Soliloquy in non-daily life

ただのひとりごとの、くりかえし

三連休とはいっても

ということで今年初の三連休、例のATMのあれそれもある上に究極に寒い。
本当はスタバで作業、もしくはテスト勉強かもなぁとなりつつ自宅で引きこもっているというわけです。
とはいっても、雪が降れば話が変わる半分新潟県民でもあるから複雑なところです。
ではちょっとだけ。

まず、今週頭から始業日だったわけですが、例年通り初詣からの会社驕りのランチ、仕事という流れでした。
オンオフより分けられるようにと、新年会やら諸々のときに買った手帳を活用しまくった結果、ようやくいろいろと自分の課題も見えてきたというのが今週一週間働いていた感想でした。
やっぱり書かないとダメなんだなっていうことを改めて再認識できたので、その点諸々見直したいものです。
あとテスト勉強のこともいろいろ話聞かないとどうやればいいのか分からんわーってことが分かったのも大きかったように思います。
なので、いろいろとやれるように効率化を進めていけるようになるためにも、更に見直さないとですね。
 
そして今年体を鍛えるのも兼ねて、プロテイン生活をゆるく始めました。
頼んだのが年末だったのでようやくこちらが届きました。

AmazonよりもiHerbで購入の方が安いと思うのでこっそり:iHerbのページ


そう、テキ村さんのブログを参考にしたのがバレバレなこのプロテインです。
まぁ、もともと国内製の味が苦手なものが多かったので、海外製のでいいのないかなーとなってたときにこれが目に入り、チョコレート味を購入しました。
海外製のプロテインたんぱく質やカロリーが国内よりバランスが良いだけではなく、普通に美味しくてお腹のもちも良いっていうメリットがあるので、一週間飽きることなく続けられています。
ちなみにこれを朝食、おやつ、筋トレするときは筋トレ後に飲むようにしてて、一週間でも割と体が引き締まったなってなってます*1
そのため、朝なかなか起きれなかったり直色作るのが面倒っていう人は夜作っておけば普通に飲んで終わり!とできるのでオススメです。
多分物足りなくなってBCAAも買う未来が見えますが、買ったときにまたネタにしようかなと。

あと、前々からゆるく考えていたコスメブログをnoteに変えました。

satomi|note
https://note.mu/satomixxx

はてなさんだと長く書かないといけないのかなってなっていまいち更新しにくかったのが大きいんですが、noteはその点ゆるくまとめられるので助かります。

まず手始めにパーソナルカラーの一件をまとめ直していますが、多分そろそろ日常使ってるものとか、実際買い物して良かったものを書くゆるーい感じにしたいと思っています。
そして更新した時はtwitterに更新したっていうアナウンスをしますので、ゆるく見ていただけると幸いです。
とりあえずパーソナルカラーは同じパターンだった人*2がいたので安心。
ゆるーく更新したときはこいつこんなことしてるのねっていう風に見てもらえるととてもありがたいですー。

ではそろそろ寒いのでお布団に…じゃなかった、やることをやらなければ。

*1:おそらく私の場合は毎日1〜3駅分歩いているのもあると思うのであれですが

*2:ちゃんとパーソナルカラーを診断したんだそうですよ

新年ですよ2019

まずは明けましておめでとうございます。
今年も緩いにもほどのある当ブログをご贔屓していただけると幸いです。

まずは年末年始どう過ごしていたかと言いますと7割がた買い物or散歩、2割は飲み会、残りは家族関係というこれまた緩い感じでした。
買い物は予約してたコートから欲しいコスメ、さらには仕事用or普段用手帳、そしてコーヒー豆という己に必要なものを購入してました。
いずれも前々から欲しいものだったので迷いなく変えたのが何より。
その合間に歩いたりしていたのですが、やはり10km歩かないとダメなのだなぁと改めて思い知らされていたりそうでなかったり*1
そして飲み会は友人宅で友人以外は初対面というぶっ飛んだ飲み会だったのに結果盛り上がってまた春にやろうと約束し、ある意味初の我が家で鍋パーティーはモリモリ食べてゲラゲラ終えられて平和でした。
と言いつつ飲み食いした量はやばいにもほどがありますけども*2
家族関係は祖母のお見舞いに行ってゆっくり話すというイベントを元旦に行うというぶっ飛んだ感じでしたが*3、家族孝行できたかな、と思いたいところです。
相変わらずのマシンガントークや的を得すぎた発言にウヘェと撃沈したのは相変わらずでしたが、翌日体調少し良くなったという母からの情報に驚愕を抱いたという流れもあったとかなかったとか。

てなわけで今日までの近況を日程問わずゆるくまとめたところで、今年の抱負!といくわけですが今年はアバウトに2つだけ挙げていこうかと思います。

  1. 作業効率・収入を上げるために生活サイクル・作業環境を見直す
  2. 英語を最低限覚えるよう努力する

以上の2つです。
昨年ITmediaさんの媒体にお世話になり始めてから、まだまだ作業効率が悪いと気付けたので、その点を見直さなければ収入上がらないなーとなってまして。
そしてそこからさらに生活サイクルや作業環境を見直そう、ということで1つ目を挙げました。
まずはiPhone買い替えのこのタイミングでiPad Pro導入を検討せねばで*4
そして2つ目はここ近年ほんっっっっとうに海外の方に間違われたり、はたまた道を聞かれることが多すぎたことが発端。
といいつつ私自身も迷って人に尋ねることとかあるので、道を尋ねられるのは全然構わないんですが、英語で答えられないのが悔しいと言いますか、申し訳ないなぁとなりまして。
ボディランゲージ卒業からの英語でゆるく返せるようなレベルになれるよう、今年は少しずつ英語を学べたらなぁと思っています。

とりあえず今年もゆるーくこんな感じにお送りしていく予定です。
今年も宜しくお願いします。

*1:全てはゲームセンターCXのスタンプラリーのせいです

*2:歩いてたのが無駄になったくらいの感じですとだけ

*3:そして体がバッキバキになりすぎて車移動は無理だと悟った日でもありました

*4:実物触ってすぐ導入と考えるくらいにはチョロいです

もう年末だったね2018

前回の反省が生かされることなくもう年末でした、お久しぶりです。
は、早すぎる…!となりつつこちらをバシバシやっております。
原因はいろいろあるんですが、てめぇの怠慢がもっともな理由なので年内最後の反省をさせてもらいます。
と、いいつつも今年の反省点として仕事を始めてから色々ブログ更新を怠ってしまったことや、体調管理が少し出来ず*1、そして人に限らず諸々の粗をすぐ見抜きすぎるという点だなぁと見えてきたのでよしとしましょう。

ということで年末のベスト発表いきましょう。
まずベストディスクはこちら、と言っても今年はそんな聞けていないのであれですが。

球体(CD+DVD)(スマプラ対応)

球体(CD+DVD)(スマプラ対応)

 

ということで、2018年度のベストディスクは三浦大知さんの球体でした。
もうどう考えても最初に聞いたインパクトはダントツでした。
主にゆっくりしたいときに聞いていたんですが、日本でもこういう風にできる人おるんや、となりつつ幼い頃から知ってる人がこうにもなるんだってなったという意味で今回選びました。
是非とも洋楽クラスタの人に聞いていただきたい、とてもR&Bです。
ちなみにご参考までにですが、次点はナンバガ以外のライブアルバム基本聞かない人がいいやん!となったライブアルバムをリリースしたPassCodeの「2016-2018 LIVE UNLIMITED」でした*2

そして他のベストなものですが、twitterにて#ふぁぼされた数だけ今年買ったり、使ってよかったものあげてくというハッシュタグにて貼らせてもらいます。

色々と挙げていきましたが、いずれもコストパフォーマンス通り、もしくはそれ以上というものを選んでみました。
個人的にどれも良かったので、来年も色々課金していきたいものです。
とりあえず来年確実に買うものとして、THREEの新作リップとオーダーメイド枕は確定かな。

そしてコンテンツ的な部門だったら返り咲いた案件ことダントツのゲームセンターCXです。
ふとしたきっかけで仕事をしているときに映像を流したら、過去シリーズ見直しまくっての今です。
スケジュールの関係で幕張いけなかったのは心残りですが、それでも日々の仕事BGM、もしくはスタンプラリーに行こうと思わせてくれたという意味ではすごい大きいコンテンツだったと思います。
今回ようやくスタンプラリーイベント参加できたんですが、あれは本当に楽しすぎでしたし、ファンの方やスタッフの方々との距離感も理想的だったし、続く限り応援したいなぁとなりました。久々に据え置きゲームやろうかしら。

ということでこの文章でもって、今年の仕事納めとします。
みなさま良いお年を〜!

*1:一週間前から10km歩くようにしたら改善されたのでわかりやすすぎて笑っています

*2:勧めるときはこれとZENITHでいいやとなりました

色々あってむっずかしい

え、前書いたのいつだよってくらい過ぎてましたね。
気づいたら冬ですよ冬、そりゃ朝も起きるのが辛くなるわけです*1

とりあえずこの書いていなかった間何をしていたかといったら、そりゃあ仕事しごと、たまに遊びに行ったりご飯行ったり、はたまた色々見に行ったりしてました。
まず、仕事ですが、またしても各方面色々と壁にぶち当りまくっていて、凹むしかない展開なのがなんともっていうそんな進捗です。
忙しいから精神的には安定してはいるけど、何事もうまく行ってなさすぎるので全部厄年のせいにしております*2
基本的に失敗=死みたいに思っているところがあるので、そこをどうにかしたいんですが、はてさてどうなることやら。

次の娯楽案件ですが、色々と遊びに行ったりご飯行ったりっていうのは割と多かった気がします。
中でも大ヒットしたのは先日大丸東京店のこちらで食べたものが最高に美味しかったです。

www.daimaru.co.jp


ランチのタコライスとカレーをいただいたのですが、見てくれと反してピリッと辛さがきたのと、ポテトもサクッとしててボリュームも満点、そして何よりもアレルギーがあるかをしっかり確認していたのがさらに推せるなぁとなりました*3
思ってたより人も程よい感じだったので、またリピートしたいですし、なんならディナー行きたいので今度誰か行きましょう。
 
で、色々見に行ったのは主に刀とlynch.さんのライブだったわけですが。
まず京のかたな展とハロウィンライブのために関西旅行でしたが、超行ってよかった!
京のかたな展は見たかった刀が多く見れたのでありがたやとなりつつ、京都国立博物館のマスコットキャラクターことトラりんさんのファンになってたっていう素晴らしいオチが待っていました*4
そしてハロウィンライブ、昨年行けなかったので大阪だったら!と思ってたら今年そうだったので皆で2F席陣取って見てたら5人中3人が推しキャラだったので震えましたね_*5
そして東京帰ってからも刀見まくってからのライブだったんですが、博物館間違えてたので結果3つ行ったっていう同行者の体力を奪う愚かな行為をしてましたが、結果として面白かったからよかったとしたいです。
ちなみにオチはポケモンカフェでイーブイさんのドセンをうっかりいただいたり、握手していただいたりというフルコースでした。
しかし、この一連のあれそれが楽しすぎた反面、ライブのツアー初日をハロウィンライブにすると後のライブが全部あかんので、初日はちゃんとしたときに行こうという反省点は生まれたことはご報告いたします*6
 
そして最後の近況ですが、第二次ゲームセンターCXブームが来てどうしようってなってます。
最近仕事しながらラジオ感覚に聞いてるんですが、有野課長のぼやきがとても癒しになるっていうゆるい効果が出て案外捗るんですよねぇ*7
あまりにもハマりすぎて少しずつDVD買うことを決めたり、さらに大晦日のカウントダウンは上映会やりつつ年越ししようとなりつつもあります。
フジテレビNEXT加入も検討しないとなー。
 
という感じにカジュアルなスタイルで書いてみましたがどうなんでしょうねぇ。
とりあえずこれからしばらく忙しいぞー。
 

*1:でも今年まだ暖房入れてないのでこの点は褒めて欲しい

*2:そう、今年本厄なんですよ…

*3:調べたらそういうところを推してるようですね

*4:どのくらいファンになったかというとtwitterフォローしてLINEスタンプ買ったくらいです

*5:土方さんとブチャラティと鴉ってコンボきたときもうだめだって言いました

*6:何を見てもあのコスプレしか浮かばないんですよね

*7:といいつつ本当に集中したいときは音楽爆音に戻します

色々考えたり聞いてきたり

 

いつの間に半月過ぎていましたが、先日サマソニとソニマニの日記、仕事関連の記事を書いていたりとボリューミーに過ごしていました。
ほんと忙しくて気づいたら頭皮が疲れていたり手首も痛かったので、ちょっと調整が必要がいるかもなぁ、となってもいますが*1
そしてそうこうしているうちに台風や地震といった天変地異が起きたことによって見直すべき事を見直していたり、色々足を運んだりとしてたのでその備忘録をまとめるとします。
まずはこちらの話題から。

 

 

  • 避難関係の道具見直したりしてました

先日の関西の台風や北海道の地震のニュースを見ていて、各所行った事ある身としては言葉を失うだけになってしまっていたんですが*2、それと同時にこれはしっかりと災害時の避難道具などを見直さないと、となったのでした。
まずいるものといえば、となった時に浮かんだのは衣類や下着だったのですが、これはどうしよう、と思っていたら、バンド関連のいらないTシャツやマフラータオル、バスタオルが使えるじゃないかとなりまして。
なのでこれはもう普段、もしくはライブでも着ない、使わないと判断したものをリュックに数日分、さらにオールインワンクリームや印鑑や通帳も全部入れられたというわけです。
案外バンド関連のグッズという身近なもので避難用のアイテム全部おさえることができるという発見ができた、そんな一件でした。
なのでいらないバンドやアイドルといったグッズが生じるような媒体好きな方は収納スペース空けたりするという意味でもおすすめです*3

 

  • ねとらぼ大飲み会に行ってきました

リアルタイムというかまさしく昨日16日、阿佐ヶ谷LOFTで開催された「ねとらぼ大飲み会」に行ってまいりました。
当日も色々やることをやってからいざ阿佐ヶ谷、そして阿佐ヶ谷LOFTに行ったんですがもう入り口に花届いてたりしてておお!?となってから入場。
そして入ったら思っていた以上に人が埋まっててくる時間遅かった!となっちゃいましたが、すぐ座席確保からのオーダー。
今回は十勝の豚丼とカシスビアをオーダー、話には聞いてましたが本当に美味しいですね…。
そして肝心の会ですが第一部がねとらぼとは?、第二部がとらぼのタイトルの生まれ方、第三部は推し記事紹介という構成だったのですが、

 

いやぁ、行って良かったです

 

いきなりな感想だなって思われがちですが、詳細は正直こちらのtogetterの方が秀逸なので、むしろこちらを見てほしいっていう。

togetter.com

ちなみに今回行った理由としては、先日からお世話になっているけど、どの程度まで書いて大丈夫なのかっていう不安を払拭できるものかなと思ったからなんですが。
もうそれ以上に面白い話も聞けたし、何よりも「本当にNGなものでない限りは何を書いてもいいんだ!」となれたのでそういう意味で行けて良かったなってい思いました。
あ、でも強いて言うなら副編集長がとある例えにエルシャダイのキャラ使ってたのは本当に笑いました!あれはずるい!

ということで色々とホクホクあったのでした。
そろそろ目を休めるのも兼ねてこの辺で。

*1:腱鞘炎フラグかもしれない、とぶるっとなりました

*2:直近で言うとサマソニでお世話になったホテルのエリアがまさに被害があったところでした

*3:そしてまとめたリュックはベッドの足元に置いてあります

夏どころか2018年終えてからのプレ2019年なうです

というわけで気づいたら学生時代でいう夏休み最終日が終わり、9月に突入していたわけですが、いかがお過ごしでしょうか。
私はNine Inch Nailsを追っかける2018年夏こと、まだ執筆中のSONICMANIASUMMER SONIC大阪で見事に燃え尽き、2018年を終えプレ2019年を過ごしております。
いやぁ、今回はそれくらい言いたい夏でした、本当2本ともに行って良かった。
なのでもう少ししたら記事上がると思うんでもうちょっとだけ待っててね一部の方々!
そして今回の近況ですが、こちらの話題から。

  • ねとらぼさんで記事を書かせていただけることになりました

って初っ端からビッグニュースだな?!となる人もいればやっと報告かーい、となる人もいると思いますこちらの話題。
今回無事選考を通過し、ねとらぼさんの方で記事を書かせて頂ける事になりました。
外部のライター業はクラウドソージングでやってたことしかなくて、なかなかこういうチャンスに恵まれなかったんですが、今回やっとこうした媒体で書かせて頂けることになり、本当に有難い限りです。*1
しかし、今回書かせていただくまでの経緯が非常に笑えるところでもあるんです。
というのも、そもそも今に至るまでが、

友人の某女史とご飯を食べた時に「ねとらぼさんが女性向けのライター募集するといいねー」と話す

数日後に「募集してるで!出すんや!」と連絡を頂く

すぐにフォームから応募、選考を幾度か繰り返す

その最終選考に当たる記事(=デビュー記事)が上がったのがソニマニの日、

と、改めて振り返ると怒涛すぎるし、デビュー日その日かーい!となるオチで見事に締まったというものでして。
とりあえず偶然が重なりに重なると、こういうこともあるんだなぁ…となった次第です。
しばらくはペースを掴めるまでブログやTwitterの頻度が落ちてしまうかもしれませんが*2、もし記事を見かけましたらよろしくお願いしますね。

  • ヒプマイをようやく聞きました

次は音楽の話題、なんですが、まさかのヒプノシスマイクの話題です。
基本的にコンテンツがある程度盛り上がらないと入れない人なので、ずっと様子見をしていたのですが、先日色々ときっかけがありようやく聞けました。
とりあえず一通り聞いた感想としては、楽曲がしっかりしてるなぁという印象で、クレジット見たら見覚えある人ばっかだったんでそりゃあそうなるわと一人で納得してたのが最初の感想でしょうか*3
あと声優の皆さまもそれぞれ個性的というか、曲とキャラに合わせてラップをしっかりしてるし、日本のラップ特有の韻も踏めていたのを思うと、でした*4
ちなみにどこのディビジョンですかと聞かれたら多分ヨコハマです*5

  • 秋冬準備もちゃっかり進めてました

というわけで最後は自分の身を繕うもの関連の話題です。
今年の秋冬はコスメは紫系だったり深みのある赤、衣類は紫に台頭するように緑が流行しててどこのジョジョ!?となっていましたが、例のごとくいつもお世話になっているブランドに足を運び、「似合うの選んでください!予算これくらいで!」をやり*6、流行の色だだ無視のデザインや色を選んでました*7
流行に関しては形やアイテムも勿論気にするべきと思いますが、うやむやに取り入れるより、ストールといった小物やアクセサリー、メイクで言ったらアイラインとかで取り入れるのが一番間違いないので、今年も様子見つつ少しずつ取り入れていこうかなと思ってはいます。
ちなみに目星はいくつかつけていますが、中でも欲しいのはアイラインはDiorのリキッドアイライナーですかね。

www.dior.com


実際手の甲とかにつけてみたんですが、発色が最高でしかないです。
あと服はROSE BUDとDIESELで欲しいものあるのでそれを少しずつ買いたいなー。

さて、今回はこの辺にしておきましょうか。
夏フェス感想というか日記頑張ります。

*1:なのでここの名義もちゃっかりそちらの名義に変えたりと色々してます

*2:現に落ちてたけど、いつ書くの?今でしょ!応対になれたので書いてます

*3:オリラジ藤森さんいい仕事しすぎてて笑いました

*4:先日のライブ、知り合いの妹が行ってたんですが速水さんが凄すぎたとのことでした

*5:曲もジャジーなものがあるし気に入っているんですが、キャラの関係性が最高面倒くさそうなのがいい。

*6:ある程度課金をし続けて関係性を築くとできるので是非おすすめします

*7:ようやくESSEN.LAUTREAMONTで黒のロングコート予約できました

夏を楽しんできました/20180817SONIC MANIA&20180819 SUMMER SONIC OSAKA

熱い今年も夏フェス行ってまいりました。
しかも、今年はソニマニと初めてのサマソニ大阪というとんでもねぇはしご芸を決めたのでまぁネタがあります。
ということで今年も超長いので、暇な時に冷やかし程度にお読みください。
 
まず仕事を終えてから急いでシャワーを浴びてから、急いで薄手のロングコートを片手に家を出て、有楽町駅乗り換えで京葉線に乗り換え、*1会場へと向かったんですが、意外と行く人多いんだなって思いながら移動。
お隣のカップルさんがチケットを探してるのを見てたりしてたら*2あっという間に現地到着。
そしてほいほい入場してFLYNG LOTUSの3DメガネゲットしてからのMOUNTAINへ。
 
<Counelius>
上手の前方にそそくさと移動しているうちにCornelius最後2曲ほど聞けました。
LIQUIDROOMで観た時と同じような位置とはいきませんでしたが*3、映像やステージは見えました。でかい会場だからこそですね。
上手側が今回見えたので、あの時に分からなかったことも分かったのも良かったです、Buffalo Daughterの大野さんが何をどうしてたのかも見えたので。
しかしどこでやっても CouneliusのライブはCouneliusだ、となれた意味では会場の大きさが違うところで観れたのは貴重なのだなぁ、とうっとりしてたらあっという間に終了。
最後の「あなたがいるなら」をフルで聞けたからいいんです、あれが今のCouneliusなんで。

そして終わってからMOUNTAINから一旦脱出し、フラフラしてから再び戻りがてらmy bloody valentineの耳栓を受け取りつつ入場*4、したけど何度か入退場繰り返してフラフラしてから下手側の中央の柵より後ろ目にスタンバイ。

Nine Inch Nails
というわけで今年のlynch.のツアーの大半を捨てるきっかけ*5となったNine Inch Nailsです!
ここ近年のインタビューで余計な演出はしないとあったんで、どう来るかしらと思っていたらカメラの映像をそのままサイドのモニターにモノクロで映し、後ろの幕はあえてボロく加工してから照明でひたすらシルエットを映しこむスタイルで「あーインタビューのはそういうことね!」とまず納得してました。
肝心なライブですが、「Branches/Bones」から始まってから「Wish」がきて、気づいたら柵超えて前に突っ込んでました*6
それから「Less Than」からの「march on the pigs」、「piggy」ときて「 The Lovers」の演出でおお…と感嘆の声が漏れ、「S**t Mirror」「Ahead of Ourselves」、「God Break Down the Door」と新譜の曲が続いた後に「closer」がきた時には息をごくり。
いや、新譜の曲こうなるんだーってなってたところに止めにどうぞ!と言わんばかりに「closer」来たらねぇ…となってたら「Copy Of A」と「ONLY」ときてからのアメリカの某氏*7を盛大にdisってからのDavid Bowieとのコラボ曲「I'm Afraid of American」が来て動揺。
え、いつぶり?となっていたらそのあとにまさかの「Even Deeper」きてえええええ!とさらに動揺。
トレントって驚きをさらに二乗するようなセットリスト組むの得意だよなぁ…と遠い目をしながら聞いていたら、「Gave Up」、「The Hand That Feeds」、「Head Like a Hole」ときて照明が一度明るくなりこのまま終わるかと思ったら「Hurt」がきましたね。
毎度「 Hurt」聞くともう終わるんや…となりながら呆然と見てからの最後でビクッとなるのが私的恒例行事だったんですが、今回も無事恒例行事をこなしたのでした。
 
そして無事にNine Inch Nails終えた後Twitterでこんなこと呟いてました。
 

いかに疲弊しきっていたのかがよくわかるツイートだなぁと今更ながら思います。
そしてその後時間潰しも兼ねてまた色々フラフラして、再びMOUNTAINに戻って座りながら刀剣乱舞をひたすら回してたんですが、my bloody valentineのセッティング時の音がバスドラの時点で危機を感じるほどの音圧。
え、これやばいやつだな…となりつつもらった耳栓つけようとしたらやっぱり入らない!!!*8となってイヤホンをつけたあたりで暗転。
 
<my bloody valentie>
てなわけで前回見たのが超最高な音響だった東京国際フォーラム以来だったのでその辺で非常にビクビクしながらだったんですが、「I Only Said」を聞いてやっぱり音圧と会場の相性の悪さで危機を抱いたのでした。
ステージにOrangeいくつ積んでるンスか!ってなるくらい積まれてたの見てからそんな気はしていたんだ…と遠い目になりながらVJにうっとり。
そして次が毎度恒例の「When You Sleep」が来たんですが、この時点で次は多分単独の時のパターンかな、と思ってたら「New You」きて大当たりぃ〜!となってました。
ただ、この時の「New You」がミスってなかったのでミスってない…となっていたのは内緒の話です*9
そしてMCを挟んだ次がまさかの新曲でやったー!となりつつ「You Never Should」を聞けた瞬間満足してしまい、手に持っていたFLYNG LOTUSのサングラス片手にMOUNTAINを離脱。
しかしVJが今回は割と細かめだった上に暖色というか紫が多めのパターンだったので、前回の青系の多さが恋詩くもなったりならなかったり。
 
階段上がった通路からフラフラ移動してたんですが、もう時すでに寝落ちてる人がいて、い、生きて…となりつつ気づいたらRAINBOWのエリア到着。
フラフラ前の方に行き、ぼけーっとしていたら「サングラスつけるんやで!(超雑に和訳)」*10と出たのでサングラスをスチャッと装着したらそのアナウンスが3Dになっておおおー!となっていたら暗転。
 
<FLYNG LOTUS>
ということで今回のセットは日本では初披露と話題のFLYNG LOTUSです。
が、相変わらず色々な曲をネタにいじりまくっていてパリピな人置いてきぼりなのでは…となりつつ3Dメガネの演出にすげー、と独り言漏らしながら見てたんですが、FLYLOここでやってくれました。
攻殻機動隊のこの曲ネタに使ったんですよ!もれなく現場はオタク炙り出しですよ!
私の周りでは右隣のパリピなぽかーんとしている中、左隣のお兄さんたちと私はうおおおおお!と叫ぶっていう感じだったので、FLYLOほんとオタクだなと…と一人感動。
してたんですが、まさかのNine Inch Nailsmy bloody valentineで体力を思っているより持って行かれていたのか、まさかのお腹が減るという珍事が起き、泣くなく一回ご飯を食べに離脱。

確か何を食べたっけなーと思ってインスタ見直したら、ソニマニの照明あるあるのせいで大変まずそうに写っていたそばめしでした。実際は美味しかったよ!
 
そして食べ終えて一息つき、友人と合流するために再びFLYNG LOTUSへ戻り、無事合流。
3Dメガネ持ってなかったので、見せてあげたりこうくるかー!と友人とその後友人お二人ときゃっきゃとするというオタクらしいことしてました。
そして離脱してからのお互い見てたもんの感想をシェアしたりしてたんですが、Thundercatがガチなコスプレしてたと聞いて見なかったことを後悔*11
それからお互い別れ、フラフラ彷徨いつつそういえば長年会えてなかったフォロワーさんとようやくご挨拶。
開口一番に「可愛い〜!!!」って言うくらいには可愛いお方で、すっかりコスメやら音楽の話で盛り上がり、これまた解散。
そしてフラフラ色々と散歩やらチラ見をしつつ始発の時間になったので外へ。
出た時すごい綺麗な朝焼けで終わった…となりつつパチリと一枚撮影して駅に向かい、混んでる京葉線を見ながら武蔵野線経由で帰宅。

前日昼寝していないにもかかわらず、ここまで全く寝落ちることなく、フルで動けていた自分はアホなんじゃないかとなりつつシャワーを浴びて一旦寝てからネイルへ。
そのエピソードをネイリストさんに話しつつ明日のスケジュールにびびりつつそそくさと就寝。
 

翌日4時起床からの始発の電車&新幹線に乗って大阪の現地入り、の前にインテで薄い本を売りに行くというアホスケジュールを姫路の友人とともに敢行。
アナウンスしたおかげか皆様早く来てくださったり、差し入れくださったりと感謝しかありませんでした。ありがとうございます!ありがとうございます!
13時頃会場離脱して、すぐ目の前のホテルへ荷物を置かせていただいてからのサマソニ行くかーとなってたら。
 
チケットをホテルに忘れかける
 
やったぜ、ようやくらしいことをやらかしたぜ!となりつつそそくさ戻って、再びサマソニ会場へ行くためのバス乗り場へ。
バスが思っていた以上に空いていたのも嬉しかったんですが、シャトルバス思ってる以上にちゃんとしたバスでそちらに感動してました。
そしてサマソニ会場に到着したはいいけど、道に迷ってリスバンどこで交換できるの!となりつつてくてく適当に歩いてたら見つかったのでそそくさと交換。
 
ちゃんと見たかったけど迷っていたせいもあって見れたのはラスト一曲だけだったんですが、それでも見れて良かった!となれるのがさすがでした。
個人的に知ってる人がいるというのもあって、フジロック初出演の時から応援していたんですが、こうしてサマソニのステージで堂々と演奏してる姿を見れたのが純粋に嬉しかったです。
今度はフルで見に行かせてもらいまーす!
 
そして遅いお昼を買いにカレーを購入からのお酒を購入しようと思ったら、
 
100円の下においた1000円札がクーラーボックスの水の中にダイブ
 
風吹いたせいとはいえまたか、またなのかと店員さんと友人から総ツッコミを食らうというやっちまった展開。
とりあえず100円じゃ重しにならないことを覚えつつ、そそくさとMOUNTAINの席へ。
 
<THE BLOODY BEETROOTS>
というわけでカレーを食べながらフルで見ましたが、まず浮かんだ感想が「被り物暑そう!!!」でした。
ていうのも、ご存知の通りサマソニ大阪は一部のステージ覗いて屋外な上に屋根がないので、下手すると東京より過酷なんですね。
なので、割とぴっちり目な被り物をしていたメンバーだったんですが、それ以上に熱いライブをしてて思わず見入ってました。
しかしボーカルの方のジャンプ力は一体どうなっているんだ、となってもいましたね、なんか凄い江頭ジャンプだった気がするんだ…。
ちなみにちらっと予習した段階で大阪の客層の方が相性いいのでは、と思っていたら予想通り超大盛り上がりで、友人と混ざりてぇ〜!と言っては楽しく見てました、カレー片手に。
とりあえずああいう音楽性のバンドは下手に歌モノにするよりかはところどころの方がいいんだなぁと改めて。例外もいるといえばいますがね*12
あと最初の曲を最後にまたやるとはいいじゃないすかー、そういうバンド凄い好きです。
 
そして水やら麦茶を買いに行き、スタンドよりアリーナの方が涼しいやんと気づいて移動。
 
Mastodon
ということでようやく見れたよMastodon!何年見逃してたんだ!*13
メタル界きってのバカテクなメタル、ということでワクワクしながら見てたんですが、下手のギターの人が可愛い…って二人でまず言ってたのに笑いました。
しかし一度演奏始まると動揺しすぎて見ることしかできないくらいには何やってんすか!となる演奏が続くつづく。
後編成を見て、え、全員歌うの!?となってますます「よくわからないです」って感想鹿浮かびませんでした。もちろん褒めてます。
友人はギターをやってる子だったんですが、例のお可愛らしい下手ギターの人を見て「なんでアルペジオ弾きながらライトハンドやってんのか意味わからん…」って言ってました。私もわからん!*14
で、セトリを見直してみるとやっぱり最新が多かったんですが、どの時期のアルバムからも1〜2曲やってるのは流石でした。
いつぞや長年のフォロワーさんも言ってましたが、フェスはショーケースでもあるからオールタイムベストが一番、と言ってましたが、今回改めてそれを実感したりしなかったり。
途中のVJというかアニメが可愛かったなぁとなってたらモッシュに巻き込まれて吹き飛ばされかけつつ安全圏に移動したり、うっとり見てたらあっという間でした。
 
そして終わってから一旦アリーナから出て水を再び購入。命の課金です。
あとこの時点でThe Dillinger Escape PlanのラストツアーのTシャツ率が東京よりはるかに高く、やっぱり関西はメタルやハードコアなんだなぁとなったりならなかったりしつつ、再びアリーナへ。
のんびり話してたら2分早くSEが流れ、思わず慌てたりきょどったりしてました。
 
ということで、モニターでは5年ぶりだけど、ちゃんと見たのはLOUD PARK2008と10年ぶりでしたBullet For My Valentine
持ち時間的に多分結構曲減るかなーと思ったらボリューム満点で新譜の曲と旧譜聞けたのでホッ*15
しかし見たのが10年前とまだまだ演奏が荒削りだった頃だったので、改めて見て本当に上手くなったなぁ!!!と思わず友人に言っちゃってたくらいでした。
あと新譜の曲は今回のような大きい会場に映えていたのを思うと、もうこのクラスになったんだなぁとしみじみもしてました。
そんな新譜の曲で特に気に入ったのがこれでした。
これ確かちょうど夕日がバックに来るタイミングの時にやってくれたんですが、凄すぎましたね…野外だからこそのミラクルがまさかのここで起きてくれて、本当に良い景色でした。
そしてやっぱりさっきの通り、ノリはダントツ大阪のが良かったです。
大阪の方が盛り上がるべくところでしっかり盛り上がってたし*16、マットも「東京より断然いいわ!(超アバウトに和訳)」と言ってましたし。
そして最後が「Tears Don't Fall」と「Waking the Demon」でしっかり締め終えてから、友人に感想を聞いたら「むちゃくちゃかっこいい!」と言ってくれたので、もれなくサムズアップをしてました。
そして終わってからご飯食おうぜと話になり、移動しようとしたら
 
カッパの着ぐるみがいた
 
えっ、暑くないの?生きてる?となってたら*17周りにいたスタッフのお兄さんに笑われるという。解せぬ。
そしてカレーを買ったお店に戻り、サマソニ仕様のぶっかけうどん*18を食べてからそそくさと最後の水を買ってアリーナへ移動。
そしていい感じの距離感でセンター取れてどうくるかねーと話してたら暗転。
 
というわけではしごした理由の人どうも!となりつつ迎えたわけですが、一曲目が「Somewhat Damaged」とわかった瞬間鳥肌立ったんですが、この後がようやく聞けましたこの曲!


Nine Inch Nails - The Day The World Went Away (Official Video Restored)

調べたら日本でやったのは11年ぶりくらいの「The Day The World Went Away」!
私The Fragileから入ったんですが、この曲が一番好きでして、これを最後にやったライブに行けなくて超凹んでいたという過去がありまして。
で、編成的にやるのが難しいのもあって聞く機会になかなか恵まれず、聞けずに終わるか…と思ってからの今回でした。
なのでイントロ聞こえた瞬間まぁ見事に叫んでからずっと号泣してました。嬉しかったんだゆるしてくれ。
でもその後「 Wish」だったから一気に現実戻されたのには笑いましたけどね…うん、知ってた…。
ちなみにこの日は「The Frail」と「Survivalism」も聞けたんですが、「The Frail」からの「The Lovers」の流れが今来日公演でダントツに良い流れで、もうため息しか出ませんでした…。
ソニマニの時は「piggy」からの「The Lovers」だったんですけど、正直「The Frail」の方が深みがあったように思います。
あと東京は映像があったけど、大阪は映像無しの純粋に照明だけだったんですけど、それでもライブがしっかり成立していたし、むしろ映像ないからこそシルエットが映えていたので、照明を使わせたら右に出る人いないなと改めて思いました。
日本のバンドの皆さん、照明本当頑張って!マジで!となりつつライブがあっという間に終了、友人が「すごすぎたし、照明であそこまでできるんや」といつぞやのlynch.の時と同じ感想を漏らしておりました。
そして東京でお会いできなかったフォロワーさんと合流し、はしご頑張ったよなわたしたち…と言い合いつつMOUNTAINから離脱し、少し話してから解散。
 
そして友人とふらふらローソンで買い物をしてからおにぎり頬張りながらバス乗り場に向かったんですが、一年が終わったとかやばかったとか語彙力のない会話を繰り広げてました。そりゃそうだ。
で、バスもすんなり乗れた上にスタッフの方が見送ってくれたのを見て、関西の人柄…!と感動してました関東の民。
バス到着してホテルへと移動して、チェックインしたらウェルカムドリンクのチケットをもらって動揺、したはいいけどさらに部屋の広さが尋常ではなく、二人でおののきつつウェルカムドリンク頂きにバーカウンターへ行って打ち上げ。
すぐに部屋に戻ってから、これまた広すぎる風呂に入って、フッカフカすぎるベッドに横になり、1日の疲れも出たのかグッスヤって単語が似合うくらいすぐに寝落ち。
そして翌日はホテルのこれまたVIPすぎる朝食を頂き、10月もここにしようと即ホテルの予約を取ってから海遊館まで送ってもらうという最後までVIP対応でした。ありがとう、また泊まるから!
 
それから海遊館で二人できゃっきゃと写真撮ったり色々見たり、はたまたお土産を買ったりしてから近くの天保山でやってた木梨憲武氏の個展を見てこれまたきゃっきゃと見てました。
発想とか描画方法が割と斬新なものが多いし、写真撮影OKなところが行ける時は遠征しちゃおうかなとなるくらいには良い個展でした、木梨憲武さんの展示。
 
大阪駅周辺をふらふら歩いてから眠そうな友人を見て早めの解散に。
そしてバスの待合室に到着し、メイクを落とし、しばし待った後にバスに乗って東京へ帰還。
着いたら大阪より暑くて笑いましたが、そのままストレートに帰宅。
 
という感じでした。
今回サマソニ動員が少なかった、対応がひどかったという意見をよく見ましたが数年前のガラガラだった時もこんなもんだったし、何よりも昨年のHOSSTESS CLUB ALL-NIGHTERに勝るものはないと思っているのでそうでもなかった印象のが強かったです。
もし、スタッフやその辺の対応で文句あればSNSではなく確実に伝えられるルートでな!それが確実だ!
あと確実に言える感想としては、スタッフの対応は確実に大阪のが良いです。
個人的に対応のよさはRISING ROCK SUN FESTIVALのスタッフを思い出すレベルだったので、ここは東京に見習って欲しいところです、リスバンチェックの時ハイタッチしてとは言いませんから。
今回はメンツがいいアクトが来すぎたからこそ足が遠のいているというパターンなのもあったので、快適にみたいバンド見れたという意味では個人的に良かったです。
来年三日間らしいけど、サマソニは正直体の関係でフジ行けない上に気軽に行けるって意味では本当二好きなフェスなので、是非とも頑張ってほしいです。
 
てなわけで、今年もお世話になりました!プレ2019年よろしくね!

*1:東京駅が大体25分くらいですが、有楽町からだと10分弱でいけました

*2:心の中でおねーさん!Twitterは鍵を開けないと相手にはリプライ見えないんすよ!と何度叫んだことか…

*3:あの時は確か下手の段上だったのでクリアビューでした

*4:やっぱり入らなかったサイズだったし気づいたら落としてた

*5:おかげでセミファイナルの大阪とファイナルのTDCHにしか行きません

*6:どんなにめかしこんでも突っ込む時は突っ込むタイプだったの忘れてました

*7:トップの人です、簡単に言うと

*8:サイズが海外仕様だから驚きの耳の小ささを誇る私には入らないんですわ…

*9:2012年の単独で最終日しかノーミスじゃなかったくらいにはケヴィンがミスっていたんです

*10:英語では"PUT ON YOUR 3D GLASSES"と書かれてました

*11:ドラゴンボールのコスプレとかずるすぎますってほんと

*12:個人的にそういう意味でPassCodeって凄いなって改めて思うんですよね

*13:軽く10年はかぶりが原因で見逃してました

*14:そんな中下手ギターの人が転んで可愛い…ってまた言ってたなんてナイショの話だからな!

*15:「The Last Fight」カットを除いては、と書くべきでしたかね…聞きたかったー!

*16:「4 Words〜」の時とかしっかりピットできてたし、皆プロ客でしたね…

*17:ちなみに中の人結構細かった気がする

*18:どっかで見たことある感じのロゴ感あるかまぼこ乗ってました