Soliloquy in non-daily life

ただのひとりごとの、くりかえし

所謂ハッとしたら、

一年の1/4が終わっておりました。
いやぁ早いものですね、そりゃ誕生日も過ぎるわけです(ちなみにこの記事の日でした)。
まず話題として挙げたいなぁと思ったのが、誕生日プレゼントと称してデジタル一眼レフカメラを購入させて頂きました。
凄い鼻ホジなノリで父親に欲しいんだよねーと言ったらいいよ!と快諾し、吉本興行の芸人さんばりに素っ転んだという経緯を経て、29日にヨドバシカメラにてCanon EOS kiss x7iを手に取ったわけです*1
いやぁ、いい買い物をさせていただけたなぁと思います。
今回誕生日だから、と予算の半分以上を出してくれた父親には感謝しなければ、と思いつつ今備品購入等で色々見るのが楽しい且つこういうフィルターがあるのかと学ぶ日々です。

www.amazon.co.jp

ちなみにそんなお勉強用にコレ買ったんですけど思いのほか見やすいですし、フィルターだけでも色々あるなーと。
父親もかつてカメラに超ハマってた人*2なので、色々とこうするといいよーと相談出来るから有り難いです。
やりたい事の第一歩としてやっと買えたので、これからはカメラと此処数ヶ月途絶えてしまっていた水彩を毎日やっていきたい。
継続は力なりといいますしね。

そして先月はお別れも一つありまして、誕生日の翌日に17年一緒だった猫がお空に行っちゃいました*3
といってもその子の場合は猫エイズ持ちだったので、最初10年生きれれば良いと言われていたのですが、気付けば17年、最初は鳴き声もあまり出なかったり若干病弱だったりでしたけど、思えば一番我が家の猫で根性座っていたし、3年前に先立った三毛共々辛い時も一緒にいてくれた子でした。
最期は悪性リンパ腫とガンというコンボだったのでげっそりとしてしまってたけど、三毛の時同様、最期まで生きようとしていた姿が忘れられないです。
とりあえず一族最後の子だったので、今頃先にいった三毛とかはたまた母親とか叔母にあたる方々と再会してるといいなぁといいつつお見送りをしました。
い、一族にいじられないようになーかえで*4
あ、それで思い出したんですが、亡くなる一ヶ月くらい前に朝方金縛りにあって、ずりっと顏に何かが当たる感触があり、思わずあたふた横とか見たら何かぼんやりかつてご存命だった三毛のシルエットが見えておや、ともなっていたんですよね。
そして思えばその感触はかつて存命していた三毛が寝ている時に顏跨ぐ際お腹がずりっと当たるあの感触*5そのものだったので今思えばお迎えだったのかなぁとも思ったり思わなかったりです。

そしてこのブログの記事をあげる今日はそんな日なわけですが。
今日人生で初めて自腹で買った曲のMVを見ていたけれど、本当にこの人早すぎたのだなぁと改めて思いました。

www.youtube.com

ホントいつ見てもぶっ飛んでるよなー、となるけど諸々の筋が通っているし、相変わらずカッコいい。
毎年まいとし色々な形でもってこの日を振り返るんですが、未だに最後のロッキンオンジャパンのインタビューはそう言う意味でも今の自分の原点なんだよなーという結論に至ります。
あのインタビューなきゃ此処まで色々見たり知る事出来なかっただろうし、どっぷりハマるのではなく客観視出来るようになれなかったと思います。
まだまだ修行足らん事多いですけどね。
といいつつ行く時はなりたい自分になれた時、と決めているのでご挨拶はもう少ししたら伺わせて頂きたいものです。
その為にもご盟友の某氏が仰っていた「人生は30から」という言葉を胸に生きねば。

しかし毎度この日に思いますが、春にまた会いましょうって本当に良い言葉ですよね。
この歌の歌詞ではないんですけど。

*1:一番ベーシックなこのセットを買いました

*2:CanonNikon両方持ってるガチユーザーでした…しかもガチな望遠レンズも持ってるという…

*3:先立った三毛も姉の誕生日翌日に亡くなっているという偶然

*4:良く三毛がクッションに割り込んで寝て潰されかけていたので…

*5:一時期8kgとかあったので腹がたぷんたぷんでした