Soliloquy in non-daily life

ただのひとりごとの、くりかえし

最初で最後がね/lynch. 渋谷公会堂 5/8

8日はlynch.のホールツアー、渋谷公会堂に行っておりました。
タイトルの意味は?と思われた方も大分いらっしゃると思うのでここで解説しますが、私渋谷公会堂がこのライブで初めてだったのです。
今までなーぜかやるバンドがいなかったんですよね、不思議なくらいAXかクアトロ、もしくは代々木第一体育館っていう感じだったんですよ*1
そしてそんなタイミングで取り壊しが決まってしまってるのと、恐らく暫くまたこのクラスのライブをするバンドがいなさそうなので最初で最後の、ということなのです。

ということで当日ですが、仕事をさっさか終わらせてきまして渋谷公会堂へ移動。
到着してぼんやりと色々見ていたのですが、これがあの渋谷公会堂かーとなっちゃってました。
初めてだと大体こうなっちゃうんですよね。
あとプレゼントボックスに頼まれていたブツ*2を入れてぼんやり待っていたら同行者が到着し会場内へ。
入った印象は「天井が思ってるより高い」「椅子の背もたれの高さが割とある」で、席は位置的にベースの明徳さん前で且つ割と近い位置って言う「最初で最後の人間にこの位置かー!」となる位置でしてね…とても心臓に悪い感じでした…。
のんびりヒール脱いで*3Tシャツ着たりしてたらあっという間に開演。
入ってすぐ開演っていうのがいいよねーと話してたらなので非常に気が楽。

で、今回の感想ですが、まずほんっっっとうに良かったの一言です。
というのも今までホールをやった事無かったlynch.ですが、スタッフの皆さんが「絶対いいものにするから是非!」といって実現したものだったんですね、もの凄く要約すると。
なのでどうなるんだろうなーっていう期待が大きかったわけなんですけども。
全体で言えた事は照明と映像の使い方がやっぱり上手いなぁとなりました。
特に照明がやっぱり見ていて面白いなぁと思える点が多々あり、且つ色使いとかもそういう組み合わせでやるのかーとなりました*4
後レーザー出てきてたのがホールならではかなぁと。
昨年の新木場でもレーザーとかの演出は無かったので、今回やっと見れたのが嬉しかったです(どの曲かは後述します)。

で、ライブ中良かったところを書きますと以下のような感じです。
まず暗くなってバッとあのバンドロゴが入った巨大なバックドロップが出てきまして、それだけでおおー!となったのですが、SEが鳴りそれが退けられたら途端にメンバーがもういて1曲目の「EXODUS」に入ると言う、最初から持っていかれるしかない流れ。
前半はライブでも鉄板とも言えるナンバーが続いていたわけですが、an illusionから聞かせるナンバーへと移っていきまして、その曲にインディーズ1stの「矛盾と空」「ラティンメリア」があったのが個人的に嬉しいものでした。
昨年のFCディナーショーで聞いた時に「絶対ホールとかのが映えるな」って思っていたのがまさか実現すると思わず、内心ガッツポーズをする私*5
そして「ラティンメリア」終わりのタム一発、残響が程よくなった時に「quarter life」のイントロが入ってきて此処がまず鳥肌立ったポイントでした。
セトリは前もって知っていたとは言え「こうなるんだ…!」っていう新鮮味のが勝って思わず「ぅおおおお……」と思わず言ってしまったレベルだったので、これはホールで経験出来て良かったです。
その後もライブの鉄板が挟まったのですが、「THE BLASTED BACK BONE」は好きなので毎度有り難うございます!となってました*6
で、先程の流れと同様のものだったのが「from the end」からの「CULTIC MY EXECUTION」だったわけなのですけども。
此方は「from the end」の時は映像メインだったのですが、途中で雪的なもの(葉月氏曰く灰とのことですが)を降ってきたのと映像がペールトーンのくすんだ色味のものだったので凄い幻想的で。
この時も最後晁直氏のドラムのタム一発で終わるのですが、その時も残響が程よくなってきた時に「CULTIC MY EXECUTION」のイントロが流れてきて息を飲むしかなかった。
この時に蜘蛛の糸をイメージしたレーザーが出てきて、葉月氏が登るフリとかをしていて*7、こういう演出お待ちしてました!とまたなってました。
でもやっぱりこの曲は見入るしか出来なくなるくらいの何かがありますね。
他の方が頭振ってる中一人呆然としちゃってました。
そしてアンコールの時、「LIGHTNING」の時4人が前に並んだのを見た時に同行者の友人と泣いちゃってました。
こんなとこまで…!っていうのと、この場に入れて良かったなっていうので出たのかなとも思いますが*8
そしてWアンコールで「GALLOWS」で終わると言う、そんな濃過ぎるワンマンでした。

あ、あとあとライブ以外にも素敵だなぁと思った光景がありまして。
Wアンコール前に映像で先々の発表*9がありまして、その後に本日のライブ映像と出た時に客席が映り、そのままAdoreが流れてきまして。
その時メンバー誰もいなかったのにお客さん皆歌いながらAdoreの時のノリ方でノっていて、しかもその時映像に映ってたお客さん皆笑顔だったのが凄い素敵だなーと。
SIAM SHADEのライブ終わりに流れてくる「Dear…」を大合唱するときと一緒だなって思って、どこか懐かしいなぁと思いながらやってました*10
こういうの、今もあって良かったしコレからも残っててほしい光景だよなぁとなりました。

って言う感じの最初で最後の渋谷公会堂だったわけですが、歴代ホールライブトップになっちゃいました*11
これだけ濃いものを見せられたらなってしまうよなーっていうのがありますしね…普通にファン抜きでもいいなって思えるライブだったなーという感想が浮かびました。
あとライブ後にやっと会えた地方のフォロワーさんにも会えて本当に良かったです。
lynch.に返り咲いてからこういう機会ホント多いし、有り難い限りです。
そして3ヶ月リリースからのツアー、本当に楽しみです。

*1:といいつつほとんどAXでした。人生初のライブハウスもAXでしたしねぇ。

*2:このバンドのCDを入れてました

*3:OLのコスプレしてたのでヒールでした

*4:聞いててこの曲はこういう色味なのかなーっていうのを考えるんですが、割とそれが逆の色で出てくる事多かったです

*5:聞かせる系の時には流石にやらないっす

*6:何か好きなんですよね、あの曲の間奏部分…

*7:ご本人もやりたかったというtweetをなさっていました

*8:ちなみに書かなかったけど「from the end」でも同じようなことになってました

*9:別名お財布のひもを握ってるんだぜ発表

*10:そして映っていたということを同行者に言われて吹くというテンプレ通りの流れ

*11:歴代1位は凛として時雨ホールツアー戸田公演でした