読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Soliloquy in non-daily life

ただのひとりごとの、くりかえし

タイトル通りすぎることってあるんですね/20160904 LETHE presents [Mourning Eucalyptus]

live review travel

というわけでうっかりちょこっとだけフェスっ子になった後は知り合いのバンドことLETHEの"一旦"活動休止に当たる企画ライブを見に名古屋までホイホイ行ってまいりました。
多分事情的にそういうことなのかなぁと思いつつも朝のバスが5時起きとわかって真顔にもなる前日を迎えておりました*1

そして当日は無事起きれた末にバスでのんびり5時間の順調すぎる旅の末、名古屋駅からこちらのカフェまで一旦歩いて昼食を。

www.hotpepper.jp

以前から伏見エリア歩いてる時に気になってたんですが東海メインのチェーン店なんですね、東京だと新宿と町田にあるようです。
そしてこの納屋橋店は橋のほとりにあるのでポケモンGOのポケステ集中エリア*2になっており、もう取り放題や…となりつつ香味唐揚げプレートを注文。
最近パスタよりこういうプレートものの方を選んでしまうようになったのはきっと筋トレし始めたせいだろうなっていうのがバレバレですがまぁそれは。
ちなみに唐揚げはサクッとしてましたし、スープも関東にはあまりない感じのものだったので食が進みました。
そしてアイスジャスミンティーをいただいてから矢場町までさらに徒歩で移動。
毎度恒例の FILE-UNDERの方にご挨拶がてら(月曜に行くと言ってたのに急に来ちゃってごめんなさい店長!)、委託を頼んでいるものをお渡ししつつ雑談。
本当に毎度ありがたいものです、そして優氏のやっているFloraのCDを購入し、名古屋でもそのうちあれこれという話をして2ヶ月後にまた行きますと伝えてお店を出た後ホテルにチェックイン。
毎度恒例の栄某所のホテルでのんびりしつつちょっとだけ仮眠…と思ってたら気づいたら18時半っていう前と同じパターンになっててずっこける羽目に。
いそいそと彼らの主催ライブをやっている今池3starまで移動してこそこそ会場入り*3

というわけでこういう流れだったのもあり観れたバンドはLETHE含む3つで、見たバンドはheliostropeとVISCO、LETHEでした。

  • heliostrope

heliostropeは名古屋のバンドで、以前の企画でLETHEのkanoe氏・文昭氏にすげー見て欲しかった!と言われたので何としてでも見たかったバンドの1つでした。
いやー確かにenvyのフォロワーのようなサウンドなのですが、ちゃんと世界観が別物でできているので見ていて凄い良かったです。
envyはポストロック+エモーショナルハードコアっていうイメージに対して、Heliostropeはポストロック+ポストハードコアっていう伝わってくれニュアンスと言いたくなるそんな違いかなぁと。
あとこのジャンルで一番必要なものと思える爆音なのに耳に優しく安定しているっていうのがちゃんと出来ていたのも個人的には推したいところです。
個人的にCD欲しかったのですが、買いそびれてしまったのが非常に後悔ものです。

  • VISCO

VISCOはサウンド的にも好みだったのもあるけど、個人的には久々にかっこいい女子ベーシストに巡り会えたなぁとなれました。
というのも、ベースのお方がちっちゃいのに5弦ベースでしかもゴリッゴリに弾き倒しながら歌う姿がどこかMASS OF THE FERMENTING DREGSの宮本菜津子氏*4を思い出しました。
しかし音源出してないのがわりと信じられないレベルでお三方本当に上手くて素晴らしかったです。
てかドラム、ドラム!となる身なのだけどリズム隊!リズム隊!ってなったの今年でいうsmorgas以来かもしれません。
男女混合リズム隊は本当に素晴らしいところが多いなぁと改めて思えたそんなライブでした。

  • LETHE

で、主催のLETHEはメンバーと昨年知り合って以来歴代4回見ているのですが、本当に毎回まいかい見た後心身ともに疲れて言葉にならないライブをするんですが、今回が特にそうなりました。
”一旦”活動休止というのもありいつも尋常じゃないメンバー全員の気迫が歴代で一番尋常じゃなく、一曲目からあっという間に世界に引きずり込まれていくいつも通りの流れに。
kanoe氏のボーカルもキレッキレだったのですが、今回文昭氏のシャウトもしっかりと聞こえていました。
今だから言える流れですが、いつぞや文昭氏のシャウトの音が聞こえない?となっていたことも正直あったのですが、今回は聞こえるべきところで聞こえてたのでやっとしっかり聞けたなぁと。
リズム隊も音が安定というか、Shi-T氏と光氏のバランスがこれは!となる丁度良いものになってまして。
前回はShi-T氏のベースの大きさが際立っていて少し光氏のドラムの音がとなっていたのですが、それも見事に改善されていました。
見ていた位置が多分歴代で一番ステージ近いのに加えて下手スピーカーの前*5の方にいたのですが、heliostropeの時以上に爆音なのに耳に優しい仕様に思えました。
これらがあって今回特にサウンドバランスは歴代で一番良かった気がします。
しかし既存曲のアレンジが前回からガラッと変えてきてるので、今回のライブでも流れが良くて何度「ああ、この曲か!」とハッとなるのも楽しいものです。
その辺のアレンジの変え方は今年活動休止になってしまったBOOM BOOM SATELLITESを彷彿とさせます。
そして次でラストですと言われた時「嘘、もう最後?」となるくらいあっという間に思えるくらいのライブの濃さが相変わらず見事だったし、キョトンとしてしまってました。


そしてアンコールで新曲を披露して終了だったのですが、こう絶対復活するんだろうなぁと思える終わり方をしてくれるのも、見てくれているお客さんに対しての期待を抱かせてくれるのも有難いものです*6
そういう意味でも今回のライブもまた以前より良かった、とすっぱりと言えるものだったんじゃないかなぁと。
ライブを終えた後メンバーと話せたんですが、やっぱりメンバー皆終えた後出し切ったといいつつまだまだと言っている姿を見て底知れなさを改めて見れて見習わないとなぁ*7
また復活お待ちしてます!となりつつ、kanoe氏にとあることをやらせてくれと言えたので良かったです。

そして終えた後にこちらのBARにそそくさと移動して一人打ち上がっておりました。

tabelog.com

此方のBAR、以前同じホテルに泊まった時から比較的近くにあってずっと気になっていたのでやっと行けました。
テーブルチャージ1000円とは思えないクオリティの高いカクテルを出してくれて凄い美味しかった!
ドライいちじくと砂肝のコンフィを摘みつつラムベースのもの2杯とキールを頂きました。
特に砂肝のコンフィが本当に美味しいので絶対オーダーマストです。
そしてほろ酔いでホテル帰ってから諸々終えてすぐに爆睡、ホテルチェックインギリギリからのスタバでダカダカこれを書いている今です。

普段ライブ終えた後冷静に感想書くために一週間はスパン空けていたんですが、MacBook Air導入してからすぐ書ける環境なのが本当に良かったなぁとなれるくらい良い企画だったと思います。
活動休止と言われると凄いマイナスになってしまう昨今ですが、今回は本当に次が楽しみ!となれるそんなライブでした。
また楽しみにしてます。

*1:もっとあとでも良かったんだけど、一番都合いいのがこの時間だったもので…

*2:都民の23区東部方面分かってる人にしか通じない例えで言うと秋葉原のスタバ駅前店的なポジションかよ…状態

*3:ただし一瞬でバレました

*4:あの人身長恐らくでかいんだけどね。あとこの世で一番バッカスが似合うかっこいい女子ベーシストは彼女と思ってます。

*5:わからない人向けに言うと吉本新喜劇でチンピラが入ってくる方です

*6:どう終わるかでその辺凄い露骨に分かっちゃうんですよ長年見てると

*7:kanoe氏の「レコ発やるまで死ねない」と言ってたのが凄い印象的でした。