Soliloquy in non-daily life

ただのひとりごとの、くりかえし

時の経過で色々と実感

ええっまたしてもいつの間にこんな時が経っていたのかい?となりました。
日記というより月記になりつつあってどうしたらいいのよとなっております。
で、ここ最近の近況はと言ったらようやくlynch.のライブに行けて嬉しかったり*1があるのですが、いつも通り幾つかピックアップしてまた書いてこうかと。

  • 梅雨入りしたけど身体の攻略法が見えてきた

タイトル通り梅雨入り突入に伴い身体が気圧に比例した体調になっているので大変な事になってましたが、昨年日記をつけてたおかげでその辺の攻略も何となくこうすればいいのかな、というのが検討つけられるようになってきました。
昨年の傾向的に雨降る直前に身体がだるくなったり足が露骨にむくむ、コーヒー飲んだらいけた!と記されていたので、そうなったそそくさとカフェイン摂取するようになったら元気になってるので過去の記録はかなり大事なんだなっとなりました。
これ加えて筋トレ行ける時に行ったら案の定よくなってきているのでその辺も関係しているのかなぁと。
なので雨の日でダウンする事が割と減ってきているのが正直嬉しいところです。
この調子で色々と改善していきたいですねぇ。

  • お買い物楽しすぎてそれはそれで大変

そして最近SNSとかその辺見てるお方はお分かりと思いますが、予想以上に買い物しすぎて支払い関係であばばばとなっています。
い、いやーまさか久々に自分に大ヒットブランドに出会えるとは。
ここ最近よく行っていたGINZA SIXに入ってるESSEN・LAUTREAMONTが凄い今自分が着たいなぁと思えるようなデザインでして。

www.j-lounge.jp

ここで服とかupper hightsのデニムをお買い上げした上に、どうしても欲しかったAlexander Wangのクラッチバッグをお買い上げしてしまったので、色々と明細見たらひえええ、となっていたわけです。
でもいいんだ、欲しいものは買った方が後悔しないって言いますし、財布業って大事だと思うんです(白目)。
現に後日ESSEN・LAUTREAMONTの秋冬展示会に呼んでいただき*2、思いっきり予約してきましたし。
あとバーゲンでPAPILLONNERのバッグとかDIESELで一着買えたらいいなーと思いつつ色々と計画しております*3
この辺はあれです、通勤用です通勤用(言い訳)。

  • スタバの新作課金が凄い

例のごとく職場の立地関係上スタバかタリーズをよく使うのですが、スタバの新作であるコールドブリューシリーズをよく飲むようになりました。
これなんですけどね、特に頼むの。

www.starbucks.co.jp

これ本当にバレンシアな味がするのにコーヒーの味がはっきりとしているので、ついついオーダーしてしまいます。
あとトールサイズのみなので飲みやすいんですよね、個人的に午後3時以降ガチなコーヒー飲むと眠れなくなっちゃうので*4
こう書きつつ実はアイスコーヒーは個人的にあまり得意ではなかったのにこれのおかげで好きになりつつあります。
相変わらず単純極まりないのですがまぁいいじゃないですかそれも、ささいなきっかけで案外好き嫌いって減らせるものなのだなぁと思うようにもなれましたし。
とりあえずシェイク関連の新作がとても気になりますし、それ専用タンブラーも欲しいとなっているけども。
あ、あとスタバで思い出した、コーヒー豆も限定の此方にしました。

www.starbucks.co.jp

これアイスコーヒーにもいけるらしいので朝が楽になるといいのですが、果たして超忙しい朝にアイスコーヒーにするという発想に至れるのかが心配です。

という感じでした。
とりあえず今週は外食が多いのでその辺で面白い話が出たらなぁとなりますが、多分概ね世の中狭い案件になりそうです。

*1:ライブレポはこちら、思ってたより良かったよー。

*2:一般の方もOKという大変珍しい展示会だったので、行けて凄い良かったです

*3:ONITSUKA TIGERx-girlは今期ヒットしなかったのでその辺気が楽です

*4:なので夜頼む時はもれなくディカフェです

お久しぶりって感じがしなかった/20170609 TOUR'17「THE SINNER STRIKES BACK」@川崎 CLUB CITTA'

LUNA SEAって凄いんだなぁ思わされた後、割とスパン空かずに実は行ってましたあの日以来のlynch.
昨年末まぁ色々とありましたが正直過去の経験的にまだマシだわ…*1となれる身だったのと、インタビュー読んでいる感じ何となくそうなるんだろうなぁという未来も見えたので割とすっぱり思えていまして。
あと今年から変えた仕事がクッソ忙しくてライブに行けなかったのもあるんですけどね、別にショックではなかったというのもある意味いい距離を取れたのかなともなりつつ。
で、職場の方がフジロック経験者多かったりBUCK-TICKガチファンな方がいたりと理解ある方が多かったので、仕事暇なときにバンド名出さずに「実は来週去年まで行ってたバンドのツアー初日なんすよー」と話したら「むしろ何で行かないの!!!」と逆の意味で怒られるというコントが起き、LUNA SEAの翌日かその次の日辺りに一般でチケットをとりました。
正直前に行く気はほぼゼロだったので、開演5分くらい前に入ればいいかーというのもあり番号はむしろ後ろで有難かったです。
そして当日無事定時に終わり(むしろ職場の方が凄い気を使ってくれました本当に有難うございます!)、のんびり向かいつつ会場に行ったら「!!!」となるような事があり*2逃げるようにそそくさと会場入り。
で、上手の入り口前辺りにビール片手にゆっくり待っていたら暗転。

ということで11月の名古屋クラブクアトロ以来のlynch.だったんですが、ライブの感想は「ああ、初日クオリティだなぁ」というのと、「思っていたよりは安定していたなぁ」の二つが占めていました。
まず前者はここ近年のツアーのセットリストや感想を聞いてパッと思った印象として「lynch.は初日結構硬い状態になっていたり曲の配置にまだ迷っているのかな」、と思える事が多かったので敢えて避けていました。
実際こう見て改めてこの傾向そのままだなぁと思いつつも、特に晁直氏のドラムが硬かったように思えました。
新譜の曲でいくつか締めのフィルインとかがお、おお?となるようなところもあったので、何時ぞやの葉月氏が「ツアー前半はフラッフラ」と言っていたのが成る程!となれたのでした。
決して悪い意味ではなく本当にライブを生き物としている故にそうなんだなーとなれたのでかえって面白かったんですけどね。
あと新譜の曲で安定しているものとそうでないものの差が面白いくらいあったなぁともなりました。
個人的に「BLACK OUT DESTROY」と「 KALEIDO」は安定していたのですが、多分もたつくかなぁと読んでいた「DIES IRAE」が予想通りもたついていた*3ので野音でどうなるかがとても楽しみになりました。
そして後者の感想ですが、明徳氏抜けてから初めてだったのもありライブの安定感はどうなのかなぁと若干の心配を抱いていました。
で、この日のサポートベーシストがdefspiralのRyo氏で過去に何回か見た事あるのもありうまくハマるかと思っていたら思っていた以上にはまっていて、安定していて安心しました。
そして今回フルセット聞いていてRyo氏のベースは葉月氏のように忠実なタイプの印象が強く、今までの曲が少し違って聞こえはしましたが違和感は全くありませんでした。
そして改めて明徳氏のベースって凄いんだなぁと思えたのが「MIRRORS」と「INVADER」の二曲。
「MIRRORS」はメンバーが「黒夢の人時氏ism」と言い切るのもあってかとにかく早いのでルート辿ると大変そうだなぁとなり、「INVADER」はとにかくあの複雑なスラップを安定的にこなしていくのがいかに大変かがよく分かりましたし、ある意味そういう一面を見せるためにサポートベーシスト交代制を設けたのかな、ともなりました。
しかし今回改めて新譜の曲のベースはゲストベーシストの曲を他のベーシストが弾くというなかなかない状況だったのもあり、それで曲の安定感が変わったのかなぁともなりました。
「KALEIDO」が演出込みで良い意味で化けたのはT$UYO$HI氏のベースラインが合わせやすいっていう意味で相性が良かったからなのかもしれない、逆のパターンの曲もある事は然りですが。
そういう意味での聴き比べが出来るという意味では今のライブって凄い貴重というかなかなかないものなのだなぁとなりました。
あ、これも書かないとということが。
LUNA SEAを見た直後にlynch.のライブを見て改めて思ったのが「本当にライブパフォーマンスがLUNA SEAそのものだ」でした。
というのも、前の記事にも書いたようにステージングを改めて見ていたらかなり精密だったというのとここでこうすればお客さんが喜ぶ、というのを正にやっている!と改めて気づけたんですよね。
昨年音へのこだわりだったり立ち回りの良さについて気づけたけど、今回の事はLUNA SEAを見て改めて気づけたので、まだまだ彼らのライブは色々と発見出来る事が多いんだなぁとなれました。

そしてセットリストネタバレはSNS上に散々あるのでこれ以上の詳細は書きませんが、この日は上記のようなこともあってか安定を図るためにオールタイムベストだったのかなぁともなりました。
それにそのオールタイムベストは私みたいに割とスパン空けていた身的に久々に聞けたー!ともなれた曲が幾つかあったのでそういうお客さんにとっては良いものだったかもしれません*4

で、この日のライブ終わった後に友人と合流し駅まで飲んだくれつつ感想言い合っていたのですが、やはり一番最初に書いた感想をいってきたのでやはりそう聞こえる人は聞こえたんだなぁとなれたのでどこか安心しました。
そう言い合えるって結構貴重なものです。
そしてこの日のライブを見てファイナルの野音に行こうとなれたので、「いつでも見れるからいいやとなる以上にまた見に行きたいと思える」という彼らのライブの魅力に改めて気付けたそんなライブだったのでした。
ちなみにこれの次は何かと言ったらまさかのCouneliusです。
多分、lynch.とCouneliusと天秤かけてるのって私ぐらいなんだろうなぁ…。 

*1:約10年前好きなバンド達が悉く逮捕やら書類送検をかましたのですよ色々と

*2:分かる人に言うと遭遇芸かましてました、とだけ

*3:あとお客さんがどうのったらいいのか模索していたからそう見えたというのもあるかもしれません

*4:言い方変えると昔の曲とかレアなの聞きたかったら地方行けよって遠回しに言われてる、っていう解釈にもなりますが

やり続けるって大事だね/20170529 LUNA SEA The Anniversary 2017@日本武道館

というわけでHYSの余韻を微妙に引きずりつつも行ってきましたLUNA SEA日本武道館
気づいたらあと2年で30周年ということで28年目のこの日に日本武道館、しかもど平日だったというのに余裕の360度座席分ソールドをしちゃった*1辺り期待もしたりしなかったりでした。
当日は仕事をそそくさと早退し、同行の Y女史と合流、パスタを食べながら酒を飲んでから超ギリギリに武道館に行くというひっどいいつも通りの進行。
会場入ったのはぶっちゃけると3分前くらいだったんですが、余裕で時間を押してたのでもう少しいても良かったねと言ったり言わなかったりをしてました。
ちなみに座席はまさかの2階北ブロックの前の方という言い方を変えますと、

 

メンバーを真後ろから見れるという機材大好きだったりバンドやってた人的には最高に天国な座席、です。

なのでさらっというとSUGIZO氏のスタッフを見てたらいつ始まるかが分かるくらいよく見えてた為、共にバンド経験あったのもあり二人でノラずにガチでガン見しよっか…となりました*2
そして20〜25分くらいしてから暗転。

気になる本編でございますが、セットリストはここ近年の曲を詰めたものだったのですが、そのバランスが非常によかったです。
どこがどう良かったか、と書くとするとまぁやっぱり前半部分に尽きますので、ここにひたすら書き連ねておこうかと。
まずSEが大分お久しぶりな「月光」から1曲目にいきなり「Metamorphosis」が来て一気に引き込まれておりました。
その時2012年の武道館6daysの初期メインの日にやった「In Future」始まりを思い出しちょっと泣きそうになりつつこの時点でいやぁいつもよりかなり攻めてるなーと思い、SUGIZO氏のギターソロ終えた辺りでソロ終わりの部分が繰り返されているだけで、あれ?と思っていたら真矢氏のハッとカウントからの「PRECIOUS…」が始まり、会場内のお客さん総意で「そうきたか!!!』となっておりました。
あまりにも自然に始まったのでかなり驚きつつ多分こうなるだろうなぁという想定もしつつ、ライブは進んでいきました。
個人的に「JESUS」でおおーとなっていたら次にこれまた「Image」がきて嘘おおおお、となりつつ自然と拝んでいました。
前聞いたのいつぶりよ…と思い出しつつ*3、この後に「The End of the Dream」がきた後に個人的にまさかの「HURT」と「NO PAIN」が来て正直「チケット代倍払います!!!」となってました。
個人的に、とつけたのは、実はこの2曲は「STYLE」と「SHINE」で一番好きな曲でして、今までSLAVE限定だったりまさかの行かなかった日にやったというパターンのものだったので、ようやく聞けた、という思いが大きかったです。
しかし改めて「HURT」を聞いて思ったのですが、今のLUNA SEAにこういうタイプの曲が本当に合っているなぁとなれましたし、この曲を聞いたことでどの会場のキャパシティーでも映えるんだなぁ、と再考してました。
それくらい演出込みで非常に良かったですこの部分。
で、この後は多分概ねここれ例年と変わらない流れだったのですが、「ROSIER」の終わりがまたいつもと違う形になっていてまさか…となっていたらここで「Metamorphosis」の続きをやるという流れに。
あまりやるようでやってなかったこのパターン、読めてはいたのですがいざやられると「すげー!」っていう感想しか出ませんでした。
そして「Metamorphosis」だったのはこの曲がそういう演出を非常にやりやすい曲構成だったのかな、ともなりつつ。
そのまま終わった後のアンコールはスマホライトでバースデーソングを歌うという昨年24日のような光景が見れてものすごい綺麗でしたし、こういうのをやれるファンっていうのもいいなぁともなってました。
メンバーのMCの後にアンコール一曲目が「Anthem of Light」、本編でやっていなかったっけ、と思わずなった「TONIGHT」、そしていつもの最後の曲である「WISH」
いつも通りに「WISH」で終わるかと思いつつアンコールをしていたらメンバーが戻り、ステージ上で話した後に本当の最後の曲である「MOTHER」が。
これまた黒服限定GIG以来だったのですが、あの時よりもコンディションが確実に良い状況だったのでこう響くのか、となってました。
セットリストを見ていると先述にもあるようにここ近年の曲を集めたものだったにもかかわらず、他のアーティストでもあまりやっていない演出やらで盛り上げたという意味では素晴らしかったと思います。
「LUNACY」からは「TONIGHT」しかやっていなかったり、意外と「STYLE」までの曲が多かったりっていう発見もできましたしね。

で、ここからはガン見していた成果というかなんというかと称してメンバーのステージングやら諸々の感想を。
改めてLUNA SEAのステージングって精密且つファンがこうしたら喜ぶっていうのをよくわかっているなぁと思わされました。
何がどうなの、と言われると多すぎてどう説明したらいいのかとなるのですが、ここでこう動いたり、北ブロックのお客さんの方へ行ったりとか、こういうアクションをしたらというのが全て計算し尽くされているように見えたという感じでしょうか。
あと改めてSUGIZO氏テックさんが凄い仕事してる、って思いました後ろから見てて。
SUGIZO氏はテックさんにエフェクター踏んでもらっているという話をあらかじめ聞いていたので、どの曲でやってるのかとかも全部見えたんですが、ステージングを優先してこうせざるをえないんだなぁともなりました。
あとどこからでも見えるようにというので「TONIGHT」の時、ペダルをあらかじめ上手、中央、下手に設置してあって例の部分をしっかり見えるように3箇所でやるというのとか見れたので、改めて後ろから見て成る程なぁとなっていました。
そしてメンバー5人の演奏能力の高純度具合と言ったら凄まじいものです。
特に私自身ドラムをやっていたのもあり、真矢氏のアタックとかドラミング、リズムのパターンとかじっっっっっくり見てたのですが、LOUDNESSの樋口氏から言われて以来パワー型にと思ったらやはり昔のテクニカルな一面も見れたように思います。
本当にドラムが名刺になっているってこういうことを指すのだなぁと。

そして年末にまたライブかーとなりつつライブを終えてすぐタクシーを捕まえ、予約していたお店でちょっと飲んだのですが、やはりお互いガン見の感想をひたすら言い合っていたので経験しているとそういう感想しか出ないし、良いライブの後の食事ほど美味なものはないなぁと改めて。
後お店自体気に入ってもらえたので良かったです*4
翌日仕事なので早々に帰りましたが、色々と話せて良かったなぁと。

で、翌日ライブに行ったことをいじられつつもlynch.の川崎のチケットを購入していたのでした。
果たして行けるのやら。

*1:実はチケット発券した段階で「うん、知ってた」となってましたここだけの話/詳細は後述

*2:視力いいのもあるので、エフェクターとかその辺もはっきり見えました

*3:思い出したら2010年の黒服限定GIG以来で真顔になりました

*4:武道館後恒例のここです

最後だってのにとんでもなかった/20170521 HONE YOUR SNESE ONEMAN LIVE@渋谷CYCLONE

ライブレポ的なものはいつぶりかと思ったらlynch.のこのライブ以来だと知り思わず真顔になる始末でした。
今まで環境が変わって全く書けずにいたのですが、このライブを見て久々に書いてこう!と思い今に至ります。

というわけできっかけはフォロワーさんのお世話になってるお姉さんその3〜4レベルのお方の知り合い*1、だったはずなんですが、実はLOUD PARKの時にデモ配布してた時を目撃していたという過去があるバンドだと分かり、且つワンマンなのに脱退ライブ、しかもオープニングアクトにみたいバンドがきた!となったらそりゃあ行くしか!となりまして、行ってきましたCYCLONE。
正直いつぶり…?と思ったんですが*2、やっぱり道は覚えているものなのだなぁと。
そして開演5分くらい前にひょこっと会場入りし、お酒片手にPA下のスペースに行ったところで暗転。

【OA:ヒステリックパニック】
ようやく見れました気になる若手&知り合いから超ごり押しされまくっていたバンドことヒスパニ、じゃかなったヒステリックパニック。
今の彼らのキャパを思うと初見でしかもCYCLONEというとても贅沢極まりない環境で観れたのが非常に運が良かったというか何というか。
えーと、まず音のまとまりと安定感が本当に若手か?となるくらいの良さでして、小箱独特の音の曇りも一切なかったです。
セットリストはメジャーに行ってからの曲だったのにも関わらず、シングルのカップリングを入れるといった嬉しいものでしたし、何よりも全体的にまとまっていたように思えます。
あと全員のルーツが見事にバラバラなのがとても生かされた曲構成、ボーカル3名がそれぞれ特色を生かしたものとなっているのが本当に良いです。
とものり氏はジャパニーズHIPHOPにあるリリックや韻が分かってらっしゃる!となるレベルでしたし、何よりシャウトのバリエーションが広い。やっち氏恐らくV系好き*3だなってのがとてもよく分かりました。
やっち氏恐らくV系好き*4だなってのがとてもよく分かりましたし、その件で続けて書くとライブよく行かれている方には分かると思うのですが、緊張やら色々と安定していないとドラムが特に早くなる傾向強いのですが、ヒスパニにはそれが一切見られなかったです*5
そして何よりも全員のルーツが見事にバラバラなのがとても生かされた曲構成、ボーカル3名がそれぞれ特色を生かしたものとなっているのが今の若手でも明確だったように思えます。
だからメジャーに行けたのだなぁと思えたそんなライブでした。
そしてその後お知り合いのお姉様と合流し、戻ろうとしたらHYSが始まるというコントが勃発。

HONE YOUR SENSE
というわけでどうにか元の位置に戻りつつギターのKenta氏ラストでもあり初ワンマン、ということもあり持ち曲(昔のレア曲含めて)20曲全て披露という贅沢なもので素晴らしかった、というより圧倒しかされなかったです。
あとヒスパニ同様彼らの場合Wacken行ったレベルというのもあり、初見でCYCLONEというとても贅沢極まりない環境で観れたのが本当に贅沢だったんだなぁとなりました。
いやホント凄すぎましたよ、まずギターが、ギターがどうなっているのとなるくらい何度もガン見繰り返すくらいには技術が凄すぎました。
両名ともに技術や音のバランスが良かったです。
そしてギター隊二人に劣らずリズム隊が素晴らしかった、特にドラムがとても忠実ながらもアグレッシブに叩いていた印象が強かったです。
あとボーカルもシャウトしかないのにあそこまで歌えるのもなかなかでした、というかシャウトが心地よかったです正直な話*6
最初で最後かと思うと非常に勿体ない、と思うしかないそんな技術の塊でした。
あとラウパーで配ってた曲は知ってたのでやると分かった時は思わず真顔になってました。
冒頭にも書いたあの時のをやるのか…!となりましたものやっぱり。
しかしライブ終わった時に今聞いても色褪せないという意味ではメンバーチェンジしても貫ける何かが見えました。
そして途中でヒスパニのとものり氏も加わってコラボレーションしたのですが(ごめん曲名飛んだ)、シャウトの系統というかタイプがはっきり違っていたので、聞いて比較するのが非常に面白かったです。
とものり氏は重さに特化していて、BARA氏は重さはあるけどもより明確なんだなぁと。
そしてKenta氏のギターも聞き納めというのが本当に寂しいものですが、後任の方がどういう方なのかも楽しみにもなりました。

しかし久々のCYCLONEは熱気がことるので湿度が尋常じゃなかったです。
一番後ろのエリアで見ていましたがライブというかお客さんがまぁ見事なまでに熱すぎて紙コップが原型とどめてなかったです。
とりあえず今度来るときは薄着必須ですね。
ちなみにどうでもいいオチというか余談なんですが、Kenta氏のお店に後日行って実は…と話したところまさかの歴代一番の「世の中狭すぎでしょ案件」だったというのが分かったのがなんともでした。
お店、本当に美味しすぎたので定期的に遊びに行かせて頂きますね〜。

*1:お世話になってるというかご迷惑おかけしているっていう表記のが正しいですねふははははh(ry

*2:もう数えられないぶりで真顔になる始末だったので思い出すのをやめました。

*3:V系通ってる人あるあるのパターンが幾つか見られました。わかる人には分かる。

*4:V系通ってる人あるあるのパターンが幾つか見られました。わかる人には分かる。

*5:メジャーレベルで未だにこうなる人多いんですよホント

*6:目指せMeshuggahのイェンス、と思ったけどジャンルが違ったな…

春に逢いましょう、もあっという間

おい誕生日の週に更新するって言ってたのはどこのどいつだい。

というわけで仕事は落ち着いたのに諸々で忙しい日々を引き続き送っております。
あ、あれーいつの間にやら!という感じで毎日過ぎていて、これが老いによる時の流れの速さかと実感しております。
といいつつも割と充実した日々を過ごしていたのでほいほいとまた近況をば。

  • GINZA SIXに早速行きました

ということでオープン翌日に当たる土曜のお昼頃に友人R大先生と行ってまいりました。
個人的に抱いた感想としては銀座になかった要素がほぼきたよ!という感じのものでした。
屋上から地下1階のコスメフロアまでふらふらと回ってきたのですが、とりあえず買える価格のブランドが思ったより多いのと、行くとするなら平日夜行くのが一番回りやすいかもしれません。
あとアプリもあるので、それを入れてお買い物し、ポイントを貯めると現金として使えるので色々と捗ります。
ちなみに私はCONVERCEでコスメポーチ、Clé de Peauのリキッドエクラ、ESSEN.LAUTREAMONT*1服を、と着々と購入しているので、次こそAlexander Wangのバッグを買うんだ、と誓ったところです。
しかし着々と銀座がホームになりつつあるのはアラサー故なのですかね…。

  • Convex Levelを見に下北沢まで行きました

そしてG SIXフラフラの後に実はライブに行ってたという恐ろしいスケジュールだったのでした。
今年に入って恐らく彼らのライブしか見に行ってないくらいにはハマっているConvex Levelを見に下北沢THREEまで赴いたのですが、個人的に柱の位置とか諸々だとあの渋谷QUATTROを越す試されっぷりだなぁ*2というのが変わってなかったのが何ともでした。
しかし彼らのライブは楽しいというのとやることなすこと凄いな!?としかならないものなのが堪らないものです。
しかしドラムスティックが何回欠けたかを見てしまっていたのが相変わらずの癖なのが何とも。仕方ない、元ドラマーだもの。

  • 仕事の面談があったんですよ

で、気付いたら仕事も3ヶ月だか4ヶ月になったのと課のボスが変わったのもあって面談なんぞしてました。
なんとトップバッターだったので面談の資料を作らなきゃいけない締め切りが一番早くなってしまい頭を抱えることとなったのを経ていざ面談の時を迎えたのですが、意外と高評価を頂けてあれ?ともなってました。
割と個人的には仕事ミスっていること多々だったので、まだまだだよなぁと思っていたので自己評価と実際の評価は異なるものなのだなぁと改めて。
そしてボスと話してて「分かってしまったら向上したいと思わなくなるから敢えて終えたと思わない」という認識が一致したのには笑いました。
でもそう思った方のが色々興味持てるんですよね、経験上。

  • 部屋を大改造を大方終えました

ということで前回の記事に書いた通り、部屋の模様替えをGW全日程にて実施しました。
まず一言言いますと、正直舐めてました色々。
何を舐めていたかって、いらない家具退かす事でもなく新しい収納の組み立てでもなく*3、収納や新しい家具に小物を入れ直す事でもなく、
 

ゴ ミ の 処 理


いやホント凄かったんですよゴミの量!
CDとかDVDとか本とか服はある程度売れるから良いんですが*4、結局いらなくなった小物とかそういうものとか出てきてしまったのでえらい事になってしまった、という感じです。
ホントゴミ袋と段ボールの総数をカウントしたくない*5くらいには出ました。
とりあえず定期的断捨離は本当に大事なのだなぁと再認識しつつ多分暫くはしなくて済む、はず。
とりあえず移せない家具は暫く置きつつ机作る、カーテンとラグ買い換え、全身ミラー導入がまだ残っているものの大仕事系はほぼ出来たので良しとすれば良いかなぁと。

そもそもまずこの話題で書くべきなのがCorneliusが久々の活動で新譜出すわフェス出るわ、何よりもレコ発するわっていう10年程待っていた私的大事件ですよ。
ホント前作のライブでとんでもなく衝撃的なものを見せられて以来改めて好きになったアーティストだったので、ここ近年色々とサポートだったりサントラ業を見つつ待っていたのですが、今回の一件は嬉しいものでした。
そしてレコ発も無事二日目当たり、残業明けで見て万々歳してたところに同じ週の週末にやっと観れる枠なBorisもレコ発が決まったり、ZAZEN BOYSLIQUIDROOM公演決まったりで大はしゃぎしていたのでした。
あとLIQUIDROOM恒例のANIVERSARY EVENTも着々と決まってきたところなのですが、今年も早速行きたい!となったものがあったので早々に先行出してました。
たった3800円でとんでもない対バンが見れるのがこのANNIVERSARY EVENTの恐ろしいところなのですが、私自身が行ったものを例として挙げるとenvyとdowny、COALTER OF THE DEEPERSと9mm Parabelum BalletとiLLっていう誰がどう見ても何じゃこりゃ!となるようなものが多く、そういう意味でも夏のLIQUIDROOMの恐ろしさを知っていると予定を迂闊に入れられないんですよね*6
とりあえず今夏もLIQUIDROOMによく行く事になりそうです。

  • もう19年なんですねぇ、タイトルのお方

某赤髪の人が他界してからもうそんな経ったのか、と命日を迎えて思いました。
あとやっぱりこの日に色々と聴き直すようにしているのですが、毎年まいとし改めて色々と発見出来ているのを思うとまだまだ修行が足りないなぁとなってもいましたが。
しかし来年辺りにそろそろお墓参りにでも行こうかなとなりつつあります。
某赤髪の人が望んでいたリスナーになれたら、と決めていたのですが音楽に限らず色々と経験してきたり考察するようになれたことを思えばこの時かな、と。

っていう感じでした。
そして今日含めた今週末はと言ったら疲れがたまっていたのと色々と諸々あって死んでおりました。
まぁたまにはそんな日も。

*1:現時点だと店舗はG SIXしかないんだそうで

*2:個人的にTHREEの柱の位置の方が苦手です

*3:無印のユニットシェルフを導入したんですがむしろ覚えてしまえば楽しかったですこれは

*4:むしろ想定外の額になったので万々歳でした

*5:そう言いつつ数えたんですがゴミ袋10袋オーバーだったんですよねっていう

*6:これらのせいでlynch.のツアー全部蹴らざるをえなかったのもあります

年度始めの焦燥感溢るるこの感じ

え、繁忙期?未だ続いてますけど?

というわけでどうも、相変わらず忙しい日々を送っております。
繁忙期と書いて年度末やばいやばいと言っておきながらも、業務上実際はその前後の方が忙しいと発覚し今まだひいひぃ言う日々です。
特に先週あっという間に終わった感じしかせず、週末爆睡の始末。
とりあえずもう少し早く帰れるよう有言実行できたらというそんな感じです。
そしてその間にあったこととか色々ほえーと思ったことをトピックとして取り上げつつブログを書いてこうかと。

  • 京都旅行行ってきました
まずは毎年恒例の旅行に23日夜から26日まで行ってきました。
今回はいつもと違い24〜25日まで今年から社会人になる友人Mと共に観光、26日は大阪でこれまた違う友人Aとランチという珍しく一人の時間がほぼないという奇跡の旅行*1
京都旅行は友人Mが「そういえば京都あんま行ったことがない」と言っていたのを聞いてじゃあメジャーどころを一緒に行こうぜ!となり、都民が関西民を京都案内するというよく分からないことになってました。普通逆じゃないか普通。
で、毎度恒例行きは夜行バスで移動して休憩後、美味しいモーニングが食べれると聞いてそちらで頂いた後*2に友人と合流。

初日はホテルに荷物預ける→道中でランチ*3を頂いた後清水寺護国神社高台寺でゆず茶を飲む→三条とかその辺ふらふら→一旦ホテルに戻ってチェックイン→休憩後夕食として予約したいつものCao cafeという流れでした。
色々と疲れていたのかノンアルコールカクテルで酔っ払うという本当に疲れているんだなと思わせるようなことをかましておりましたが、最後にサプライズと称して卒業おめでとうデザートをプレゼントしました。
うまくいって良かったですとりあえず、でもこの日今までで一番安く上がったという不思議。
いつも一人で飲んでるからか!そうなのか!
そしてホテルまで歩いて帰り、そそくさと就寝。
翌日は嵐山にて天龍寺をふらふら→よーじやカフェでオムライス→嵐山散策→ふくろう&ベンガルカフェで癒されつつ休憩→嵐電に乗ってゆらゆら→終点から歩いて京都水族館へ→三条方面へ電車で向かい、おすすめの豆腐料理屋*4で夕食→私の荷物を減らしてからカラオケで大熱唱→ここでお別れ、というどこかしら首をかしげる点があるスケジュールでした。
とりあえず色々と散策出来て良かったのと、嵐山でまさかのふくろう&ベンガル(猫専門)カフェに行ったはいいけど友人のニットを猫さまが破壊するという珍事に見舞われてました。
我が家の猫さま達は歴代皆ニット破壊はしない方々だったので初めて見たのですが、見事に食いちぎるんすね…おかげで友人は着替える羽目になったというのがなんとも。
そして今回初スポットだったのが京都水族館だったわけですが、あそこまでオオサンショウウオチンアナゴ推してる水族館ないんじゃないかってのと、中がむちゃくちゃ綺麗だったので回ってて超テンション高かったです。イルカショーホントエモかった…。
で、最後のカラオケですがお互い色々とオタク全開なチョイス*5だったのに最後が9mm parabellum bulletの「(teenage)Disaster」で締めるという時間ない時に締めるにはもってこいすぎる笑えるオチでした。
そしてここで友人とバイバイしてからホテルに戻って就寝。
最終日はこれまた兵庫の友人Aとランチ→お茶→コスメ買うのに付き合う→家路に、という感じでした。
まず梅田までJRでホイホイ行ったのですが、電車が遅れてるという惨事に見舞われつつもどうにか梅田ダンジョン攻略して到着。ホントいつ行ってもわからないあそこ。
最初予定してたお店がすごい混んでたので急遽インドカレー屋さんでアホみたいに食べてから、タワレコカフェ行ったはいいけどうっかり男水!コラボであばばばとなりつつひたすらくっちゃべり、最後にいい加減アイシャドウ欲しいと言っていたのでじゃあ阪急梅田行こうぜ!となり友人が買うのを見てニヨニヨして終わるという最後もよく分からないスケジュールとなってました。
そしていそいそとJRに乗って戻り、新幹線でブログ書こうと思ったけど案の定寝落ちして今です。
とりあえずまた9月に香川と神戸行くと思うのでその時よろしく頼みます友人の皆様。

  • GWに部屋を大改造することになりました
よく分からないタイトルでお前どうした、と言われかねない内容ですがまぁこれから書きますので。
とりあえず今年の目標として挙げてる「諸々の環境の改善」という目標の中にこそっと生活環境を変えるというのもあるのに加えて、今年入ってから仕事の関係でライブに行くペースががくんと減ったのに伴い「そうだ、この機会にいつでも出ていけるように部屋改造してしまおう」となったのです。
そもそもは勉強机と現PC机、そしてテレビと箪笥をどうにかして部屋を広くしようというのが根本だったのに気付いたら家を出ていけるよう最小限の荷物にしてしまおうという目的になってるのがなんともですが。
で、今年末の断捨離に続くハイパー断捨離祭敢行中なわけです(今空いてないの大体これのせいですすいません友人知り合い各位)。
なので今色々と出てくるでてくるいらないもの、どうしてこれまだとっといてあったんだろうとなるものばかりが出てきます。
なのでさっさと処分だの売っぱらい業をこなしつつ疲れない高さ仕様のPC机や収納用の棚をDIYし、足りない分を無印で補完するというのが今年のGWの予定です。
なので今年は見事に引きこもりです。どこも行かないっていうか行けない!
そしてこの件に伴い購入したものもあったりするんです。

  • 部屋用にHelinoxのチェアを買いました

ま、まさかの昨年フジで超話題になったヘリノッK(ry、じゃなかったヘリノックスの椅子を購入しました。
でもトピックのタイトル通り、部屋用の椅子としてなので、買ったのはアウトドア用ではなく若干のインドア仕様になってるこちらなのです。

コンフォートチェア / シトラスイエロー | チェアー | Helinox(ヘリノックス)公式サイト

背もたれとかがキャンパス生地っぽいやつなので外に出して雨にやられたら死亡遊戯
しかもシトラスイエローというある意味意外なチョイスとなりました。
いや、割と個人的に最近黄色似合うかなぁと思いましてね…。
でもこれ購入して正解だったなーと思います、ホント座り心地が良いです。
どれくらい良いかと言ったらフクロウとかあの辺の鳥があったかいと溶けるような感じくらい、といえば伝わりますかね*6
なので今このブログの記事もこれに座りながらという大変溶けるんじゃないかというよく分からない危機感を抱きつつ書いてます。
寝落ちしないように、となりつつも冬に向けてウォームカバー的なものも買わないとなぁとなりつつつあるから怖いものです。

とりあえずここ最近アニメに限らずマツコの知らない世界以外テレビを一切見てなかったんですが*7、元々ガンダム大好き人間な上にバッドエンド寄りの任侠モノ好きなくせになぜ今回のを見てないの!とさんざん怒られたので最終回まで待ってネタバレを見たんですが、見事なまでに「見れば良かった…!!!」と頭を抱えています。
なので後日Blu-ray BOX出たら購入して全話さっさと見ると決意しつつ前知識という名のネタバレを見て色々と備えようかと思います*8
推しは作るものではないというのはアニメでいうガンダムSEEDバンドでいうSUPERCAR*9で学んでいるアラサーなので多分見てて大丈夫と思います、気になってたキャラ一人除いて皆ご退場したと知って泣いてないから*10
しかし今回の訴えたかったことは今の世情に一番伝えることではないかなぁとなっています。
まさに真実ですもんね、世界を変えたきゃ学も武も身に付けて、世界を知りたきゃ清濁併せ飲めって。

 

  • 長年のトラウマの一つ消えたような気がします
そして先述にも書いた推しは作るものではないの件、SUPERCAR解散で出来たトラウマなんですが、ナカコー氏がまさかのその件を恐らく初めて言及してくれました。
以下該当ツイート。

 

 

当時はもうこのインタビューのインパクトが大きすぎたのと当時のことをあまりにも言及して下さらなかったので色々とうーむと思うことがあったのですが、このツイートを見た瞬間「ああ、やっぱりな」っていうのと同時にどこかスッと長年の重荷がなくなった感じがしたんですよね。
やはりご本人の言及ほど有難いものはないなぁとなりましたし、最後のツイートを見てこれからも好きな音楽はふと思い返したタイミングで聞いていければと素直に思えましたし、そういう意味だとlynch.はもう少しかなぁとなったのはここだけの話。
しかし12年目にしてこういう形でとは、人生色々あるもんですね。

 

  • 参考資料で色々と買いました

そして最後に最近買った参考資料でも。

 

Illustrator ABC

Illustrator ABC

 

 

先日購入したイラレの参考書が結構読みにくいのと機能をある程度理解してないとっていう内容だったので、機能から勉強する意味でこちらを購入しました。
井上のきあ氏ホント流石すぎて、となる内容で無事買えて良かったですの一言。
多分機能的な説明に関してだったらこれがダントツに分かりやすいと思います。
とりあえず今はひたすらAの部分を読むようにしているので、触りながら勉強っていう感じのをそのうちしていけたらという感じです。
しかし表紙の装丁が多色刷りなのが推せますね、多色刷り大好きなので見ててテンションが無駄に上がります。
あともう一冊購入したのですが広義でいう同人誌的なものなので割愛します。
インデザの参考資料なんですけどね、マニアックすぎるので気になった方はSNS辺りで直接聞いてください。


っていう感じでした。
今回歴代で一番長くなったんじゃないかな…書きためると長いながい。
次は誕生日の週あたりに書きたいものです。

*1:住む場所は違えど二人とも兵庫県民という現地で会わないひどさ

*2:お店詳細はこちら。非常にコスパが良いので朝イチで来れたらぜひここおすすめします

*3:お店の詳細こちら。前も行ってます。

*4:前にも行ったここ。豆腐大好物な友人帳喜んでくれてたので良かったです。

*5:とりあえずテニプリとかガンダムの曲とか邦楽とかV系とかよくわからないことになってました

*6:多分「溶ける」「フクロウ」とかで検索すれば出ると思います

*7:大体いつもドラマとかアニメをリアルタイムで観ていると大体飽きるか展開が読めていつも途中で見るのをやめてしまう体質のせい

*8:今作簡単に言うと「主要キャラが(ほぼ)誰もいなくなった」オチなので

*9:まぁそれもここ最近なくなったんですけどね。詳しくは後述で

*10:しかも皆最終話まで生き残らなかったパターンです。捨て身作戦とヒットマン怖い!

色々と戻せつつありますよ

しかしもう繁忙期、あっという間すぎるっていうか早いよバカ!となりますね思わず。

ということで仕事変えてかれこれ二ヶ月経ちましたが、色々と感覚や体調が戻りつつあります。
仕事でミスして「う、うわー;;」となっていたりもしたのですが、季節の変わり目でも特に劇的に動く今だからこそやられてたのだと分かったらまいっかと済ませられたので安心な限りです。
とりあえず私の場合仕事大体ミスったらマジで天気のせいなんだなぁと*1
でも前よりはスパン的にこうなることが減ってきているので、そういう意味でもいい傾向になりつつあるのかもしれない。

そして今年のコスメを買い終えたアラサーは今度服を見るようになったわけです(貯金とは。
今年の春夏のマスタード率の高さがすごいなーと思ってたのですが、今年ほぼ日手帳のオリジナル買った時イエローがあったの思うとそういうスパンなのかなというフラグもあったんだなぁと*2
割とアパレルの流行より文房具とかのが流行早いこともあるのでその辺で色味の判断とかつけられるんですよね。
そう考えると今年はアースカラー芸人というかイエローベース秋という究極に深みある色且つアースカラーが似合っちゃう身的には有り難いのかもなぁ。
しかしいいなーと思うアイテムが相変わらずシンプルなようで癖しかないのが多いのでどのブランドにしても私の趣味は変わりないのだなぁと実感してしまった瞬間でもあったわけなんですけどね。
シンプルに生きたいと願って早数年だけど無理なのは分かっているんで…。

そうしてるうちに明後日から実は京都旅行だったりします。
わーはやーい!そして5年連続だー!
今回は同行者が兵庫県民の年下ちゃんなのですが、彼女が「よくある"行けなくない距離だけど足を踏み入れないっていうパターンなんすよね」とのことなので、旅のテーマが「ベッタベタなところ巡り」となりました。
なのでまぁベッタベタなところを回りつつカメラ野郎をやってようかなぁと画策しております。
そのために荷物を今回極力減らそうとしているのですが、やっぱり壁は化粧品になってしまっておるわけです。
今回基礎化粧品買い換えたことで確定したのが、やっぱりシリコンアレルギーくさいということ。
なのでホテルにあるアメニティが高確率で合わないという泣けてくる体質なので諸々持っていかないといけないという件になるわけです。
もっと丈夫なというか都合よく生きられる体質でありたかったなぁとなりつつ案外コンパクトにできそうなのでその辺助かります。
でもこれだけは言わせてほしい、デパコスはもっとトラベルサイズ出してもいいんやで*3

さて、もうちょっと荷物入れてから明日に備えねばですね。
明日無事定時で上がれるかがミソ。

*1:JRの広告にあった「全部雪のせいだ。」のノリでいけてしまうレベル

*2:そして5年くらい前にマスタードカラーな服を既に購入している先取りっぷり

*3:確か一時期RMKが出してたような?気がするんですよね…