Soliloquy in non-daily life

ただのひとりごとの、くりかえし

夏休みが終わると思いきや

というわけで世間通りの5日間の夏休みが今日で終わろうとしています。
案外充実していた印象だなぁとなりつつ、スタバで立ったり座ったりを繰り返しつつこちらを打っております*1
久々に超ゆるいスタイルで、近況をつらつらと綴っていこうかと思います。
 
・やっと今週末のチケットを購入しました。
今週末ってなんのですかと聞かれそうなんですが、ソニマニとサマソニ大阪のチケットです。
チケット買うのがギリギリだったので色々実感わくまで時間かかりましたが、ようやく夏が始まる!という心境にようやくなれました。
やっぱりこういうのってチケットを買うまで実感わかないもんなんだなってのを今年も例のごとく味わったわけです。
そんな今年は音楽関係の大本命ことNine Inch Nailsを追いかける夏です、誰がなんと言おうとそうなんです。
ちなみに今年来日された時にゲリラ豪雨をもたらしてくれたので、きっと今年は東京、大阪共に雨に要注意ですね*2
そう豪語するNine Inch Nailが楽しみなのはもちろんなんですが、ソニマニ、サマソニいずれも楽しみなんです。
まずソニマニは間に合ったらCounelius→Nine Inch Nails→my bloody valeniteを迎えたあとに多分FLYNG LOTUS→UNKLEという感じです。
そしてサマソニ暦10年目にして初大阪ですが、正直今回見たいバンドは大阪のお客さんと見てた方が楽しい面々が多いので、それがほんと楽しみですね。
個人的にちゃんとライブ見るのが10年ぶりのBullet for My Valentine*3が楽しみなんですが、Nine Inch Nailsの前なのがマジかよってなりました。
きっと終わったあとこの後NINなのしんどいとか言ってる未来が見えます。
とりあえず今年のHELLFESTのライブ見てる限りほんと良いセトリなのでこれがそのままきてくれ!と願うばかりです。
Nine Inch Nailsは願わないのかって?あの人願ったとしても想像の斜め上のセトリでくるからもうくるものを受け入れるだけですから…東京と大阪セトリ変わるの知ってるんだ…。
 
・ひたすら肉を食べていた
ということでお友達と「肉が食べたい!!!」となったので行ってきました牛角
いつ以来だと思ったら地元だかで行った以来だったので、年単位ぶりだったことに大変驚きつつ、この日にシートマスクを買ってから移動というよくわからない行動をしつつ新宿に行ってきました。
ということで合流場所がアニメイト、そしてテニプリの展開がされている無印に寄るというアホな経緯を経て牛角に入ったんですが、予約してないと待たされていたんだってくらい人が多くてびっくりしました。
そうか普段はホルモン屋に行くもんな…ってなりつつ一番安いセットでひたすら自分が食べたい肉を食べ続けるスタイルでくっちゃべってました。
色々近況話したりしたのですが、やっぱり一番盛り上がったのは先日のFUJI ROCK FESTIVALRISING SUN ROCK FESTIVALで、「今年は試されすぎじゃないか」という話題だったのがらしいなぁとなりました。
しかし結論は「自然には抗えないし、装備は重装備にするしかないんや論」でした。
私自身が雨とか嵐に慣れてるから余計かもしれないのであてにならないのもありますけどね。
そしてその後マルイのスタバ(STARBUCKS RESERVE®)でアイスティーがちょうど切れたので作る間アイスカモミールティーをいただき、この後の話題のことをひたすら相談して終わりました。
ということで何を相談していたんだい、という話題でも。
 
・そろそろ外の仕事再開させようと動き始めました
この夏休み期間こっそりやっていたこととして、ちょっと2月辺りからお休みしていた外部のお仕事の準備を行っていました。
今まだ発表できる段階ではないんですが、色々今通るために動いております。
多分通ったらここは勿論、色々twitter上で告知とかすると思います。
とりあえず今はネタが通るといいなっていうそんな感じです、色々試されてるー!
 
・色々とムーブメントが来ているのを感じる日々です
というわけでファッションやコスメの流行が見えつつある今日この頃ですが、見事なまでに今年は緑や紫といった色が流行るのを見てなんというジョジョ…となっています。
そんな私は人生初のチェック柄スカートを買うかもしれません、ただしロングでプリーツが超複雑なやつなんですが。
とはいえ、まずは春夏で着る予定だった紺のロングコートを着倒すことが先かな、となりつつ冬物コートを予約したのでした。
コスメは珍しく限定色ではなく定番色が欲しくなってるので、そこまで初動は動かずに済んでいるのが大助かりものです。
ちなみにここ最近一番大ヒットしたのはSUQQUのクレンジングオイルとホワイトニングでした。
クレンジングオイルは洗ってもしっとりするという革命的なものなので、リピートしたいところ。
ちなみにTHREEのクレンジングオイルとはまた違う感じなので、オーガニックな感じで攻めたいか否かで決めるのがいいかもしれない。
あとホワイトニングは1ヶ月集中型で肌の透明感を上げるという意味で対策できるので、吹き出物などの治りも良くなるという役割もあるので、使っていて素晴らしいの一言でした。
夏や冬に集中して行いたい場合は特にいいかもしれません。
 
というわけで以上が夏休みの近況でした。
残りはテレビ見たりとかしてましたが、そういえば大神絶景版止まったまんまだということ今気づいたけど夏休みはもう終りを告げるんだなぁと遠い目し他のは内緒の話としましょう。
 
さー今週末生き延びつつ楽しみながらアホスケジュールこなすぞ!

*1:高さによってはスタンディングデスクのような感じにできるということに気づいたっていうあれです

*2:しかもこの日焼肉行く日だったんですが、奥様のツイートをみて「いたー!!!」となってました。

*3:モニター越しだと2013年のサマソニも見ているのでこう書きました

伝説ってこういう事を言うんだ/20180727access × TRF「~25th Anniversary Joint Live~」

ライブレポも昨年のlynch.以来というもうすぐ一年経過するところだったという大変恐ろしい展開を迎えつつの本記事です。
正直に言うと、この記事を書かねば!と思ったからこそブログに戻ったと言っても過言ではありません。

そこまで言うライブってなんですか、と言われたらタイトル通り、

access × TRF ~25th Anniversary Joint Live~」です!

自分の音楽の趣味を変えてくれた人がプロデュースしたグループことTRFと、これまた音楽の趣味をややこしい仕様にしてくれたグループことaccessが対バンという、知り合いのほとんどがフジロックに行く中、をやめてこちらを即選ぶくらいには本当に楽しみなライブでした。
なのでもう1ヶ月くらい前から楽しみすぎてテンションが大変なことになってました*1
そして当日を迎え、仕事終わりに文字通りダッシュでMy Bloody Valentie以来の東京国際フォーラムへ。
コンビニ寄ってから席に着いたんですが、なんと

PA後ろのど真ん中 *2

もう音も視界も完全保証でしかない座席を当てて慌てふためきながらこんなこと思ってました(自分のツイッター振り返ったら笑うしかなかったけどネタとして最高なので記しておきます)。

 

これがフラグだったなんて、となるとは思わずステージを見たらDJ KOOさんのセットあったのでTRFが先攻と分かり、ゆっくり待っていたら暗転。

感想を語る前にまずはセトリをば。

TRF set list
  1. masquerade
  2. 寒い夜だから…
  3. Overnight Sensation~時代はあなたに委ねてる~
  4. Unite!The Night!
  5. Love & Peace Forever
  6. LEGEND OF WIND
  7. CRAZY GONNA CRAZY
  8. EZ DO DANCE
  9. Where to begin
  10. BOYS MEETS GIRL
  11. survival dAnce ~no no cry more~ feat.access
セットリストを見てお分かりの通り、1曲目が「masquerade」だった時点で色々お察し頂けると思うんですが、YU-KIさんにピンスポットが当たり歌い出した瞬間、鳥肌立たせながら感動の声が漏れてました。
個人的に好きな曲トップ3に入る「masquerade」なんですが、曲が始まっただけで一気に場の空気を作り上げてましたし、何よりもすごいのが、メンバー誰もテレビで見ていたあのクオリティでしたし、輝かしいシングルメドレーすぎてどの曲をやっても盛り上がっていたことです。
YU-KIさんは直近のライブだとあまり調子が良くなかったという話を聞いていたんですが、本当にそうだったのかと疑いたくなるくらいには声がCD音源以上といいますか、本当にピッチずれることなく完璧すぎたので、どこから声を出しているのか終始疑問に思うしかありませんでした。
ダンサーのお三方も見事にキレッキレで、CHIHARUさんとETSUさんはいつぞやテレビで「ライブ翌日は体が痛い」とおっしゃっていたのが本当?となるくらい激しかったですし、SAMさん本当に足怪我してたのかとなるくらいには素晴らしいダンスでした*3
そして何よりも目があうと騒いでいたDJ KOOさんがDJとして本当に凄すぎる人なんだというのが大変伝わった公演でもありました。
バラエティに出てる人と思われがちだけど、DJ KOOさんは元はと言えば日本ダンスミュージックの黎明期を支えたDJのお一人でもあるので当然といえば当然なんですけども、でも聞いていて本当に盛り上げ上手で素晴らしいの言葉以外浮かばない状態です。
特に素晴らしいと思ったのが「CRAZY GONNA CRAZY」から「EZ DO DANCE」の流れで、「CRAZY GONNA CRAZY」の最後の大サビから「EZ DO DANCE」に繋げるという、私の大好きな「不意を突く繋ぎ方」を自然と行っていたのが本当に推せるなぁと。
そしてラストがaccessのお二人と一緒に「survival dAnce ~no no cry more~」だったんですが、ボーカル二人の声量とんでもなかったし、ダンサー組もしっかり煽ったり踊っていましたし、DJ KOOさんと浅倉さんコンビもやりたい放題やっているようでしっかり仕事しているので目が足りない…って心底頭抱えてました。
しかし座席が座席だったのでほんとあのツイート通りのことが起きたんじゃないかと勘違いしていたのは言うまでもありません。
いや、あれは勘違いしたくなるし、この次にaccessとかマジっすか…とため息吐きつつとなりつつあっという間の15分休憩が終わって再び暗転。

access
accessも感想を語る前にまずはセトリをば。

access set list
  1. 夢を見たいから '16 spring build mix
  2. Scandalous Blue
  3. Vertical Innocence
  4. Try Again S ver.
  5. Heart Mining
  6. Night Wave
  7. Lyin' Eyes~LIYN' EYES~AGAINST THE RULES
  8. Against The Rules
  9. Knock Beautiful Smile
  10. MOONSHINE DANCE 2002 -Return to Star-
  11. DRASTIC MARMAID
  12. Crazy Gonna Crazy-AXS ver.- feat.YU- KI
  13. 永遠Dive
見てお分かりの通り、TRFとは違って現行セトリできましたaccess*4
しかもaccessのライブは原曲からリアレンジされたものになるので、原曲通りなのがむしろ少ないので、書いてて振り返ることができないという恐ろしい仕様です。
そのため、知っている曲でも全然違う仕様になっていることが常なので、リアルにクイズイントロドン状態になるという話を聞いた上で行っていたんですが、本当にその通り過ぎて歌い出してからああ!となることが多々でした*5
そして今のアレンジがEDMかな?と思ってたら全然そんなことなかったといいますか、程よいバランスを保ちながら取り入れられるジャンルをどんどん取り入れたアレンジだったので聞くのがとにかく楽しいライブでした。*6
冒頭でも書いた通り、現行セトリは普通に初期の曲(2ndシングルや、2ndアルバムの曲)のリアレンジとかも入れてきてるので、聞いててやるの!という驚きと今やるとこうなるんだ!っていうWの驚きを味わえたのも良かった点です。
そして直近のアルバムの「Heart Mining」収録曲は割と原曲に近いアレンジだったのでCDと比較できたし、個人的に一番聞きたかった「MOONSHINE DANCE」がCROSSBRIDGE仕様だったのですが、見事に重い音になっていたので、WOMBあたりで聞いたら最高なんだろうなぁとか考えてました。
しかし通して聞いていて思ったのが貴水さんに対してもYU-KIさん同様CD音源以上でしたし、ピッチももちろんだけど、声量がとにかく半端なくてどこから声を出しているのかとまたなるとは、となってました*7
そして浅倉さんを見てて思ったのはやっぱり小室さんをルーツにしているだけあって機材が何時ぞやの雑誌*8で見た通りのガチ仕様でしたし、YU-KIさんとご一緒だった「Crazy Gonna Crazy-AXS ver.*9のときに普通にmini kaoss pad使ってたの見て予習で見ていた動画の通りだってなって、機材大好きなオタクである私はもちろんテンション上がってました。
あとaccessにも振りがあるのを現場で知ったので、こんなところでV系通っていた過去が生かされることになろうとは、となりつつルンルンで振りをやっていました*10
そして最後が「永遠Dive」で分かってらっしゃるー!となりつつ超盛り上げて終わらせていたので、燃え尽きるしかなかったです*11
 
そしてライブ自体はアンコールは2組によるGET WILDと、もう会場の皆さんが大熱唱するしかない終わりでおおよその人が「これだよ!」となる空気が伝わる素晴らしい展開になり、本家*12とカバー共に聞けるという大変嬉しいアンコールでした。
すごかったガチな2組による「GET WILD」…。
そんな終わりを見た後、燃え尽きながら「夏が終わった…」と独り言を漏らしながら家路についてました。
まだ夏はあるんだけど気持ち的に終わったなってなるしかないです。

感想を書き終えて改めて振り返らせてもらうんですが、限りなく原曲でDJ仕様に見せるライブをするTRFと、原曲をリアレンジしまくって今を聞かせるaccessという比較を上質すぎるにもほどがあるライブで見せてくれたという意味では大変貴重な一本でした。
正直初見の人間からしたらチケット代安すぎると思うくらいには良いライブだったので、30周年の時もぜひ、ぜひ!となりたくなりました*13
とりあえず見に行けて本当に良かった!そんな一本でした!

*1:業務中BGMはこの2組だった上にライブアレンジ予習までしてました

*2:正確にはPAから4列後ろの30列目という史上最高に良い席を当てました

*3:大阪公演の前に怪我したらしく、そこに行けば早く治るというお医者さんに行って完治させた上という風におっしゃってました

*4:一部界隈にわかりやすくお伝えすると、ルナフェスで言うBUCK-TICKのようなことをしてきたようなものです。

*5:特に「TRY AGAIN」は本当に歌いだすまでわかりませんでした

*6:一瞬Blue Stahiを想像させるアレンジもあったのでまぁテンションあがりましたよね。

*7:マイクの位置が離れてても変わらないって凄すぎると思うんだ

*8:確かサンレコだった気がします

*9:これ実は前日に見ててやったらしんでしまうとなっていたら本当にやって爆死していました

*10:わかる人にいうとPIERROTよりは簡単でしたとだけ

*11:ちなみにタオル投げる曲なのでタオルあればより楽しめたなぁという反省点もあったりなかったりします

*12:数年前のCDJに出ていた時に聞いてるんですねぇ

*13:でも30周年の時みなさん全員50オーバーというか、TRFの男性陣お二人多分還暦越してるのでは、ともなったよね

無事生きてるので生存報告だよ!!!

というわけでお久しぶりです。
いつぶりかとカウントして見たらかれこれ7ヶ月ぶりですか、約半年と少しほどブログ更新のお休みをいただいていました。
とりあえず7ヶ月間何をしていたんだい、という近況やら諸々を書いていけたらと思います。

  • まず何をしていたんだい

えーとまず挙げる話題といえばこちらですかね、何をしていたのか。
とりあえず要約すると、

「体調が悪すぎたのである程度落ち着くまで療養だの対策法をひったすら模索してました」

の一言に尽きます。
というのも、前回のブログを更新した直後あたりから体調が落ち着かないといいますが、なんか何してもダメだっていう状態が続いてしまい、毎日フラフラしてまして。
一番ひどかったのが3月末くらいで、もう通勤しているだけでも手一杯な状態で起きているのがやっとな状態でした(もうあんな状態戻りたくない)*1
4月に入り仕事も少し忙しくなり始めてこれはいかん、となったはいいけどもう解決方法ないのか!としょぼくれていたら確かツイッターだったかにラムネが二日酔いにいい、という内容のものを見たんですね。
そしてその直後に「頭に栄養が行き届いていないと大変なことになる」「そして頭の栄養はグルコースのみ」という旨のツイートを見た時でした、これだ!!!という感覚。
こいつぁさっさと取り入れるべきだ!ということでコンビニにラムネ買いに走り、食べ始めるという誕生日を迎えるというシュール極まりない展開を迎えたというコント。

そしてその直後あたりから体のむくみ(特に顔)がとれ、気圧にあまり負けなくなってきたのがきっかけでいろいろ体調改善を試みたんですが、睡眠時間を多少気にするようになったら、体調がみるみる良くなっていき、今年珍しく仕事をあまり休まずに済んでの今です。
医療系勤務の友人が言うのはラムネとか体にそんな効果はないので *2プラシーボ効果ではっていう結論が出ていますが、まぁこちらとしては少しでも体調が改善されればいいので結果オーライです。
とはいいつつもこの酷暑エンダァ天気の変わりっぷりに振り回されているので攻略はもう少し必要かもしれませんので、引き続き自分の体攻略は続けていこうかなっていうそんな感じです。
ということで次の話題にいきましょう。

  • とりあえず体のこと以外の近況もついでに

体以外の近況といったら、まず昨年末に転職した職場ですかね。
今現在はいろいろ書いたりコーディング勉強始めたりとやっているので、割と充実しています。
やっぱりある程度の自由があっての仕事っていうスタンスのがいいのかもしれないなっていうのと、テストも無事受かり、当初の給料よりは上がってはいるのでまだまだやらないとなぁと思っています。
とりあえずサイトとかWordPressで諸々できるようになったら同じく休んでいるコスメブログとか諸々を統一したサイトを作りたいなってなってきたので、そうできるようにさらに修行していかないとなぁとなりました。
しかし会社引っ越した日に食べた人生初ふぐが美味しかったのでまた食えるよう頑張りたいです。あとフカヒレ
そしてこの仕事の文章を書く作業のおかげか、薄い本活動の原稿が超順調になったといいますか、1日でどれくらいかけるかというタスク管理がより出来るようになった気がします。
1日にどのくらいの作業が進められるかが分かるだけで色々やれることも増えたので、やっぱり今の仕事プラスになることが多いかもしれない。

  • 音楽の話題あれそれもどうぞどうぞ

そして多分このブログ読んでる人が一番気になるであろう最近聞いていたものやらニュースとかなんやらについてですが、 邦楽ばかり聞いていた印象が強かったです。
というのも先ほどしれっと話題に出した薄い本作りのためのBGMとして邦楽を聞きまくっていたからという事情があるからなんですが、その中でも特に聞いていたのがPassCodeでした。


PassCode - Ray

 アイドル!?ああ、アイドル…となりつつ普通にこの動画の曲こと新譜「Ray」を聞いていたんですが、気づいたらアルバムほぼ聞いていたという無意識の手出しっぷりをかましてました。いつものことですね。
ドキュメンタリー見てたら「可愛くなったらやめる」と言い切ってたところがカッコいいなぁとなったのは言うまでもありませんね*3
バックバンドも凄そうなので9月のツアーに行きたいところですが、スケジュール的にどうなのやら。
あと聞いていたのは次の話題にとっておきます。
で、洋楽だと今年のフジロックに出演したTHE FEVER 333がすこぶる良い!となってました。


THE FEVER 333 - Soul'd Me Out

System Of A DownとかRage Against the Machine辺り好きな人がホイホイされるんだろうなぁとなってたらそれ私のことやんとなってました*4
しかし本当にこういう音楽が好きなんだなって改めて思ったので、来年3月の来日本当に楽しみにしたいところです。

そしてニュースと言ったら訃報やら脱退やらが続いていたもんなのでまぁ、色々鍛えられたなっていう感じなのはいうまでもないですね。*5
downyの青木さんの訃報とFear,and Loathing in Las VegasのSxunさん脱退はショックだったといえばショックだったんですが、その反面きっと先々そうなるんだろうなぁと想像出来てしまう自分もいて、色々見すぎているんだなぁと改めて思った次第です。
しかしこうなるとどこか分かっていたからこそなのかも、ともなってしまいますね。うーん色々難しいもんですね。

  • 次の話題というか記事はもうあれしかないっすよ

ということで音楽の話題といえば話題なんですが、これはライブレポを久々に書きたいと思えたものだったのでここでは軽めに。
今年のライブおそらく3〜4本目かな、多くの人がフジロックのストリーミング放送にはしゃぐ中一人7/27にaccess×TRFのジョイントライブに行ったんですが、

まぁやばかったですよ色々と

ということでどうやばかったのかを次の記事にできたらと思います。
これは伝説になってしまったので私がまとめなければ…!

という感じでした。
色々書けて楽しかったーとなれるくらいには回復したので良かったよかった。

*1:ツイッター見直したらこれはあかんってなる感じのツイートしかしてなかった

*2:年下の医療系勤務の友人に言ったら「そんなんないですよ」のスッパリ言われた

*3:女性に対して求めるギャップがカッコいいとかそういう類なのでそりゃたぎるよねっていう話

*4:そしたら兵庫氏も言ってて笑ったのがフジロック三日目のTLでしたね…

*5:しかし片方のニュースのせいでテスト受けられなかったのは情けないなって思おうな

寒すぎてさむすぎて

気づいたらあれ、成人式どころかセンター試験が終わってます!?
ということでもうかれこれ3週目?に入っておりますね。
ここ最近と言ったら仕事してたり休んだりと社会復帰してたんですが、そんな中でもまぁ色々ネタありましたのでお送りしようかと思います。

  • 毎年恒例の初詣に行ってきました
まずは毎年恒例、代々木八幡へ初詣に行って参りました。
今年は余裕を持って5日に行こうと決めていたので、ゆるりとお昼過ぎぐらいに現地着だったのですが、本殿よりやっぱり奥の方が混んでいて皆正直…*1となりつつフルでお参りしてきました。
毎度恒例高望みせず挨拶してからおみくじを引くといういつも通りの流れをやってきたんですが、今年はどうやら大厄の割にはいい事あるくさい内容だったのでそうなるよ
うに誕生日過ぎたらお祓い行って、仕事やらプライベート全力で行きたいと思います。しかし今年初詣関連の記事を書いてたのもあってか作法とか諸々完璧にできたのは個人的に1番の変化というか嬉しかったポイントなので、今後もこんな形で仕事が実用的に活かせられたいいですね。

 

ということで次の話題はこちら、会社の初詣で豊川稲荷に行ってまいりました。
豊川稲荷は商業の神様らしくそれで毎年行ってるのでそこに現地集合な!とまぁアバウト過ぎる待ち合わせ方法で当日迎えたわけです、諸々失念してたので究極の記憶頼りっていう凄い状態でしたけど。
赤坂駅からも歩けるとわかったオタクなので千代田線に乗って向かったわけですが、これが帰って命取りな結果になってアバババとなってました*2、無事間に合いましたけど。
そして全員集合無事できたのでお参りしてたんですが、見覚えのある人が何人かいて*3「!?」となりもしや…と思って調べたら豊川稲荷って音楽の神様もいるんですね。
なるほどなぁ〜となりつつそのままお参りして会社に戻りましたけども。
とりあえず毎年ああいう心臓に悪い思いするのかと思うとヒェッとなりますが、願い事はまぁアバウトに済ませましたとさ。
高望みは禁物です。

 

  • 今冬のアンセムはこれっきゃない

次は冬のアンセムと大変あの雑誌の人たちが使いそうな表現のタイトルでウゲーとなりますが、これしか浮かばなかったので容赦なく使います。
とある日にtwitter見てたら流れてきてたのでyoutube見てみたらもうだめだ、となるやつでしてね。
分かってはいたんだ、予想はついてたんだこうなることは。


打首獄門同好会「布団の中から出たくない」


というわけでおれたちの打首獄門同好会の新曲でーす。
日本の米の時あたりから聞くようになって姉共々チェックするようになったんですが、音しっかりしてるけど歌詞が素晴らしく生活密着型を極めてて首を縦に振るしかないよねってなりました。
だってこれ正直な事言いますと毎朝の私そのものですもの*4
ここまで自分の心境書いてくれた曲初めてじゃないかとなるくらいにはまんまこれだとなるのが打首獄門同好会だよなぁとなりました。
そしてこの曲中国ですごい話題になったのを見て、即ワールドワイド対応と称して英詞つけた動画*5もあげてるのも流石すぎて笑ってた記憶です。
今の音楽業界のない対応の早さに感心しつつ普通はやらないもんねそんなこと、ともなってました。

 

  • コスメブログ作りました
ということで前々からお話していたお仕事用も兼ねてコスメ用の話題を書くブログを作りましたー。
アドレスはこちらになります。

satomiycosme.hatenablog.jp


多分話題が出来たら書くみたいなスタンスで行くつもりなので、ちんたら更新とな上に参考になるかわかりませんが見ていただけると幸いですー。
とりあえず次の記事はやっとパーソナルカラー分かった!みたいな記事になると思います*6

今回は以上のような感じです。
とりあえず家帰ったら引き続き仕事頑張りつつガンダムWのサントラ探さないとー。
聞きたい時に無いと辛いって言う久々の状況味わってるので早期解決を図りたいもんです。

*1:奥は出世稲荷があることで有名なんですよね

*2:確か最終的に20分くらい遅れてました

*3:インスタ見たら甘酒あげてて笑いましたとだけ

*4:しかもストーブではなくエアコン付けてる人なので余計起きれないよねって言う

*5:詳細はこちら

*6:長年これだと思ってたら実は違ってた言う良い例なので記録しといた方がいいかなぁというアレです

明けちまいました2018年

ということでタイトル通り明けましたねおめでとうございました!(わざと過去形です)
毎年明けましたねってタイトルだったので今年からちょっとひねりを加えてこんなタイトルという有様ですが、今年も当ブログをよろしくお願いいたします。
近況と今年色々やりたいなぁと思うことを書けたらと思います。

まず年末年始ですが、かれこれ7年ぶりのカウントダウンライブ、lynch.を見に名古屋までどんぶらどんぶら行ってました。
ファンの皆様それぞれ色々思うこともあると思うので詳細は控えておきますが、個人的には「おかえりなさい」の一言をお送りしたい、そんなライブでした。
ああいう現場久々にいましたが、あんなにいいもんだとは思いませんでしたよ、正直。
あ、でも会場内BGMがSystem Of A DownzilchKORNの流れとMassive Attack縛りだったのは胸熱だったのとJさんの「Die for you」カバーが聞けた*1のは本当に嬉しかったですということだけはお伝えしときます。
いやーMassive Attack縛りの時にまさか「A Prayer For England」が聴けるとは思いませんでした*2
そして翌日は友人と二人で念願の名古屋港水族館に行ったんですが、2000円じゃ安すぎる素晴らしい水族館でした。
マツコの知らない世界の水族館の世界に出ていた水塊おじさんのプレゼン内容が納得もので、スケールの大きすぎる水槽の多さに加えて水槽に使われているアクリル樹脂の見本が置かれていて、二人できゃっきゃしてたのがハイライトでしょうか。
あと超寒い中見たイルカショーが素晴らしく面白かったです、BGMがガチすぎて*3
もうあまりの良さに名古屋に来たらオススメのスポットに加えたいなって思えるくらい良い水族館だったので行ったことない人は是非とも行って欲しいです、特にシャチ萌えの方にとってたとんだ天国だと思います。
といいつつ名古屋から帰還した翌日は爆睡してたせいで新年会×2をすっ飛ばしてしまったのが心残りです、すいませんすいません。

そして今日から外部の仕事的な意味で仕事始めだったのですが、a perfect circle*4をBGMに進めた結果先ほど無事終えましたのでこの記事を書いてるに至っています。
目標とか抱負は実際できなかった時のダメージを思うとアレなので、今年は超軽めに掲げておきたいと思います。

・とりあえずもっと色々なライブに行こう
これが昨年でおそらく一番反省しなければならない点だった気がします。
というのも去年本当に珍しく年間の半券の量が2年前の半分以下という個人的にどうした!となるような量であまりの引きこもりっぷりにびっくりしたからなんですけどね!いやほんとびっくりした昨年の半券の少なさ!*5
とりあえず今年はもっと色々とライブ行けるようにしたいものです、もちろん人に会ってゆっくりご飯食べる機会設けつつですけど。

・仕事をがんばろうね
昨年末にさまざまな覚悟を決めて仕事を転職したので、安定させるという意味でもなんとしてでもやったろうということです。
今いただいているお仕事も全力で頑張るのはもちろんですが、お仕事を得るためにも様々な努力を重ねようなって意味でもこういう風にしてみました。
まず一本の記事を搔き上げるペースを掴めるようにならなければっていうのが当面の目標になるんでしょうけども、とりあえず後述するオタク作業と同時にできるようになれたらと思います。

・自分磨きも忘れずに
毎年恒例になりつつありますが、今年も自分磨きをノルマとして入れたいと思います。
昨年も色々と頑張ったんですが、割と無理しているところもあるなーと思ったのでマイナスできるところはマイナスしたいですし、ここはプラスにすべきだろうと思うところはプラスにしていけたらっていう、要はバランスをちゃんと保ちつつ自分を磨きたいなっていうそんなゆるいものです。
見てくれだけでなく色々とできることをしていけたらなぁと思います、色々とね*6

・オタク活動リターンズ
ある意味これが一番でかい目標かもしれません。
昨年書きたい!と思える作品があったので、それをまず書きたいなぁとなってますし、それで筆を進めるペースを取り戻すのもありかと思ってます。
しかし昨年大掃除したのに薄い本を手に取っているからオタクって怖いなって思います*7
とりあえず備州の刀の沼具合は半端ないなぁ!、とだけ記しておきます。

以上が今年のゆっっっるい目標というか抱負になります。
プレッシャーかけることも大事だとは思うんですが、昨年それで若干うんうん悩んでいたところもあったので、軽減できるところはするべきかなぁという風に気づいたのが大きいかもしれません。
とりあえず今年藻こんな感じでやってこうかと思ってますので、お会いする機会ありましたらよろしくお願いしまーす。

では明日あたりに初詣に行こうかと思います、色々買い物してからですけど*8

*1:しかも葉月さんベースだったんですけど、本当に弾き方がJ氏そのものすぎて感涙してたのもいい思い出です

*2:少なくとも流れた現場にいたことがなかったので特定したときびっくりでした

*3:ギターとベースがガチすぎて?!となってたらガチで依頼していたことがエンディングで発覚して爆笑してました

*4:実は今年初新譜が彼らのシングルだったんですが最高すぎるのでぜひ→Youtube

*5:下手すると2.5次元の姉の半券のが多かったくらいですからね

*6:昨年行きそびれていた博物館や美術館、あと旅とかねっていう

*7:しかもそれで5000円以上軽く飛ばしましたあっははは

*8:iPad用キーボードを買った方がMacBook Air持ってかずに済むのではと気づいたオタクの行動力の結果です

2017年ベストなもの発表

というわけで一部の皆様、大変お待たせしましたー!
2017年度のベストの発表でございます。
今年は毎年のように掃除してシュレッダーが止まった時に、というのが出来ないので今回の更新です。
とりあえず今回はCD、ライブ、旅行、コスメと言った形で進めていきます。

  • ベストディスク
まずはベストディスクですが、今年も例のごとくかなり悩みました。
昨年は邦楽が辺りだったのですが、今年は洋楽が大当たりなものが多くてそれで余計頭抱えてましたね。
という前振りを経て今年のベストディスクはこちらです。
  1. RIDE 「Weather Diaries」 

Weather Diaries

Weather Diaries

 

 まずはTwitterの皆さんがやはり*1、と思うRIDEの「Weather Diaries」。
とりあえず今のRIDEってこんなカッコいいんだ…と思わせてくれるには素晴らしすぎる1枚でした。
ほんとリリースから経っても何かしら聴くことが多く、その度にそうなのか!となっていた記憶があります。
HCANの時3曲しか聴けなかったけど、それでも新譜の曲が強烈に印象強かったのはやはりアルバムが良かったからか、となってました。
この辺を思うとベストディスクと呼ぶには相応しい1枚かなぁと思います。
正直Arca、Blanck Massと超悩んだんですが、聞いていた頻度の高さ的なものを思うとこちらかなぁという選択です。
そんなベタ褒めを経て2枚目はこちらになります。

  1. Awich 「8」

8

8

  • アーティスト: Awich,Chaki Zulu,Ke Yano$,STiKz,Deejay Abstract,letgo.,June Jissle,Daisuke Nakamura
  • 出版社/メーカー: YENTOWN / bpm tokyo
  • 発売日: 2017/08/08
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 2枚目はこれを打ってる今まさに聞いているという一枚、国内HIPHOP、しかも女性ラッパーAwichの「8」です。
これは国内で一番大当たりだったなぁと思えるものでした。
個人的に女性ラッパーはなかなか好みの方がいらっしゃらなかったのですが、個人的に初めて好きだなぁと思えるタイプの方で、「超待ってましたこういうタイプ!!!」となったのは覚えています*2
あとインタビュー読んでてリリックがああなのも納得いったりと掘り下げがいがあるお方というのも分かったのもポイント高かったかもしれません。
個人的にライブ見に行きたいなぁと思ったんですが、見事にスケジュール合わずだったので来年一度は見たいです。てか行く!
そして次はベストライブですが、これはほぼもう一択でしかなかったので対して悩まなかったというゲフンゲフン。

  • ベストライブ

cracker3103.hatenablog.com

 いやーベストライブどう考えてもこれでした今年は。
本当に楽しいという印象しかなかったHOSTESS CLUB ALL-NIGHTER!
ここまで人がいないのに*3出ている面子が最高にもほどがあるのは早々ないですしね。
個人的にRIDEとSt. Vincentをはしごしたり、明け方のBlanck Massという大変貴重な経験もできたという意味でも素晴らしかったと思います。
そしてこの3組が今年のベストライブでした。楽しかったーほんと。
あとフェスドリンクとして日本酒じゃなくてハイボールのが楽だというのにも気づいたのもこれだった気がします。でも日本酒のがすk(ry。

というわけで今年の音楽周りは洋楽が当たりなのが多かったのと、ライブ一本の満足感が増すようになってライブにそこまで行かなくなったのが大きい一年でした。
来年は仕事でよりいける本数少なくなると思いますがまぁそれはそれで。
そして次は旅行です。

  • 旅行

cracker3103.hatenablog.com

 ということで旅行は完璧にネタとしてこれです。
いやーまさか台風で予定が全部変わったりギリギリまでこうせめぎ合いになるとは思いませんでした!
この旅行はそういうトラブルというトラブルが全部詰まったという意味では非常に良い経験だったと思います。
ここまで色々ありすぎるともうなんでもネタとして楽しめるんだなっていうことがよく分かり、ますます物事のネタ化を喜んでやろうと誓ったくらいです。
でも3月の旅行もそれはそれで面白かったんですよねぇ、友人のニットが猫さまに食いちぎられたりとかしましたし。
とりあえず来年の関西旅は9月〜11月くらいに刀*4を見に行きますので関西方面の友人各位よろしくお願いいたします(私信)。
で、最後は完璧に趣味レベルとしてベストコスメです。

  • ベストコスメ

 

satomiさん(@satomiy_)がシェアした投稿 -


とりあえずアイテム別にチョイスしましたが、この4品です。
SUQQUだらけになるかと思いきや、案外そうでもなかったのが安心ものです*5
アイシャドウは本当にオレンジ似合わないって思ってた人が似合ってビビるという色味でしたし*6、チークも秋だけかと思いきやどの季節でも似合う恐ろしい一品ですし、リップは一気に心身引き締まる色味なので、ボブヘアに戻した身*7的には大変素晴らしく合うものです。
あとナチュラグラッセのアイブロウパウダーは黒髪の救世主と言ってもいいほどの色味だと思います、黒髪の人まず試してほしいほんと。
あと今年コスメ関連でいうと実はイエローベースの冬だということが発覚したり*8、肌質がインナードライだと完璧にわかった上でスキンケア改善してよりかなりメイクで遊べるようになり、非常にメイク的な意味で大きかった一年でした。
この調子で他のブランドも開拓して行きたいところです、特にCelvoke辺り!

 

と、いうわけで以上になります。
今年は部屋の模様替えしたりうっかり旅行行きまくってほんと散財したなぁと思う一年だったのに加え、来年から半フリーランスとして本格的に動く+とある趣味を復活させるのでライブは確実に減りそうですが、とりあえず見に行きたいものは見に行けるようにしたいです。
とりあえずRIDEは行くと思います、あとルナフェスか。

そして最後になりますが、みなさま今年も一年お世話になりました。
来年から仕事をバリバリ頑張りつつ色々見たりお買い物できたり、はたまた旅に出れたらと思います。
それでは良いお年をー!

*1:って思うくらい話題によく挙げてましたね

*2:Shigo2をふと思い出しました聞いてて

*3:人通り的な意味でも本当に最高だったので来年も有料化お願いします

*4:いつも1月福岡でしか展示されない人が京都に来るから真顔の行く選択ですよもう

*5:ってなるくらい今年SUQQUかTHREEしか買っていなかったんです

*6:SUQQUの店員さんに普段「オレンジはない」と言われていたのにこれだけはすごい勧められたくらいには素晴らしい色味です

*7:ロングチャレンジしてましたがやっぱり無理!となって先日切りました

*8:やけに似合うブラウンがグレーがかっていたのを見たあたりからもしや…となってたら実はでした

lynch.の秋ツアー感想まとめたよ/201701020,1104,1110 lynch. TOUR'17「THE BLØODTHIRSTY CREATURES」六本木、大阪、浜松

ライブの感想はいつぶりかと調べたらまさかのHOSTESS CLUB ALL-NIGHTER以来で時の流れの速さを自覚しつつ久々のライブレポです。
lynch.の秋ツアーが先日無事終わったので自分が行った分が終わったのでそそくさとまとめていこうかと思います。
今回行ったのが初日の六本木、玲央さんバースデー翌日の大阪、チケット即ソールドアウトだった浜松の3箇所でしたが*1、1ツアーにつき3本の縛りを破ること出来なかったのがなんともですが。
とりあえず今回特記すべきことを項目別に分けて感想を書こうかと思います。

  • セットリストが歴代でも一番バランス取れていた

ということでまずはこちら、セットリストが過去最高にまとまっていたという感想。
新譜や昨年のアルバムは勿論ですが、インディーメジャーの選曲バランスは過去最高に取れていた気がします。
今回じっくり聴くならMOON始まり、がっつりはしゃぎたいならEVOKE始まりという2パターンな上にアンコールもある程度決まったものとD.A.R.K.リリースツアーの頃くらいまでのものとなっていました。
やはり来年の幕張を意識したものにしたのかというのと、変に変えてしまうよりかはセットリストのパターンを明確にしていた方が手を出しやすいのもあると思います。
あと仮に私自身が中の人になったとしてもファンが勧めるベストなセトリって?となったらやはり新譜と新旧問わずにという形にしますしね。
なので、今回のようなセトリは初見の方にはベストに近いものだった気がします。
そしてその位置は初めてだな、となるような曲もいくつかあったなぁともなりました*2
プレイリスト実際作って聞いてみてもいたんですが、流れとして途切れるどころか違和感なく聞けているのでその辺は流石だなぁと思います*3

  • 再録曲は強いんだなぁと

次に今回曲関連で一番強烈に思ったのが「the whirl」再録版のライブ映え具合についてです。
いやーこれは本当に再録して頂き有難うございます!と思わず名古屋方面に御礼申し上げたいくらいには良かったんですよ。
入りがとてもライブで組みやすいようになったように思いましたし、何よりも楽器隊、特にギターの音がより鮮明になったことで素晴らしいものとなっていました。
しかし何よりも葉月さんが奏艶をやり始めたことによってボーカリストとしての表現力がとんでもなく進化したことが大きいのではないかなぁと思います*4
ほんとバラードというかミディアムナンバーは「が、頑張れ!」となることが多々あったので巣が、今回それがなかったので奏艶が良い影響を与えているのだとなりました。
あと今回特記すべきことが更に照明映えする曲になった点です。
「the whirl」は元々赤の照明が非常に映えていたんですが、今回の再録版はそれがより深まった気がします。
イメージでお伝えすると今までは単純に赤、だったのが今回から黒が混じった赤、血みたいな感じ。
そういう意味でも曲が進化したのが垣間見えたのは嬉しいものでした。

  • 音響と演出共に大阪がダントツでした

そして次はライブ会場の感想です。
今回はツアー内最大キャパクラスの六本木と大阪、そして500だかそれくらいの浜松というとんでもなくギャップある感じでした。
まずタイトルにあるように、初なんばHATCHlynch.で本当に良かった、と思えるくらい大阪が素晴らしかった!
何が良いって、もう音響がハンパないです。
なんばHATCHも場所としては上手寄りの後方だったにもかかわらず音が非常にクリアでびっくりしました。
音響に関してはいつぞやのMy Bloody Valentine三日間行った時に場所変えて見て良さが分かった新木場COASTだったのですが、なんばHATCHも同じことをしたらそのレベルになるかもとなるくらいです。
あと今回のツアーは天井高いライブハウスの方が照明が非常に映えた印象が強かったです。
これは「the whirl」の時に特に思ったことで、正面から天井に行くパターンの照明を多用してたのもあり、浜松のように天井が低いと微妙だったんですよね。
なのでそう言う意味では六本木も良かったんですが、理想的だったのは大阪のなんばHATCHだったなぁと思います。
この調子でますます来年も関東離れが進みそうです、旅行行きたいしね何よりも。

  • 会場内BGMが過去最高にマニアックでオタク大歓喜

と言うわけで今回ある意味一番熱かったのが悠介さんチョイスの会場内BGM。
ここ最近は割と皆が分かるチョイスが多かったのですが、今回は見事に違いました。
とにかくマニアックすぎていつも通りにshazamを使って特定しては「これ分かる人少ないだろ…」となるくらいでした。
ちなみにそんな風に思ってしまった今回分かった分がこちら。

Union Of Knives「Operated On」

youtube.com


Arcane Roots「Everything (All At Once)」

youtube.com


Joy Opposites「Head Full Of Tongues」

www.youtube.com


Marilyn Manson「Say10」

www.youtube.com


A Lot Like Birds「Trace The Lines」

youtu.be


MUSE「Shrinking Universe

www.youtube.com


Slipknot「People = Shit」

www.youtube.com


※これだけ浜松で確認できた曲
System Of A Down「Chic N' Stu」

www.youtube.com


で、ライブ始まる直前がこれ*5で、おそらく全会場そうだったと思います。

The Mad Capsule Markets「Creature」

www.youtube.com
というわけでえ、普通じゃんと思われますよね。
しかしよく見るとメジャーどころの隙間にどうした!?となるのがお分かり頂けますでしょうか。
初っ端からUnion of Knivesとか分かる人ホントいたら奇跡レベルな気がします、何せ会場で騒いでいたのは私だけでしたし…*6
あとJoy OppositesとかA lot Like Birdsとか来たときにさらに「うわー!」となってたので悠介さんホントフジでいうレッドとかヘブン、サマソニでいうソニックとかの住民なんだろうなぁとなりました。
しかし本当に今回はどうしたんです!?となるくらいにはよい選曲だったと思います。
ライブ前に激しいのもいいけど、こういう方のがやはりしっくりきますしね。

といった感じでした。
次のツアーの前に幕張なのかな?となりつつ今後のライブが楽しみです。
またこういう形でまとめていけたらなぁと思います。
次は何だろう、ブクガかな?行けるかまだ分からないのでアレですが。

*1:本当は葉月さんバースデーの広島も行く予定だったのですが、色々あって行けなくなってしまったという裏話もあり

*2:昨年のアルバム収録曲である「KILLING CULT」と「THE OUTRAGE SEXUALITY」が4曲目だったところです

*3:あと傾向を見せる意味でもプレイリスト作成は割とオススメです

*4:自分の曲を歌う以上に他の方の曲を歌うのは難しいですしね

*5:いつもTAKESHI UEDAのパートが入った辺りで会場照明が暗転していたのがシュール極まりありませんでした

*6:来日逃した上にもう解散してるんですよね、彼ら…