読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Soliloquy in non-daily life

ただのひとりごとの、くりかえし

横浜で久々に

ということで病み上がりながらも無事行けたのでっていう記事。

まず10/26にlynch.の横浜公演にホイホイ行ってました。
会場があの色々評判の悪いベイホールっていうアレだったんですが、個人的には元町だったり中華街だったりと割と寄り道するところ多いので好きな場所だったり。
ということでこの日は元町でフラフラしつつ割とのんびり出来そうなカフェ*1開拓なんぞもしておりました。
元町の方が意外とのんびり出来て良いんですよねー、あとこの日スイーツフェアなんぞもやっていたので路面でワインとか色々飲めたというのもはしゃぐ要因だったのかも。
ライブ開場前酒とツマミ片手に待ちつつ気付いたら4杯空けてたっていう、どこかフラグを感じる展開。


そして肝心なライブなんですが、音響がまぁ微妙なのと、柱がクアトロよりひどい!ということで話題の箱なのは重々承知だったので、色々心広く受け入れつつイントロ始まった瞬間軽率にフロアにひょいひょい降りていったのでした。*2

イントロが春夏と違う!となりつつセトリが春夏ツアーとがらりと変わっていたという前情報を聞いていたけども、まず浮かんだ感想が「ここまで変えますか…!」でした。
とりあえず分かるように言うと最新のアルバム曲大分削った上にメジャー・インディーズかなりバランス良くぶっこんだセトリなんですよ*3
なので正直最初から割と油断ならないセトリ*4だったんですが、セトリ変動部分でまさかの返り咲くキッカケにあたるASHESがあるパターンだったっていう奇跡が起きました。

イントロ聞こえた瞬間マジで涙ぐんでしまったよ…ホント何もかもパーフェクトに好きすぎてこの曲きた瞬間「私の横浜終わった…」ってなってもいました。早いですねどう考えても(確か6曲目辺り)。
でもその後も数曲やった後の盛り上がりまくった後に一旦落とす部分でもそうもってくるのか、とならざるを得ない流れで本当にlynch.はセトリ組むの上手いなーと関心させられてました。
いや、本当に上手いんですよ色々見てて思うんだけど、最近のバンドの中では本当にダントツだと思ってます。
あと今回関東公演が横浜だけだったのもあり、お客さんのテンションと言うか熱気が本当に凄かった。
お陰で珍しくWアンコールまでやっちゃったっていう嬉しい展開*5。有り難うございまーす!


しかし実は今回いたエリアの近くでモッシュやらリフト、サークルピットが起きていたのでおやおや、となりつつ壁になったりしてたりもしてたんだった。
正直バンギャさんはそういうことせず見ながらヘドバンしたりフリしたい人が多いし、そう言う人たちが「バンギャ潰そうぜw」とか言ってそういうノリで突っ込んでくるのを見ているせいで本当に嫌がっている人がいるというのもよーく分かっていたので壁にならないとな、と咄嗟に思ってやったのですが。
このジャンル違いの客層問題ってどこにでもあるよなーとなってしまうし、まだlynch.のお客さんは近づき合うには時間がかかるんだろうなーともなってしまってました。
私としては最初からそう言う文化ではなかったけど、結果として両方の客層が程よく混ざたLUNA SEAのJ氏のファンことPyroで両方あっても成り立つ現場を見ているので、いずれはなってほしいなーっていう淡い願望で待っていようかなってなっております。
まぁ、どのくらいになるかはさておきですが。

と色々と考えつつおにぎりとお水頬張りながら家帰ってまずしたのがヘドバン筋肉痛を少しでも軽減するためのアイシングだったっていう年取ったんだなーというオチ。
数日引き摺ると思ったらまさかの形で一瞬にして消えたので、とりあえず記しておきます。

ヘドバンは、ホットヨガによって一瞬で消える

*1:割と安かったので今度からここでのんびりしたいなーってなりました

*2:そのお陰で久々に耳鳴りになるレベルでした

*3:後日葉月さんのツイートで変えてたと公言してました 

*4:これをべがすファンの友人にべがすで例えて説明したら真顔になるレベルでした

*5:ただしトータル28曲って言う恐ろしい曲数になりました