Soliloquy in non-daily life

ただのひとりごとの、くりかえし

期待はしない、が吉/凛として時雨Zepp TOKYO 3/5

ということでタイトル的にどういうことなのと言われそうですが、5日に凛として時雨Zepp TOKYOに行って参りました。
仕事後にホイホイと行ってたんですが、友人達と合流するのに一発で特定されて苦笑*1
そして外でぐだぐだ過ごしてファン層変わったなーと思ってのんびりしてたらいつの間にか番号呼ばれてておおう、となるといういつも通りの流れを経て会場内へ。
お花は安藤裕子嬢からあったので対バンから縁が出来てるんだなーと実感*2
今回は4つ目の柵真ん中エリアを取れたのでまったり、って思ってたんですが色々あったのでまぁそれはこれから書くとしますが。
ひどい会話だの相変わらずな事をしてたら暗転からのいつもの警告音。

という前振りを得てからのライブ感想なわけですけども、そもそもZepp公演がいつ以来だったっけと調べたんですが5年前のVIRGIN KILLERツアー以来だそうで。
そんなにやってなかったの…てかなぜそっちでやらなかったの…チケット東京やばいのに*3、となりつつ今ですが。
まずセットリストはまー大方予想通りのベスト収録曲+PV曲、といった感じでした。
恐らく初見さんにとってはいいセトリなんだろうなぁとなりつつだったんですが、セトリで特記すべき良かったところは「Missing ling」が意外なとこになっていたところでしょうか。
聞いていて「そうか、そういう位置にももってれるのか…」となれて新鮮でした*4
あと新曲が思っているよりかはグダグダになっていなかったのが一安心でした。
ホントグダグダな時は本当にひどいから、ほら…。

とりあえず普段通りライブは終わったはいいのですが、しかしこの日はどちらかというとうーん、となることが多々あったのでそちらの事もバリバリ書かせて頂きます。
まずその一、ベースの音がまー大きかった!
どれくらい大きかったかと言うと、TK氏のギターが割りかし多くかき消されていくくらいです。
特にアルペジオ部分とかがかなりかき消されてしまっていた*5のに加え、今回比較的後方にいたのでそれが露骨に分かってしまい、何だかなーとなる部分が割とありました。
サウンドバランスは後方、二階もやるのが大事!
その二、原曲よりも遅くなってる曲が多かった印象がありました。
昨年のトキニ雨でも思っていたのですが、初期の曲*6が割とテンポ遅くなっていておや?ってなる事が多々でした。
もしかして中野氏の腰のこともあるのかな、とも思ったのですがどうなのやら。
ただリアルタイムで聞いてきたのもあってか、やっぱり原曲テンポが恋しいなぁと思っちゃったのでね。
あとその三は諸事情あって追記に書かせて頂きます。
とりあえず、その三の一件のせいで私は時雨のライブから距離を取る上に4月のダイバー2days行くのをやめようと決意しました、とだけ。

 

 

 

 

えーと何があったかといいますと所謂曲を聴かず音楽で楽しむ界隈が非常に増えてしまったことです。
時雨の客層は前に詰まる人か、後ろで腕組んだりお酒を飲みながらメンバーの演奏をじっくり見るという二極化が完全に出来ていたんですね。
ただその界隈が入ってきた事によって、かなり後方で見ていたのにも関わらず、モッシュが発生してたり、叫んだりする人、後何よりも今回凄いかちんときたのは最前エリアでツーステップやっている輩がいたと言う情報があったと聞いて、その二極化されていた客層のフロア分けが見事にぶち壊されてしまったなと。
時雨のライブでツーステップ、しかも最前エリアでやるのはいくらなんこれはどうなの、というかただでさえやる時場所取るものなのに、前に非常に詰まる時雨のライブでかなり幅を取ってやっていたのが非常に遺憾を感じました。
悪いですがラウド系でも曲を聴かず鳴っている音楽にノって最前エリアでツーステップはないなってなります、此処重要。
まぁモッシュ・ダイブ・合唱は2008年頃にもアホみたいにいたのであの頃よりもマシとは思いますが、時雨ファンはやはり否定派がかなり多いのが現状です。
なのでどういう客層かを調べずいきなり来てそうするのは宜しくないことじゃないかなっていうのが凄く思いました。

まぁ良く言えば色々な客層に聞かれてると言う事を思えばとてもいいことなのかもしれない、けどかつてこういう界隈が入ってライブを乱した結果ご本人がブチギレした現場にいたのでちょっとなー…ということです。
今のあの界隈は、音楽を楽しむとは全く違う人種だと思っています、そしてそういう人種は受け入れられないなって改めて思ったのでした。

*1:この日平日なのでOLに扮していたにも、です

*2:TKさんは一番社交的な人ですからね、あのバンド内では

*3:ちなみにやってた会場がLIQUIDROOMとか今は無きAXだったという恐ろしいアレでした

*4:ほら、最後にはもってこいな曲じゃないですかやっぱり

*5:個人的に「Who What Who What」と「鮮やかな殺人」の良いところが全てなくなっていた

*6:アルバムで言う#4〜Feeling your UFO辺りの曲