Soliloquy in non-daily life

ただのひとりごとの、くりかえし

移動距離がおかしい/LETHE 4/11&lynch. TOWER RECORDインストアライブ 4/12

というわけでまたしても名古屋じみていた週末を過ごしておりました。
まず土曜日ですが、フォロワーさんのやっているバンドの3発目のライブを見にバスで名古屋まで向かいました。
順調過ぎるバスにほーうとなりつつ、名古屋に無事到着し、いつものきしめん屋さんにて食事。ちなみに此方。

r.gnavi.co.jp

そしていつも通りのメニューを頼んでもごもご*1
もっと冒険すれば良かったかなぁと思いつつ、今池にゆるっと移動。
それからボトムラインではなく今池3STARに到着して少しフラフラしてからフロアへ。
ということでフォロワーさんのやっているバンドことLETHEを見てきました。
今回はManipulateのShi-T氏不在の4人編成で、セットリストは未発表曲数曲ほど+発表済み曲3曲くらいかな?(違ってたらすいません)
まず率直に浮かんだ感想が「ライブの表現が三発目としては非常に出来ているよなぁ」、でした。
現にメンバー出てきてから一発音が出た瞬間から私含むフロアの皆様をライブにのめり込まざるを得なかったですし*2、一曲いっきょくの間も次の曲待ち時間としてではなくライブとして作り上げれるバンドって最近のバンドには余り無いもののように思えるので、それがより良く見えたのかもしれません。
こういう感覚って、外タレでいうTOOLとか、国内で言う独立してからのTHE NOVEMBERS、1月のsukekiyo・HEAD PHONE PRESIDENTSのライブを見た時も同様の感覚になったので、ポストこの界隈になれるのかもなぁと感じました。
それを引き立てる要素として照明も持ち込んでたという話を聞いてて、それが功を成してたなぁと思ったのと同時に、照明に加えて映像も加えたら更に面白いことになりそうだなと。
ああいう何もさせないよといわんばかりのフロアを作り出して曲を聞かせるバンドの映像を使った演出って本当に良いので是非とも良き映像作家様と出会って頂きたいものです。
そして楽曲も良い感じに色々なルーツが混ざっているのが分かって面白いの一言です。
曲はDeftonesとかTOOLっぽいのに、歌はその要素+V系っぽいという。
お陰でライブ中十分に聞き込めるものだったので終えた後はとても心身疲れてました、良い意味で。
で、ライブ終えた後にフォロワーさんであるボーカルkanoe氏とギター文昭氏と挨拶がてら色々とお話したのですが、まだまだだと仰っていたのを見てこれは見習わないとなーとなりました。
客観的に自分たちを見れるのって、一番の向上だと思いますしね。
ということで気になったお方は此方に音源ありますのでどうぞどうぞ、といいつつライブで見る事を全力で推したいバンドです。

LETHE's profile - Listen to music


そしてイベントをまったり過ごしてたら思いのほか時間が無くなり、寄り道にFILE-UNDER行こうと思ったんですが、今池から徒歩で向かうには遠かったのに歩いてる途中で気付いて結局行けずに新幹線で帰宅って言うアホなオチ。
いいんだよ、翌日も予定あったし…。

で、翌日の予定こと日曜はと言いますとTOWER RECORD渋谷店に赴きまして、同じ名古屋拠点のlynch.のインストアライブにホイホイ行ってました。
CUT UP STUDIO、初めて行ったんですが超見やすくて思わず一番後ろ(バンギャ用語でいう逆最前)でキャッキャと友人と見ておりました。
ツアーを先日終えたというのもあり、多分よくライブでやる鉄板ナンバーで固めてくるんだろうなーと思ったら予想通りすぎて吹いたという*3
でも個人的にAVOIDED/SHADOWSしか行けてなかったのもあってか久しく聞こえたのも事実。
あと音の安定感は相変わらず良いものです、葉月さん途中でとちりましたけど*4
メンバーも楽しそうでしたし、次へのリハビリとしては良い現場だったかな、と思えたのでした。

っていう名古屋じみた週末を経て誕生日にTHE JETZEJOHNSONのライブなので楽しみです。
思えば人生初めての誕生日にライブ、どうなることやら…。

*1:いっつも玉子とじきしめんの天むすセットです

*2:一曲目が未発表曲にも関わらず、と書くと凄さがより分かるかなと

*3:しかもインストアライブなのに14曲やったっていうね…

*4:玲央さんと呼ぶとこを悠介ー!と呼んでその後間違えたー!!!と言ったっていう