので*8
そしてミディアムチューンが続いた後の所謂ブレイクダウン明けは「AMBIVALENT IDEAL」が。
lynch.のセトリでよくあるミディアムチューンを交えたブレイクダウンから明ける時の曲は割と選べる曲が多いのも彼らの持ち味なのですが、聞いていて一番初心者向けだなぁと思ったのはシングルにもなっている上に結構な確率でライブ映像でどういうものかを調べやすい「AMBIVALENT IDEAL」と思っていたので、それが見事に大当たりしてやっぱりなぁと。
そして本編最後が昨年ツアーでのラスト曲だった「MOON」だったのですが、正直「Lightning」をやるかと思ってたのでこちらも驚き。
新譜からは「F.A.K.E.」、「UMELMA」、「THE OUTRAGE SEXUALTY」の3曲だったのですが、個人的に直近のツアーであるlsvツアーで披露していたという「THE OUTRAGE SEXUALTY」が一番安定していた、というより様々なジャンルのファン向けだなぁというのがよく分かりました。
正直一番聴いていて一番はしゃげた気がします。
「F.A.K.E.」、「UMELMA」は安定してるようでまだ微妙におや?と思える箇所があったので来月のツアーが楽しみです。

そしてアンコールは晁直氏が「BEAST」の同期を本編で一度退場する前に流してしまったのでネタバレになっちゃったかな、と思ったら「NEW PSYCHO PARALYZE」でした。
その後は「unknown lost a beauty」、「discord number」の後にMCだったのですが、今回の開催までのいきさつなどなどお話ししておりました。
ちなみにニコ生が19000人いたとのことでおおー!ともなりつつ、この中に天候のせいで来れなかった人もいるんだなぁと思うとニコ生あっても良かったのかな、ともなりました。
個人的にライブDVDに映って死にたくなった過去があるので*9あまり中継って、と思っていたので。
あと話す内容的に玲央氏は本当に取締役だなぁとなるような言い回しでちょっと見習いたいなぁとも思ったのは内緒の話。
その後ある意味昨年一番披露された「EVOKE」と続いたのですが、新譜の曲を聴いた後だともう古いんだな、となってしまっていました。
そしてアンコール一回で終わると思っていたのですが、アンコールしていたら出てきてくださったのが本当に有難かったです。
そのWアンコールで葉月氏のMCからこれかな、と思ってたら予想通りの「TIAMAT」披露によっていつも通りの終わり方になったのが面白かったです。
このWアンコールは本当にライブに来てくれた人のみだったらしく、来れて良かったってここで初めて思いました。

それからライブがグッズを購入した後、外に出たら見事なまでに雨が弱まっていたので、フジロック的テンションで傘をささずにきゃっきゃと駅まで歩いた後、そのまま電車で帰宅。
やはり荒天のライブは良いものなのだなぁとなれましたし、何よりも今回友人と連れてきた初めて見た友人たちが皆良かったと言ってくれたのが嬉しかったです。
そういう意味でもタイトル通りの事になったんだろうなぁ、となれたそんな1本でした。

*1:新宿三井ビルのど自慢大会を入れると行ったのに入るのか?と

*2:そのライブについては此方

*3:下手に同類連れてくるより遥かにちゃんと見てくれるし楽しんでくれると思ったので。

*4:そもそも恐らく世界一荒天のライブをかましてきたであろうnine inch nailsのファンです

*5:あの底に落とされるのに色々なものが見えてくる世界観が好物だと思う、てか絶対そうだわ…

*6:春ツアーでいう名古屋公演もそうでしたしね

*7:直近のライブでいうと3月の名古屋公演だったかな

*8:悠介氏は前者です

*9:しかもその時地上波デビューも果たしているのでもうね…