読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Soliloquy in non-daily life

ただのひとりごとの、くりかえし

熱量とバランスと支える力と/20160327 lynch. TOUR'16「DARK DARKER DARKNESS」#2 -My name is evil- NAGOYA CLUB QUATTRO(SHADOWS ONLY VOL.9)

live review

というわけで行ってきました。
当日は高速バスで移動してたのですが、いつもと違うバスだった上にバス停に各駅停車だったのでいつもより若干時間がかかりました*1
しかし足柄だかどっかのSAでエヴァンゲリオンコラボしてたのに気付けたので良かったです。アレいつの間になってたんすか。
そしてお昼には十分丁度良い時間に着いたのでそそくさとロッカーを、と思ったら栄と矢場町の駅ロッカーほぼ全滅だったので。とりあえず所用を済ませに毎度恒例、名古屋に行ったらほぼ行っているFILE-UNDERへ。
とある別件でのご挨拶もさせて頂きつつのCD購入、という毎度恒例の流れをそそくさと済ませ(その点はすいませんでした店長さん)、その後昼食を食べるためにPARCOに戻り、念願の此方のお店へ行きました。

tabelog.com

そう、此処凄い行きたかったんです!
お一人様でも行ける上に何よりもこってりなメニューが多い名古屋ご飯とは異なるヘルシーなメニュー多くて嬉しいものです。
今回はランチメニューのお野菜のスープとボロネーゼ、そしてコールドプレスジュースを頂きました*2
お店の雰囲気も勿論だけど、やっぱりどこか違う美味しさがあって一人感動してました。
ちなみにお値段はオーガニックカフェあるあるのちょっとお高めなものでしたが、この3点でも十分お腹いっぱいになりましたし、何よりも店員さんも凄い良かったので機会あれば是非とも行って頂きたいです。
ご飯食べてげふーとなった足でお約束のものを渡しに会場前にフラッと行きまして、色々とお話してました。
東京行ったお知り合いのお方と大阪行ったお知り合いの方で色々と話したのですが、とりあえずお互い「そっち行きたかったです」と行ってたのが爆笑ものでした。
そしてお互いロッカーに荷物を入れに別れたのですが、今回入れた場所が意外と穴場だった*3のでそこにホイホイ入れてから呼ばれるであろう時間にフラフラ向かいました。
今回真ん中の番号だったのでホイホイ入ってそそくさと上手の端の方に。
BGMは大阪のときと一緒だったので割愛しますが、後半ジャジーな感じなのもあったんだなぁと。
そして近くにいらっしゃったお方がSCHAFTかかってた時に凄い話されていてとても話しかけたい…となりつつ待っていたら暗転。

というわけでライブの感想ですが、まず1曲目がやっぱりな「LAST NITE」だったのですが、そこは読めたのだけど、その後にきたのが「EXODUS」、「NIGHT」とイベント等で高確率で一曲目に持ってくるもの連発でそうくるのかと。
ここで悠介氏のギターの音小さかった?となったけど最初のMCのときに原田氏に何か伝えている姿を見たのでトラブルがあったんだなぁとなりました。
そして「liberation chord」からの流れが「rew」、「ecdysis」、「stuck pain」と非常に濃すぎるものだったのですがのと、この3曲の時に思ったのが明徳氏のベースが改めて上手いわ…となりました。
「stuck pain」の時が特に原曲のままなのに、やっぱりプレイスタイルによって変わってくんだなぁというのが良く分かり、全然違うように聞こえたのでそこが面白かったです*4
そして「I DON'T KNOW WHERE I AM」が終わり、玲央氏がギターで軽くメジャーコードを弾いてたのでどれだ?となってたらまさかの「A FLARE」が来ると言うこの日一番「やられた!」と思わざるを得なかったです。
此処に関しては本当に読めなくて動揺しかしなかったし、凛として時雨のライブ以来の感覚が大阪に続きまた味わえたのが本当に嬉しかった*5
あとこの後「AMBIVALENT IDEAL」、「-273.15℃」ときて、その後に2014年の秋ツアー以来(でいいんでしたっけ)の「HIDDEN」、からの「EXPERIENCE」の時にちょっとした出来事が。
「HIDDEN」のアウトロからそのまま「EXPERIENCE」に入る流れだったようなのですが*6、晁直氏がミスしてしまいそのまま曲に持っていけなかった事に葉月氏が怒ってマイクを投げてしまったんですね*7
これは中断はおろか退場しちゃうかな、と思ったんですがすかさず玲央氏がすぐに葉月氏の元に寄り、「大丈夫だから」みたいなお声がけをして、葉月氏が冷静さを取り戻しMCをしてから再び「HIDDEN」から、という事がありました。
そして更にその後「unknown lost a beauty」、「ANIMA」とはさんだ後に「JUDGEMENT」ときたのですが、ギターソロ最初音が違う?と思ってたら悠介氏がエフェクター踏み忘れてたようで原田氏がエフェクターをすかさず踏んで事無きを得ていたのですが、れにいらっとしてしまった悠介氏を宥めに玲央氏が向かい合って弾き、悠介氏が照れ笑いしてからの頭をポンッとしてるなんてここともあったんですね。
これらの事を見て玲央氏のステージでミスして(もしくはさへて)いらついたりメンタルズタボロになったメンバーを立て直させる姿勢が、最年長・リーダーだからこその役割を果たしてるなぁというのが良く分かって「バランスがしっかりとれているなぁ」となれたのでした。
「ライブにおけるトラブルの元は極力無くしたい」という玲央氏の発言と実行力があるからこそこう出来るのかもな、とも思えますが。
そしてこのそんな出来事とライブのセットリスト構成があってからの本編最後がラティンメリアなのが余計びっくりしました。
普段のlynch.って盛り上げて終わる事が多かったのですが、こうもしっとり終わるのもしっくりきちゃってたのでおお…と思わずなってもいたり。

そしてアンコールでの発表はTDCH公演+メジャー以降のMV集をブルーレイリリース決定の発表*8があったのですが、メジャー以降なのは明徳氏がいてこそ今のlynch.、という、玲央氏の意見通したからのことだったのですが、その言葉を言われた時の明徳氏が泣きそうになってた(というか泣き笑いか)のが凄い印象強かったです。
やはりインディーズの時に「自分がいないという壁、もしくはコンプレックス」が無意識にあったんだなぁというのがどこか分かる、そんなくだりでした。
あと今回のこの流れと大阪公演でのMCを経て書いとこうかなぁとなったのが、明徳氏の好きな曲の傾向がファンとして好きだった曲の比率がやはり高いんだなぁという事です。
作った側としての好きな曲は「MIRRORS」とか「TOMORROW」とかなのかなぁという気がするんですが、「liberation chord」とか「SHADOWZ」はファンとして好きなんだなぁと。
「liberation chord」は実際プロデュースdayの際歌ったってのもあるので歌いやすいからってのもあるかもしれないけど、「SHADOWZ」に関しては大阪のMCの事を思うと完全にファンとしてなんだろうなぁ、と想定も出来るなと。

そしてそんな事をほえほえ思いつつアンコールだったのですが、晁直氏チョイスによるもので見事なまでのライブ鉄板曲だったんだけど、この日のお客さんの勢いというか声がこんな聞こえたの初めてかもってくらい気迫あるものでした。
その後Wアンコールを終え、晁直氏のペットボトルが丁度飛んできたのに取れなかったっていうのを同じクアトロでまたなるのかーとなってもいました*9
そしてラストの一曲が終わり、先程熱く語ってたお方にも挨拶を経てからのダッシュで新幹線に乗りそそくさと帰宅。
そして次は新木場なのでスパンが空いちゃうのですが、その間に違うライブにホイホイ行く予定なのでまた新鮮な気持ちで本ツアー見れるから楽しみです。

というわけで一旦ファンクラブ限定ライブ東名阪終えたので色々と追記に考察書いておきました。

 

今回3日間全部セトリを変えると言う口約通り見事なまでに違っていたのですが、セトリ傾向見てると比率としてはまずこういう感じでした。

 

東京ー昔の曲もあるけれどライブ鉄板とメジャー後の曲の割合が多い印象

大阪ー「THE AVOIDED SUN」、「SHADOWS」メインの難易度高い曲多め

名古屋ーインディーズ・メジャー割合云々よりもそもそも通常のツアーではほぼやらないようなマニアック仕様。

という個人的に何かどっか似てるものが…となってたのですが、2014年のnine inch nailsの来日公演3日間とほぼ同じ傾向になっているのに気付きました。
これ、狙って作ったのかなと思ったんですが、多分偶然とか葉月氏言いそうなんですよね。
ただ、葉月氏トレント・レズナー氏大好きなんだよなっていうのがあるのでそうともなりにくいのも事実なのでこの辺どうなのかお答え聞きたいものです。
あと本当はExcelとかあったらどのアルバムからどの曲、何曲、何回やったかとかそういう統計も取ってみたかったのですが、いかんせん自分のPCがMacで買う時に入れてなかったのでその辺出来ないのがちょっと残念なんですけどね。

ただ、このファンクラブ限定三日間行って一つのセトリに、というような楽しみ方もあれば、私のように二日間、もしくは一日でも十分に楽しめる仕様に作り込んでいるのを思うと、本当にファン思いなんだなぁと改めてなれました。
またこういう感じにファンクラブ限定公演やってほしいですし、是非とも本ツアーだけでなくファンクラブ限定公演も見てほしいなぁ、と笑顔で薦めたいなぁと。

*1:JRではなく委託のだったのですが、それでも十分でした

*2:あとパンも付いてきました

*3:今回此方(http://www.lachic.jp/)の地下一階にあるロッカーに入れました。全部で20個、最初3時間で100円でその後1時間毎に100円加算されるっていうロッカーなので、時間を狙えば100円で済みます。

*4:同じような事が2月のプロデュースdayの玲央氏の日にも思ってたんですけど、それとはまた違う感じでした

*5:これぞ「こういうのを待ってたんです!!!」っていうやつです

*6:AXのDVD持ってる人向けに説明すると「Adore」から「TIAMAT」に入るような感じにやろうとしてたみたいです

*7:そのせいでマイクが曲がっちゃった事をアンコールの時に葉月氏が言ってて、PA青木氏に怒られる未来が見えました

*8:個人的にMacで作業しながら見るクチなので一瞬びm(ryゲフンゲフンとなってもいたなんて言えない

*9:2年前の渋谷のクアトロで違うバンドの時に同じような事してたんですよ