Soliloquy in non-daily life

ただのひとりごとの、くりかえし

思えば人生初でした/THE JETZEJOHNSON 西川口HEARTS 4/16

わーいということで人生初の誕生日ライブでした!
何を見に行ったかと言いますと、昨年ワンマンベストライブで惜しくもナカコーとほぼ同率だったTHE JETZEJOHNSON
はるばる仕事終えて西川口までガタンゴトンとしてまいりました。
割と駅に余裕で着いたくせに気付いたら迷ってたパターンだったので超ギリギリ到着だったわけですが、気付いたら入り口付近関係者祭ですぐ中に避難*1
中に入って椅子あるのをすぐ確認して早急に確保。いつもの事ですね。
ということで見た順に感想をだらだらいかせて頂きます。

○Sine
当日ゲストだと分かったくらいにはノーチェックだったのですが*2、初見ながらなかなか見入っておりました。
ボーカル無し(というよりたまのコーラス的なものあり)にギター2本、ベース、ドラム、そして打ち込み的なものを取り入れたスタイルだったのですが、今まで余り聞いた事ないタイプだったなぁと。
エモ・ハードロックの要素有りのバンドサウンドにエレクトロな要素をうまく取り入れてるインスト、といえば割と通じるかなぁと思います。
丁度ど真ん中で聞いてたのもあってまー爆音が凄かったんですが、それが逆に心地よくなってて気付いたらユラユラ揺れてる次第。
ただ聞いていてまだちょっと単調かなぁと思う点もあったので、今後曲幅広がったらいいなぁと思いつつCDを購入したという。
しかし後日調べたら元TRIBAL CHAIRの人がおったという事実に吹いたというオチ。
おおお前見た事あったよマジかよ!となるしかなかった…。

○JAWEYE
あれ、いつぶりだっけと思ったら12月以来…本当は3月のワンマン行きたかったんですが体調整わずで断念してたので4ヶ月ぶりの彼らでした。
多分セトリもいつものイベント仕様のなんだろうなーとなりつつ上手の超後ろで聞いてたわけなのですが、案の定予想通り(ただし一部たまにおっ!となる選曲有)でした。
いや、いいんだよ、いいんだけどさ…聞くならワンマン行けって言う曲好きなので余り言わないけどさぁ;;*3
ファイナルも同じなのだろうなーと思いつつほんのり期待させて頂きますね。
相変わらずMCも良いなぁとなりますし、ある意味年齢近いから分かる点もあるからなんでしょうけど。
そしてコレは書かないとなぁと今回一番集客あったのは紛れも無く彼らでした。
今のエレクトロロックは彼らも台頭されてるんだなぁと…そりゃあジェッジに見出されるわけですよ。

○1000say
え、いつぶりでしたっけ…わー思い出せない!ていうくらいお久しぶりでした。
相変わらずメンバーも音楽もお可愛い!っていう感想しか出てこないライブで、久々だったのが嘘のようでした*4
相変わらずAPIさんがホント楽しそうにベース弾きながら歌う姿見てたらねぇ、そりゃ笑顔にもなっちゃいます。
といいつつもライブの安定感は流石の一言、そりゃJAPAN EXPO経験ありなだけあります*5
個人的にCANARY聞けたのが非常に嬉しかったです、この曲凄い大好きなんですよ。
あ、あと何かの曲でオカリナをピッピョローと吹いてたのを見て「オカリナって、戦力になるんだ…」って思ってしまったよね。
あんなオカリナ全面にした曲というかライブ、初めて見たよ…愉快だった…。

THE JETZEJOHNSON
ということで一年ぶりのジェッジです!
今まで色々とライブ被ってて見れなかったのでこんな経ってました…月日is早い…。
今回は対バンツアーというのもあり短めのセットな上にジェッジの要塞がなかった仕様*6でしたが、それでも聞き応えは相変わらずでした。
やっぱりメンバーがしっかりしてる分、ジェッジもボーカルのみの曲も増やせるくらい色々と余裕出来たからなのかもなぁと。
安定感に関しては今回の中ではダントツです、相変わらずの。
ちなみにセットリスト初っ端から新譜の曲「KRUNK」というのが凄いなぁとなりました。
私個人的にWHITE VERSION購入出来なかった*7ので、やっとちゃんとしたバージョンのを聞けたんですが、まぁSoundcloudに上がってるのは蓮尾さんがフィーチャーされまくっている仕様のなので、原曲と違うのは当たり前なのですが、それでもそこまで違いを出せるくらい曲の完成度が高いものなのだと思わされました。
あと雨上がりの下での変わりっぷりが凄すぎて「えっそうなる!?」っていうリアクションとりつついつものようにホロリとしていました。
色々辛い時に聞いてたので涙腺ゆるくなりやすい仕様なのですが、今も割と仕事関係で辛かったのもあってかもしれません。
そして今回聞けて意外だったのが「夜をこえて」、いつぞやにSOLID BREAKS UPPERの曲もやっていきたいと言っていたのにやってないよなーと思っていた一曲だったので、イントロ聞こえた時は嘘ー!となってました。
ちなみに最後はCONTINUE?→アンコールDancetekといういつも通りと言う感なんと言うかだけど、最初から最後まで楽しかったの一言のライブでした。

って言う感じだったのですが、やはりこのライブにいて思ったのは自分のルーツとしてエレクトロロックも挙げるべきなのだなぁということでした。
エレクトロ要素の加わったラウドロックではなくて、エレクトロを主体としたエレクトロロックの方がやっぱり聞いていてしっくりきたのです。
エレクトロ要素の加わったラウドロックも好きなのだけど、やっぱり作り込み方が中途半端なものが多いし音が奇麗過ぎるんですよ。
ジェッジやGARI、UZMK、はたまたROVOとかTAGみたいにノイズがかっていたり打ち込みかと思いきや実は人力でした!みたいなのが聞いていて面白いですし、彼らのそういう部分をほんのり受け継いだと言うか、良い意味でのフォロワーがゲストとして出ていた1000sayとJAWEYE、Sineは彼らのフォロワーなのかなぁと。
そういう意図を再認識させられた、そんな一日でした。

あと余談ですが、ジェッジを見ていてやっぱり先々の事を早急に動かねばとなりました。
去年また手術してからライブを行っていく彼を見ていて、やっぱりこうでありたいなっていうのが湧き出てきたと言うかなんというか、そう言う意味でも色々と考えさせられました。
去年も同じような事言ってたけど仕事で忙殺されていた上に体調崩しまくりだったのでね…それに今年に入ってタイムリミットも出来たのでそう言う意味で動こうってなれたのですが。
まぁ実は今月うっかりその事で必要なものが手に入りそうなので、また手に入ったら日常に綴ろうかなぁと。

という最後は若干真面目な仕様になりましたが、この調子で28日の下北もホイホイ見てこれたらなぁと思います。
今度こそタオルを買うんだー!

*1:ちなみに出入り自由という素敵なものでしたが

*2:だってオフィシャルサイトにも書いてなかったんだもの…

*3:ちなみに3月のワンマンでもやってませんでした

*4:普通にそのとき聞いたことあった曲のコーラスとか歌えてた

*5:確か2011あたりに出てた記憶です

*6:制作してた関係上持って来れなかったっぽいです

*7:ほ、ほら、その日は新木場にいたからさ…