Soliloquy in non-daily life

ただのひとりごとの、くりかえし

生きている証として

不謹慎、自粛と言われている中昨日はCOALTAR OF THE DEEPERS@代官山UNITでした。
ライブ自体は2/26の黒夢以来で、COALTAR OF THE DEEPERSとしては2月のLOFT2days以来ですか。

当日は美容院でストパーかけて髪整えたり、うっかりチケット家に忘れたから取りに行ったり、洋服をポイポイ買ったりしてました。
久々にHeatherで服買ったよな・・・今月の給料出たらまた買うけど。
そんなこんなしてから行ったので着いたのはギリギリ。
ロッカーに入らない荷物の量+後ろで見る予定だったのでまぁそのまま入ってましたねー。
今回もフォロワーさんと合流して(連絡したら真横にいたから吹いた)後ろからでした。
セトリはLOFT2daysとこれまた違っていて。
今回はマニピュレーターさんがいたんで、newave中心+いつもやる曲と言う感じセトリだった(ような気がする)。
個人的にnewaveの「without hesitation into door away」が一番好きなんで、この曲のイントロが聴こえた瞬間、涙が出かけてた。
やるとは思わなかったんだよね、正直・・・。
あと「Aquerian Age」が、本当に水の中にいるような感覚に陥った。
この2曲以外にも好きな曲の時に頭がぽぽぽぽーんとなってましたけど、安心して聴けている自分がいたんだよなー。
あ、でもMCは相変わらずゆるゆる且つグダグダしてました。笑
この温度差にやられるファンも多いからねぇ。
でもライブ自体は本当に素晴らしかったです。
此処だけの話、COALTAR OF THE DEEPERSは私個人的に何も心配せず安心して聴ける数少ない日本のバンドのうちの1バンドですしねぇ。

あ、あとタイトルの言葉は、NARASAKIがMCで言っていた言葉の一部です。
バンドマンやミュージシャン共通で言えるけど、今回の地震によってライブを行う=不謹慎になるんではないかと思ってライブを行うこと自体を自粛してしまうと言う流れにせざるを得ないという苦悩があるということも重々承知しています。
でも、NARASAKIが言っていたように「生きている証として、こうやって動けるうちにライブをやっていきたい」と言ってたんですよね。
あのいつも通りのゆるーい口調でだったけど、相当悩んだ末の言葉だったんだと思うんだ。
だから、バンドマンやミュージシャンの方々には、なるべくライブをやってほしいと思う。
彼ら自身には音楽しかないんだし、それが断たれたら彼らを殺すことになる。
あと、私みたいにライブに行くことで、色々気持ち的にも切り替えられる人もいるしね。
このことは昨日つくづく実感しました。
あの音の洪水に感覚を溶け込ませられて、感覚的に無になったお陰で、色々とスッキリ出来たのも事実です。

だから、あの日ライブを決行した、COALTAR OF THE DEEPERSには、「お疲れさまでした」と「本当に有難う」の二つの言葉を言いたい。